« ますや本店@福島県郡山市 | トップページ | ラーメンショップ 金田亭@埼玉県幸手市 »

2010年8月23日 (月)

萬来軒@福島県白河市

戊辰戦争の舞台のひとつになった白河小峰城・・・

P1010048_3 

そのふもとにその店は佇む・・・

Dsc01012_2

偶然目についた。某ラーメンサイトで調べるも未登録。早速入ってみる事にする。

Dsc01016
自分が大好きな食堂系である。中途半端な時間ゆえ客は自分ひとり。
おばちゃんに「いらっしゃ~い」と迎えられる。

Dsc01014

Dsc01015

何気にそばうどんも置いてある。
この界隈は市庁舎が立ち並び、そこに勤務する人が主な客であろう。

ラーメンをお願いする。白河といえば「とら食堂系」が多い。手打ちのお店が多いがこちらは製麺所から仕入れているようだ。10分程でご対麺である。

Dsc01025
ラーメン 550円

Dsc01027

醤油の色は濃い目。ラード層も厚め。寒い地方ゆえ、冷めるのを防ぐための措置かは不明。

Dsc01031

美しい琥珀色に透き通るスープはコクのあるカエシを感じる。生姜がほんのり香る甘みのあるスープは鶏のガラ感たっぷり。ラードが全体をマイルドにする。

「今の時期は豚より鶏のガラを多く使ってるんですよ。もうちょっと涼しくなると豚を多くします」

季節によってガラの比率を変えるとは?やるね、おばちゃん。

Dsc01035

自家製手打ちではないものの中太の縮れが入ったもの。なかなかの腰を持つ多加水と思われるそれはクセもなくもっちりした食べ応えのあるもの。ラードのおかげですすり心地はいい。
おばちゃん曰く「この町に古くからある製麺所なんですよ」と・・・やるね、おばちゃん。

Dsc01038

チャーシューは肩あたり。ダシガラでしょっぱめ、パサパサ。おおよそ食わせるチャーシューではないが・・・ここでは心でラーメンを食べるのだ。

Dsc01036

メンマはほのかな甘めのやさしい味付け。花を添える。

Dsc01033

味玉は一個分入る勘定。半熟ちょい過ぎの黄身が美しい彩である。
いんげんの青みと共に美しくラーメンを飾る・・・

Dsc01023

Dsc01024

卓上の自家製「ゴマラー油」と「ニンニクラー油」。
「あんまり臭くないから役所の女の人にも人気なんですよ」と・・・

Dsc01040

少しだけ投入。スープにピシッと筋が通る。輪郭がはっきりする。
また違った味わいになる。やるね、おばちゃん。

おばちゃんは会津のそばうどん屋で修行、白河駅前で立ち食いのお店もやっていたらしい。きっと不特定多数の客を相手に何万杯ものそばうどんを作っていたのだろう。

特に強い主張がない分、安心して食べられるラーメンである。これが「百戦練磨」の味なのであろうか?好き嫌いのない味である。

正直、思いつきで飛び込んで見たお店。期待はしていなかったが大いに当りであった。
こんな事があるから食べ歩きはやめられないのだ。

ラー本片手に食べ歩くのもいいが、時には自分の勘で店に入ることをお勧めする・・・

Dsc01013

萬来軒

福島県白河市郭内129(地図)

TEL 0248-24-0466

営業時間 11:00~20:00

定休日 不定休

席数 カウンター6席 テーブル2卓

喫煙 可

駐車場 不明(近くに公園あり)

交通アクセス 白河市街から小峰城方面へ。社会保険事務所手前左手。小峰城を背にして150m先右手。

« ますや本店@福島県郡山市 | トップページ | ラーメンショップ 金田亭@埼玉県幸手市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

ほっとしそうな、ラーメンですね。

 奇しくも、同じ店名のお店に行かれていらっしゃいましたか。
 

>>こんちゃん

名前は同じでもかなり離れている様子です。
しかしどちらも古くからありそうなお店のようで多くの人に愛されているお店の様です(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/49230282

この記事へのトラックバック一覧です: 萬来軒@福島県白河市:

« ますや本店@福島県郡山市 | トップページ | ラーメンショップ 金田亭@埼玉県幸手市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ