« ほおずき@福島県喜多方市 | トップページ | 伊勢屋@埼玉県羽生市 »

2010年8月30日 (月)

麺家 くさび 郡山富田店@福島県郡山市

最近はまっている郡山ラーメンである。
福島のラー本で見た。アブラーマンにはなかなかのビジュアル・・・喜多方から一路、郡山へ・・・

着いてみてびっくり。この間来たますや本店の近くのチェーン店ぢゃねーか!

Dsc01186

こちら福島県内に3店舗を構える。
いやいや・・・チェーン店侮るなかれ。広くくつろげる店内。家族連れでもさあどうぞ。中休みなしのいつ行っても食べられる気安さはありがたい。到着は15時頃・・・

Dsc01192

さすがにこの時間では先客は二組だが・・・ウッド調というか民芸造りの店内は余裕あるいい感じである。

メニュー・・・スープはオーソドックスである。

Dsc01188

Dsc01189

Dsc01193

店員さんはイケメンの奥州男児二人ととみちのく美人お一人・・・
奥州男児のお勧めを聞いてこちらのベースであろう「豚骨醤油麺」をお願い。
さらに脂多めはできますか?と聞いたところ「できます」とのことでお願いする。自分はどこへ行ってもこれである・・・

Dsc01195

カウンターからは調理の手際がよく見える。オペを拝見・・・
普通はザルに背脂を乗せ鍋の底でゴリゴリゴリだが・・・
こちらは逆にザルに背脂を乗せて下の鍋と打ち合わせて、鍋に落ちた背脂を丼に注ぐ。
これだと丼が脂まみれにならなくていい。

7分程でご対麺である。

Dsc01197

豚骨醤油麺 690円

なかなかいいアブラっぷりではないか!

Dsc01198
ラード層も厚い二重構造のスープである。

Dsc01201
マイルドな炊き出し豚骨。一見、重そうであるが意外に飲みやすいスープ。この手の豚骨醤油はともすれば濃厚さばかり競い、コラーゲン過多で味がぼやけているラーメンも多い。そうなるとパンチを出すためカエシも強くするくどい味になりがちだが・・・
こちら適度に軽めで万人向け。それに伴ってカエシも控えめ、ストレートに感じる。心なしかほのかに甘め・・・

Dsc01207
組み合わされる麺は中太の角断面で縮れが入る。太めゆえ麦の甘みや風味を感じる。
ばさばさとした啜り心地がいい。この組み合わせは東京豚骨であろうか?

Dsc01211
チャーシューはバラロール。柔らかさは箸で持ち上げられない位ホロトロ・・・
煮豚であまり味は着けられていないほんのり肉の味を感じるタイプ。

Dsc01213
味玉。半熟の黄身とコッテリスープのマッチングがいい。

Dsc01206
おそらくこちらのラーメンの白眉であろう穂先メンマ。
柔らかなシャックリとした噛み応え。そしてマイルドなこのラーメンのなかで鮮烈な芯を与えている・・・
桃屋の「穂先メンマやわらぎ」のような味つけである。

全体的にいい意味で「チェーン店ライク」と言ってしまおう。誰が行っても、誰と行ってもフツーにうまいラーメンであろう。かつ最大公約数+αの味。商売として大切な事であろう。
Dsc01196
そしてラーメン以外にも心配りは怠りない。社員教育の賜物で接客は上々、親子セットや紙エプロン用意など客に気を遣った配慮。食べる人にうれしいお店である。

遠くからわざわざ食べに行く程ではないがこちらに来て「コッテリラーメンが食べたいな~」と思った方には迷わずお勧めしたいお店である。

Dsc01216
Dsc01217
さらにこんなメニューも・・・
あまり知られていない広島風やおしゃれな冷しなど意欲作もある。

Dsc01218

麺家 くさび 郡山富田店

福島県郡山市新屋敷2-129(地図)

TEL 024-925-0606

営業時間 11:00~翌3:00(日曜日は~2:00)

定休日 なし

席数 カウンター15席 テーブル60席

喫煙 

駐車場 あり(10台)

交通アクセス 国道49号線を猪苗代町より郡山方面へ走行。「愛宕前」信号左折、国道4号をくぐって一つ目の信号角右手。

« ほおずき@福島県喜多方市 | トップページ | 伊勢屋@埼玉県羽生市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/49299176

この記事へのトラックバック一覧です: 麺家 くさび 郡山富田店@福島県郡山市:

« ほおずき@福島県喜多方市 | トップページ | 伊勢屋@埼玉県羽生市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ