« 大黒食堂@長野県千曲市 | トップページ | ラーメン二郎 三田本店@東京都港区 »

2010年6月14日 (月)

麺賊 夢我夢中@長野県小諸市

今や全国的な人気の「ラーメン二郎」。
長野では特にその傾向が強い。多くのインスパイアが存在する。ここもそんなお店である。

1006131
古い町並みを今に伝える小諸の町・・・
その雰囲気を壊さぬように配慮されたのか?元は古い酒屋だったのであろう。酒の看板が掲げられていた。うっかり見落としてしまった。

こちら通し営業、14時頃到着。

1006135
店内にはノスタルジックな看板も掲げられている。カウンター頭上に献立の札も・・・

メニュー拝見。こちら学生さんにうれしい「学割」もある模様。

1006133
1006134
若い男女の店員さんで活気いっぱいの厨房。客層も若い人が多い。

こちらの売りと思われる二郎インスパイアであろう「豚基本」を野菜増し(無料)・コッテリでお願いする。信州美人の「ニンニクが入りますが?」の言葉。こちらニンニクはデフォ、いらないなら抜いてもらいましょう。

厨房の男性の湯切りに気合を感じる。6分後にご対麺。

1006136
豚基本(味薄め・野菜増し・こってり) 680円 

なかなか良い盛りの野菜に圧倒される。かなりモヤシが多い。キャベツはひとかけら。

1006137
茹で具合は固め。黙々と食べ続ける。もちろん味付けもなく飽きが来る。食べやすさのバランスを考えればデフォの分量か?
チャーシューはバラロールで直径は大きめだが厚みはない。外側はいい感じにカエシで味付けられる。そして脂身と赤肉の旨みのバランスがいい。糸唐辛子が彩りを添える。

1006138
それほど乳化・白濁していないスープは粘度低め。二郎にありがちのニンニク臭さ、豚臭さは希薄。癖がなく万人向きか?気のせいか和風魚介の甘みも感じる。背脂は二郎と違いトッピングではなくスープに投入される。ニンニクはオロシではなく二郎風のキザミが小さじ一杯ほど乗る。

1006139
山ほどの野菜をほじくってようやく麺に達する。
幅広平打ちの極太麺は最近のインスパイアにありがちな傾向で固めの茹で具合。表面は滑らかで口当たり良し。そしておおいに食い応えあり。麺量は200gとの事であるがそれ以上に食い応えを感じた。

二郎を全店食べ歩いた自分から見るに、味についてはそれほど二郎度は高くない。しかしそれで良いと思う。おおよそマニアックな味の二郎が必ずしも正しいとは思えない。
それよりこちらの看板にもある。「夢我夢中にほおばる」快感を味わって欲しいのだ。

小諸の古い町並みは「新しい時代のラーメン」を静かに見守っている・・・

10061313

1006132_6

10061311

麺賊 夢我夢中

長野県小諸市本町2-3-3(地図)

TEL 0267-22-0042

営業時間 11:30~21:00

定休日 木曜日

席数 カウンター6席 カウンターテーブル8席 テーブル1卓(6席) 小上がり1卓(4席)

喫煙 不可

駐車場 不明

交通アクセス 国道18号を群馬から長野方面へ走行。「四ッ谷東」信号を左方面(小諸市街、懐古園)へ。「本町」信号角右手。

« 大黒食堂@長野県千曲市 | トップページ | ラーメン二郎 三田本店@東京都港区 »

ラーメン二郎インスパイア」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

随分と「量」がありますね。
割合としなやかな、うどんにも似た麺で啜りやすそうにも見えます。
味が薄くなるのがモヤシの欠点ですが、安くタップリ食べられるのもまた魅力がありますね。

いろいろな形の「美味さ」がありますので大いに「アリ」だと思いますよ (^^)

>>梅田さん

どうもです。時々オリジナルを頂いて原点に戻るようにしております。
明日は二郎三田本店で頂いて参ります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/48630772

この記事へのトラックバック一覧です: 麺賊 夢我夢中@長野県小諸市:

« 大黒食堂@長野県千曲市 | トップページ | ラーメン二郎 三田本店@東京都港区 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ