« 手打ち麺処 暁天@新潟県小千谷市 | トップページ | かじかや@長野県上田市 »

2010年6月27日 (日)

豚さんち@群馬県高崎市

関東で唯一の「二郎なし県」群馬・・・しかしそれは東京からでなく長野からやってきた。
長野県人の二郎に対する執着心はすさまじい物がある。こちら長野の豚のさんぽと言う店の分店である。


昼はラーメン、夜は豚肉料理のお店とのことである。

Dsc00123_2
黒豚さんがお出迎え・・・

Dsc00124_2
こちら入口で履物を脱いで上がる。床には豚の足跡の形がペイントしてある。
座席はカウンターとテーブル。店の名前のせいか?家族連れが多い。

Dsc00125
メニュー・・・

店側はしきりに二郎風を宣伝するが果たしてお客の何人が二郎を知っているのか?世の中ラヲタばかりではない。二郎を知らない人のほうが圧倒的に多いのだ。
下にある「まし、ましまし・・・」という言葉もジロリアン(二郎豚)というマニアしかわからない符丁。店員は説明に一生懸命、「ましは・・・ましましは・・・」と後ろで聞こえる。しかしお客は理解しているのだろうか?
逆にジロリアンの自分としてはどうせなら「無料トッピング、ヤサイ・ニンニク・アブラ・カラメ」と書いてくれたほうが潔いと思う。

とりあえず豚さんちラーメン豚ダブルを「ヤサイ・アブラ」でお願いする。
こちらニンニクはデフォ、アブラ増しは通った。

Dsc00126_2
居酒屋としての機能もある。ずらりと並ぶボトル。

Dsc00127
何か?と思ったらコショウや塩の容器であった。10分後ご対麺・・・

Dsc00129_2
豚さんちラーメン豚ダブル(ニンニク・アブラ) 750円

自分には見慣れたビジュアルである。チャーシュー(二郎でいうところのぶた)は細かくなった「ほぐし豚」と呼ばれるものである。
丼は開口部こそ大きいが細身のタイプで見た目ほどボリュームはない。

Dsc00132
乳化少ない透き通ったスープは荻窪二郎や仙川二郎、目黒二郎に似る。

Dsc00140_2 
「二郎はコッテリギトギト」という人もいるがすっきりタイプのスープを出す店は多い。細かい背脂が浮くのは元二郎フーズ系にも似る。
ニンニクより生姜が効いた感じでキレがある。醤油は尖らず化調の甘みもあるがくどくなく最後まで飽きることがなくスープまで完飲できた。

Dsc00136_3 
麺は「浅草開化楼特製麺使用」・・・
これもラヲタ以外の一般人には意味不明。群馬にだって開化楼に負けない製麺所はいくらでもある。群馬の田舎者よ、東京をありがたがるな!である。

二郎インスパイアでよく使われるこの麺は地粉うどんライクなオリジナルとは違いかなり固めで表面は滑らか。ゆえにスープが乗りにくい開化楼のこの手の麺は自分的にはNG!
ただしこちらはそれより幾分柔らかめでスープとの絡みは良かった。

Dsc00131
アブラはオリジナルが寸胴に浮いている背脂を掛けるのと違い、あらかじめ材料として背脂が用意してあるもの。
麺投入前のスープにも入っているが「アブラ」指定では出来上がった後にも掛けられる様だ。

Dsc00133
ニンニクは自分が二郎をほめる数少ない箇所。
幾分粒が小さいか?かすかに業務用おろしニンニクのようなヒリヒリした匂い。

Dsc00139_2
ほぐし豚というよりサイコロ豚であろう。固めパサ目しょっぱめ・・・しかし本業がら、豚の見立ては間違いないと思う。

Dsc00137
ヤサイは圧倒的にモヤシが多いが多くのインスパイアの「モヤシラーメン」ではないようだ。モヤシとキャベツの比率は7:3位であろう。
大雑把に刻まれたキャベツの芯に近い部分が入る。甘みがいい。気持ちクタ加減な茹で具合がこのラーメンには相応しいと思う。

麺量はおおよそ200g位。ヤサイは「まし」でちょうどいいバランス。
二郎の圧倒的なドカ盛り(麺量は茹で前で300g)に苦しむことなく雰囲気は楽しめる。
惜しむらくは価格。せめて700円位にしてほしいと思う。

多くのインスパイア店が「二郎は過激なもの」と捕らえ麺は太くて固め、スープは濃厚で豚臭く、ニンニクを効かせていく傾向にある。世間も二郎に対するイメージはそんなものであろうが・・・
その一方、二郎は繊細な部分も持っているのである。こちらは二郎の繊細な部分が出ていると思う。。
二郎の繊細さを好む自分は大いにありがたいお店。それが近くにできて喜ばしい限りである。

Dsc00143
Dsc00122_2
豚さんち

群馬県高崎市飯塚町1381-2(地図)

TEL 027-388-1029

営業時間 11:30~14:00 18:00~24:00(ラーメン提供は昼のみ)

定休日 不明

席数 カウンター5席 小上がり6卓

喫煙 不明

駐車場 あり

交通アクセス 国道17号を東京から前橋方面走行。「緑町」信号右折。一つ目の信号を右折。5つ目の新幹線架橋をくぐった信号を左折、ちょっと行った左手。 

« 手打ち麺処 暁天@新潟県小千谷市 | トップページ | かじかや@長野県上田市 »

ラーメン二郎インスパイア」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

こんな感じのラーメンです。
食べやすいので結構好きですよ。
次は限定が食べたいのですが、ここんとこ暑くて心が折れてます
涼しくなったらいただいてみましょう ( ^ω^ )

>>梅田さん

毎日食べられそうな二郎と言う感じで良かったです。
大元が「ダシが主、カエシがアシスト」の長野と言うことも一因でしょうか?
群馬にはふじ麺はあれど二郎インスパイアはなくてわざわざ他県まで行って食べておりました。
今のところは行列もなく気軽に行けそうです。
夜もこのラーメンを出してほしいです(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/48735979

この記事へのトラックバック一覧です: 豚さんち@群馬県高崎市:

» 豚さんち@高崎 [こんちゃん@らーめんヲタク]
高崎の新店、ぶたさんちです。 ... [続きを読む]

« 手打ち麺処 暁天@新潟県小千谷市 | トップページ | かじかや@長野県上田市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ