« ニューハルピン@新潟県上越市 | トップページ | 麺匠 文蔵@長野県佐久市 »

2010年8月 3日 (火)

麺や のかぜ@埼玉県深谷市

国道17号の旧道沿い、しかもラーメンチェーン店の裏にその店はひっそり佇む。

Dsc00564

以前は鶏白湯スープのお店だったらしいが・・・現在は煮干スープとの事である。

Dsc00566

11時45分入店、先客2人。開店待ちのファンであろうか?

Dsc00568

店内には柔らかな魚介の香りが漂う。日本人なら心安らぐ香りであろう・・・
メニューはシンプルに煮干ベースの「醤油」と「塩」の二本立て。
日本人の偉大なる発明、およびデフォと思われる醤油をお願いする。
「脂多め出来ます」とあったので店員に確認したところ背脂ではないとの事。鶏油か?

液体油は嫌いなので普通でお願いする。

Dsc00569

Dsc00570

店内はきれいで寿司屋、あるいは割烹と言った佇まい。居酒屋の性格もあるようで夜のメニューもある。

あじ玉は150円ではなく70円なので遠慮しないでほしいわけだが(木亥火暴)

Dsc00572

店員さんは腰の低い方。決してかっこいいイケ面ではないがやさしそうで誠実そうな人である。お勘定の時は厨房の奥からも「ありがとうございました」と頭を下げるのも見えた。

8分後にご対麺である。

Dsc00573

煮干醤油ラーメン 600円

シンプルな姿は味で勝負と言ったところであろう。こういう「カケラーメン」は相当な自身がないと出せないシロモノ。自分は好みである。

Dsc00575_4

Dsc00576

ノーマルでは油はこの程度である。しかし好感。最近のこの手はなぜか油を浮かせたがる傾向にあると思う。その結果煮干風味はガツンと来る魚臭いもの。そしてそれに負けじと醤油臭くする・・・しかしこちらはその反対であろう。色から察するにあまり醤油は尖らないと推測される。

Dsc00577_3

予想通りのやさしい色のスープはまずふくよかな煮干味が感じられる。それもガツンではなく幻想的に・・・約2テンポ遅れて調味料の醤油の味が言い訳程度に感じられる。
適度な苦味が煮干し好きには堪えられないであろう。

普通のラーメンはまず醤油の味、後から煮干が来る物だがこちらは完全に逆、あくまで前面に煮干、カエシは添え物に近い。比率で言えばダシ8:カエシ2位だろうか?
関西風、京風のダシ主体の味つけである。

Dsc00580

麺はこの手の和風スープに似合う低加水のストレート細麺。博多麺をちょっと太くしような感じで唇で噛み切る時のぶりぶりした食感がいい。粉っぽさが鼻腔に広がる。
季節柄、これで冷たいラーメンを作ってほしいというのは自分だけではあるまい。

Dsc00582

見よ!この脂の多さ。単に材料のばらつきかも知れないが・・・
この手の和風魚介ラーメンはコッテリ感いまいちに感じるがこれを補うための措置だろうか?あえて脂を掃除しないとしたら作り手はかなりのセンスの持ち主である。
肉感あり。炙りが入るのか?香ばしい感じである。もっともトッピングの1枚100円は・・・

Dsc00583

メンマはこの丼ではワンポイント、インパクトがある味であった。

Dsc00574

この丼にふさわしくない?揚げネギ・・・しかし・・・
意外にネギのうまい部分を残しており、加えて香ばしさも加えてラーメンに張りを与えていた。逆に薬味のネギが奥ゆかしいこのスープを壊していた感じがあった。

Dsc00586

おおよそ一口目は物足りない味・・・しかしそれが却って「もっと・・・」の欲求をそそるチューニング・・・気がつけばスープまで完飲であった。これはラーメン全体の完成度が高い証拠である。うまいラーメンならスープまで完飲出来る。

正直、味付けを濃くしたがる傾向の今時のラーメンの中にあって逆に味付けを薄くし、ダシを前面に出すと言う手法は新鮮でいい。人間にたとえれば美人はあれこれ厚化粧せず素の美しさを前面に出した方がいいという事であろう。

「ラーメンデータベース」と言うサイトでは評価はいまいちであるがこれは批評している人の好みのラーメンを見ればわかる。野菜ドカ盛りの豚の餌やつけめんで有名なチェーン店の魚粉投入の甘くどいつけめんを食べて味覚を破壊された障害者からは低評価。確かに彼らの舌には味は感じられないだろう。逆に「水の味を楽しめる」繊細な味覚の持ち主は高評価している。

事実、この店のラーメンを食べた埼玉の某ラーメン店の女主人は「まずい」と一喝しているが・・・その店は「特濃」とか「焦がし醤油」とかの濃い味志向の店であった。

味のわかる人のみ味わってほしいラーメンである。

Dsc00567

Dsc00565

麺や のかぜ

埼玉県深谷市西大沼344-17(地図)

営業時間 11:30~14:00 17:00~22:00

定休日 水曜日

席数 カウンター7席 小上がり2卓

喫煙 不明

駐車場 あり(店前3台)

交通アクセス 国道17号線を本庄より熊谷方面走行。「ボートピア岡部」を過ぎて右方面「深谷市街」方面へ。左手の「ラーメンあじ平」裏。「ファミリーブック大沼店」隣。

« ニューハルピン@新潟県上越市 | トップページ | 麺匠 文蔵@長野県佐久市 »

埼玉のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

毎度です。
メールありがとうございます♪

いろいろご事情があったようで・・

なにやらこちらでも楽しげな催しをされてるじゃありませんか!!

またチョクチョクおじゃまいたします~!

追伸)
二郎食べた夜はのどが渇きます(笑)

>>☆ジモスさん

わざわざこちらに来てくださりありがとうございます。
自分はラーメンの味は店の雰囲気も含めた総合的なものだと思っております。しかしRDBではラーメンのみの評価です。自分はラーメンはいまいちだが店の雰囲気、サービスがすばらしくて非常にもったいないお店と多く出合っております。しかし何点付けたらいいものやら・・・大いに迷いました。
こちらに載せているのは「うまいラーメン」より「いいお店」です。ゆえにラヲタの参考にはならないでしょう。

二郎を食べた後のスポーツドリンクは最高ですね(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/49047260

この記事へのトラックバック一覧です: 麺や のかぜ@埼玉県深谷市:

« ニューハルピン@新潟県上越市 | トップページ | 麺匠 文蔵@長野県佐久市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ