« 上州らーめん風っ子大将@群馬県伊勢崎市 | トップページ | 塚田そば店@新潟県上越市 »

2010年5月25日 (火)

気むずかし屋@長野県長野市

上越釣行。今はETCで高速1000円だが自分は貧しいゆえ、かつて新潟釣行は下道オンリーだった。この界隈を通るのは午前3時頃だったため重宝していた・・・ふと寄ってみたくなった。

1_4
午前2時40分頃・・・暗い国道18号に煌々と光を放っている。まさに今が旬、信州ラーメンの一大勢力「気むずグループ」塚田兼司氏のお店である。

2_6
入口にこんな貼り紙。食べなきゃ損、損・・・しかしこんな時間に残っているのであろうか?

3_3
こちらの定番は鶏白湯の「らーめん」だが他のメニュー「翔哉」やつけめん「凱哉」も評判よし。塚田氏の「信州ラーメンを全国に認知させたい」の意気込みが伺える。

地元コンビニとも積極的に提携。

5_5
店舗展開も積極的。系列店・・・

10_4
店員に限定メニューの事を聞く。大丈夫の返答・・・塚田氏の社員教育の賜物であろうか?接客はおおいによろしい。居酒屋としてもいい雰囲気である。

7_4

8_4
壁に掲げられる塚田氏と伝説の人「東池袋大勝軒」店主・山岸一雄氏のツーショット写真。山岸氏も信州出身。塚田氏とともに長野県人の誇りであろう。

9_4
7分程でご対麺である。シンプルな姿は好感。白髯ネギに刻みネギの青み・・・

11_4
海老塩そば 550円

わずかに濁るスープに桜色の小エビが浮く。

12_3
まずスープから・・・かなり海老の主張が強い。海沿いの鮮魚センターで焼き海老を売っているがそこに漂う匂い。味もストレートに伝わる。お上品ぶった、勿体つけた味ではない。海を感じさせる味。「塩」ではなく「潮」味である。

13_2
麺は中太ストレート。平打ちで表面滑らか。なれど主張強いスープをしっかり受け止める強靭な麺。強力粉が多いのだろうか?強めのスープと強めの麺は噛む程に融合する。

14_2
自分は「ラーメン」は変なトッピングを取っ払って「かけラーメン」になってこそ本来の姿だと思う。麺もスープも極上、ごまかしは効かないラーメン・・・そんなラーメンはよほど自信がなければメニューに加えられないであろう。しかし堂々と出してくる。さすが「信州ラーメンを統べる男」である。
若干少なめ(麺量130g位?)は居酒屋の性格を持つこの店の「〆のラーメン」に持ってこいだと思う。

16
気むずかし屋

長野県長野市高田南向1224-6(地図)

TEL 026-225-5060

営業時間 11:00~翌4:00(3:50ラストオーダー)

定休日 木曜日

席数 カウンターテーブル、テーブル、小上がり60席

喫煙 不明

駐車場 あり

交通アクセス 国道18号沿い。長野市街に入り「南俣」信号先約400m先左手。

« 上州らーめん風っ子大将@群馬県伊勢崎市 | トップページ | 塚田そば店@新潟県上越市 »

長野のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

長野のラーメン、興味津々です。
学生時代は山が好きで、毎週長野に行っていました。
私も貧しかったので、ラーメンは贅沢で(量が少ない)めったに食べませんでした。

年に一回位は長野県に行きたいところです。

>>KMさん

長野に行って思うこと・・・
それは「山が近いな~」という事です。そして町から町への移動の度の山越え・・・
単調ではない。景色はくるくる移り変わります。
加えて信号が少なくいいペースで走りやすいです。ドライブにおすすめ(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/48456007

この記事へのトラックバック一覧です: 気むずかし屋@長野県長野市:

« 上州らーめん風っ子大将@群馬県伊勢崎市 | トップページ | 塚田そば店@新潟県上越市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ