« らーめんや 天家@新潟県燕市 | トップページ | 伊勢屋@群馬県富岡市 »

2010年7月25日 (日)

らあめん 福楽@新潟県三条市

国道8号線をUターンしようとしたところ、こちらの看板が目に入った。
いでたちは食堂・中華屋風・・・
とりあえず検索してみると・・・うお!三条市のお店の最上段に載っていた!

1_3

しかも背脂チャッチャで有名な「三条系ラーメン」ではないらしい。
普通の中華そば・・・そしてメンマラーメンが人気のようである。
午後1時半ころ到着。駐車場に車は多い。

4_3

入り口にこんな貼り紙があるほどメンマ人気のようである。
店内にはメンマの柔らかい香りが漂う。

12_2

15人ほどの先客。家族連れや年配者が多い。

7_4

調理場を半分囲むようにカウンターがある。かなり広めで余裕あり。4杯1ロットのようである。お店の人は年配の男女と若い男女二人。店主夫婦と二代目夫婦だろうか?
清潔な白衣に着帽。軽快な手さばきが人気店のプライドを感じさせる。

6_3

壁に貼られたメニューはシンプル。人気のメンマラーメンをお願いする。
背脂も希望できるが当日3杯目、しかも前2杯は脂増しのため今回は遠慮した。
正直、予習なしの為、どんなラーメンかは出て来てのお楽しみ。これも食べ歩きの楽しみであろう。
8分後にご対麺である。

13_2_2

メンマらあめん 700円

15_2_2
レイアウトに気を遣っているのがわかるラーメンである。
正直メンマラーメンというから麺やスープが見えなくなるほどのメンマが載ると思ったがそうではないらしい。なんでも載せりゃいいって物ではない。バランスが重要・・・
なかなかコラーゲンが幕を張るスープ。そういえば投入されたスープは清湯ではなくて濃厚そうな琥珀色であった。 16_2_2

 

わずかにまったりな粘度を感じる。煮干などの魚介の甘みを前面に出しながらも動物系のコクも十分に感じる。決してあっさりではないと思う。
醤油色が濃いように見えるが醤油の尖りはない。色が濃いのはダシの色もある。もちろん醤油がいいせいもある。
自分は新潟のラーメンは普通の醤油ラーメンでもよそに比べてガラ感が強いと思っている。

17_3

麺は定番中の定番の黄色い細目の縮れ麺。玉子麺特有のむっちりツルツルのすすり心地。ほのかに感じるかん水臭・・・「ラーメンはこれでなけりゃ!」と思うほど染み付いたラーメンのイメージそのままの麺。最近流行りのラーメンでは忘れられた味わい・・・

18_3

チャーシューは「食わせるチャーシュー」ではなくダシに煮られてうまみを放出した煮豚。
ことさら強い味付けはなくわずかに残った肉の味がする。しょっぱくないのは好感。
チャーシュー麺は+150円とリーズナブル。

19_2_2
そして最後は名物のメンマ。おおよそそろった1,5cm角の材木が十本ほど横たわる。
和えられたごま油がいい風味である。

20_2

太め故、竹本来のうまみがいっぱいである。味つけはほのかでアシストする程度・・・
また太目といっても筋張って噛み切れない部分はない。蕗の煮物のように柔らかで繊維を噛むシャクシャクの食感がたまらない。そしてねっとりした舌触り・・・

たしかに人気になる理由がわかるうまさである。それほどメンマに気を留めない人でも感動するかも?

21_2

仕込み途中のメンマ・・・

店主が「ウチのは乾燥メンマを戻すんですよ」とスルメみたいな乾燥メンマの板を見せてくれた。
一般にメンマは中国、台湾から乾燥か塩漬けで輸入される。店ではこれを戻して使うわけだが塩漬けメンマを戻すのには二日、乾燥メンマは何と一週間も掛かるのである。
無論安直に出来合いの市販メンマを使う店もあるが・・・
しかしこちらはあえて乾燥メンマを選び愚直に手間を掛ける。これでなければ出せない味がここにある。世間では比類なき逸品と評判である。遠くからはるばる来る人も多いと聞く。確かにメンマだけ欲しがる人がいて当たり前・・・

おそらくメンマだけでなくほかの部分にも手間が掛けられていると思う。そして「手を抜かない」店の姿勢の正しさは毎日の多くの来客で証明されている。

22_2

3_3

らあめん 福楽

新潟県三条市須頃3-104(地図)

TEL 0256-33-6383

営業時間 11:30~14:00 土日祝11:30~15:00

定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)

席数 カウンター10席 テーブル4人掛け4卓 2人掛け2卓

喫煙 不可

駐車場 あり(18台)

交通アクセス 国道8号線を長岡より北上。国道289号と交わる「須頃(三)南」信号の次の「須頃3北」信号右折、約50m先右手

« らーめんや 天家@新潟県燕市 | トップページ | 伊勢屋@群馬県富岡市 »

新潟のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

良いお店を探り当てるその嗅覚、うらやましいです^^

>>・さん

偶然です。それより「天家」に行く途中に「はらや」と言う食堂がありました。店前には「三条名物カレーラーメン」と・・・何気に三条はカレーラーメンみたいです。
加えてこのあたりはレビュワーも少ないようで宝の山かも知れません(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/48969872

この記事へのトラックバック一覧です: らあめん 福楽@新潟県三条市:

« らーめんや 天家@新潟県燕市 | トップページ | 伊勢屋@群馬県富岡市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ