« 中国料理 東竜@群馬県高崎市 | トップページ | 食堂ミサ本店@新潟県上越市 »

2010年6月 6日 (日)

食工房 えにしや@埼玉県秩父市

秩父で人気の一店は、国道140号の裏道沿い。市街地からちょっと離れたところに佇む。

10060615
看板はきっと手作りであろう。楽しそうなメニューが並ぶ。
外には植木や花が飾られる。自然いっぱいの秩父の地に相応しい演出。

10060613_3
「いらっしゃ~い」の笑顔がうれしいママさんと職人気質のマスター。そして「煮干の香り」が出迎えてくれる。

木と土壁風で和風な店内、よしずも見えてなかなかそばうどん屋ライク、くつろげます。
後から子供連れのお客さんが・・・

1006064
ママさんが持ってきてくれた「秩父のおいしい水」を飲みながらメニュー拝見・・・

1006062
1006063
お店の雰囲気に似合わず(失礼!)なかなかのワイドヴァリェーション、楽しめそうである。

アブラーメン大好きの自分、「らーめん(こってり味)」をお願いする。秩父のおいしい水を2杯飲んだ後ご対麺・・・

1006065
らーめん(こってり) 650円

背脂いっぱい。何気に東京千駄ヶ谷ホープ軒のラーメンを髣髴させるいでたちである。

※ 参考画像。ホープ軒のラーメン。

100322
なかなか勇ましいアブラっぷりであるが・・・

1006066
しかし味の組み立ては新潟の「燕・三条系」に似る。キレのあるすっきりした魚介醤油スープとの組み合わせ。メリハリある味である。琥珀色の透明感があるスープ。
大量の煮干ベースに昆布、しいたけ等の和風素材が主であろう。おそらく煮干好きにはたまらないと思う。

1006067
麺も負けてはいない。わずかに太目の角断面、しこしこプッツンの噛み応えは蛋白が多いのか?ちょっとそばライク。

1006068
麺とスープがお互い口の中で張り合う。それを背脂が仲裁する感じのラーメン。わずかな物足りなさを背脂がアシスト。やはり大好きな「たぬきそば」のノリ。

1006069
チャーシューはバラロール。ちょっとパサ気味、カエシで煮られた物であろうしょっぱめ。
もうちょっと肉感がある柔目で味付けが薄いほうが舌休めになると思う。

10060610
メンマはしゃっきり。

10060611
キクラゲポリポリ

11060612
味玉は半熟。黄身にわずかに塩で味付け?おいしかったです。
麺量は170g位?でおおよそ一食に足りる分量。最近流行の「ラヲタ大歓迎」な店と違ってアットホームな雰囲気がいい。老若男女幅広い層に喜ばれる味だと思う。

また子供連れでも気兼ねなく入れる店である。夏休み、秩父へ来られるならお勧めのお店である。

10060614
10060616
食工房 えにしや

埼玉県秩父市山田1856(地図)

営業時間 11:30~20:00

定休日 水曜日

席数 カウンター6席 テーブル4人がけ3卓 小上がりあり。

喫煙 可

駐車場 あり(広いです)

交通アクセス 国道140号を熊谷から秩父方面へ走行。「大野原」信号左折。突き当たり「高篠小前」信号右折、約2km先左手。
飯能方面より国道299号を秩父方面へ進み「坂氷」信号を左折、約3km先右手。

« 中国料理 東竜@群馬県高崎市 | トップページ | 食堂ミサ本店@新潟県上越市 »

埼玉のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

えにしや さん 久しぶりです。
秩父では何気に一番好きなラーメンで、足を運んだ回数も一番多いかな?
アッサリ魚介系スープと背脂がいいんですよ。
麺が極太になれば「三条系」になっちゃいますね。

それにしてもいつの間にかメニューが増えましたね (◎´∀`)ノ

>>梅田さん

自分も同じです。3回目かな?
有名どころは「たつみ喜心」1回、「いとう」2回、「とんぷう」2回です。おそらくほかよりも和める立地、雰囲気があるからだと思います。
多くの煮干醤油はチー油を使う店が多く、しつこく重く感じ、味もぼやけていますが背脂だと意外に味がストレートですね。なぜかしら?

はじめまして
えにしや煮干系でしたか!
情報有り難うございます。
今度行ってみます。最近は群馬の煮干soba柘榴と秩父のたつみ老心にハマってるにぼらーです。

>>太麺好きさん

はじめまして
にぼらーでしたらお店に入った瞬間香る煮干臭に感激できると思います。
自分はらーめん(こってり)でしたがラー友さんの情報によると「ラーメン白」というのもおいしいらしいです(^^)

KMです。
おはようございます。

このラーメンもいいですね。
麺が特に興味を引きます。
たぬき蕎麦は幼少の頃より大好物です。
最高のご馳走でしたが。

>>KMさん

こちらのラーメンは大人の雰囲気があります。
最近の「主張が強すぎて鼻につく」いやらしさがありません。また特にカッコつけてもいません。
しかし、作る方の豊富な人生経験のが絶妙な匙加減を生み出していると思います。

特に行列店でもないので気軽に入れるお店であります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/48560299

この記事へのトラックバック一覧です: 食工房 えにしや@埼玉県秩父市:

» みそらーめん(こってり) @煮干らーめん えにしや [偏食の梅田]
味噌ラーメン研究中。 #160; 今日は久々で暑いや~ えにしや さんです。 私が秩父市で何気に訪問回数が多いお店です。 あの「たつみ 喜心」さんや、「とんぷう」さんよりも 多いんですよ。 まぁ、ファンなんですね。先日まで店主さんがご病気で休業なさってい..... [続きを読む]

« 中国料理 東竜@群馬県高崎市 | トップページ | 食堂ミサ本店@新潟県上越市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ