« 麺家 くさび 郡山富田店@福島県郡山市 | トップページ | らーめん 武丸@栃木県宇都宮市 »

2010年8月31日 (火)

伊勢屋@埼玉県羽生市

古い商店街の片隅にひっそりと佇むこちら・・・

Dsc01219

店先の出前カブがお出迎え・・・

Dsc01221

こちら手打ちのお店。店先に麺打ち場が見える。11時半頃入店、数組の先客が・・・

Dsc01227

飾らない感じの気兼ねない店内。昔ながらのガタガタ音のする椅子とテーブル・・・

Dsc01222_2
Dsc01225
メニュー拝見。
なかなか安めな設定。それに丼ものやご飯ものもある。典型的な街の食堂である。

お店の人は男性一人と女性三人、店主ご夫婦とその娘さんだろうか?
チャーシューメンをお願いする・・・

Dsc01229
手打ちゆえ、生産数に限度があると思う。
某ラーメンサイトで手打ちラーメン店の早仕舞いをなじり、「よそから麺を仕入れてでも営業時間を守れ」と言った御仁もいたが・・・それでは詐欺であろうと思う。
どうしても食べたいと思えば営業開始時間に行けばいい。自分はそうしている。

10分ほどでご対麺・・・

Dsc01231
ラーメン 450円

大きめな丼、その中に麺が泳ぐ感じである。

Dsc01233
控えめに油玉が輝くやさしく淡い感じのスープ。佐野ラーメンや東毛ラーメンとそれほど離れていない地域。似た感じである。

Dsc01236
色どおりにほんのりなガラ感とアシスト程度なカエシ・・・
わずかにショウガが香ります。心休まるスープ・・・

Dsc01238
なんとも心和む感じのふんわりした食感の麺はあまりモチモチ感なくうどんライク。その艶やかな表面から想像できるような官能的なすすり心地。
佐野や東毛より若干細めに感じる。スープとのバランスはいいと思う。

Dsc01239
チャーシューは昔ながらの「ダシを取るため」のものであろう。味のよく出る肩あたりであろう。しっとりとした食感、わずかに残る肉の旨みとスープの味の融合は「懐かしい味」いっぱいである。

Dsc01241
これも昔ながらのメンマ。塩漬け戻しと思われるが塩具合はわずかに残る程度の絶妙な戻し具合。わざとらしい味付けはなく全体のバランスを崩さない。

隣のアベックはタンメンであった。いい感じ、さぞ期待できる味であろう・・・
大盛りでも頼んだのであろうか?丼はラーメン二郎と同じであった。

おおよそ多くの日本人の持つラーメンのイメージどおりそのままだと思う。
自分は最近のラーメンは異常だと思う。ブドウジュースや鯛骨やキーマカレーなどの奇をてらった食材を使いその価格は1000円札を出して10円玉がいくつか帰ってくる価格になってしまった。おおよそラーメンの本質「庶民の食べ物」を逸脱した物になってきた。
また、変なラーメンを持ち上げ、「昔ながらのラーメンはおそろしくまずい」と決め付ける「ラヲタ」の罪も大きい。しかし実際に長年愛されているのはこんなラーメンである。

ここはラヲタのアウトオブ眼中であろう。大いに「昔ながらのラーメン」を楽しんでほしい。

Dsc01220

Dsc01242
伊勢屋

埼玉県羽生市中央2-5-31(地図)

TEL 048-561-0783

営業時間 11:30~14:30 17:00~21:00

定休日 月曜日

席数 テーブル5卓 小上がり4卓

喫煙 可

駐車場 あり(店裏4台、その先の第二駐車場10台)

交通アクセス 国道122号を館林から羽生方面へ走行、「桑崎」信号左折約1500m、二つめの踏み切りを超えて二つめの信号を直進。約100m先左手。

« 麺家 くさび 郡山富田店@福島県郡山市 | トップページ | らーめん 武丸@栃木県宇都宮市 »

埼玉のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

味噌ラーメンが
オススメですよ
( ^▽^)σ"

>>伊勢屋は…さん

寒くなると味噌ラーメン、タンメンが恋しくなってきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/49307080

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢屋@埼玉県羽生市:

« 麺家 くさび 郡山富田店@福島県郡山市 | トップページ | らーめん 武丸@栃木県宇都宮市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ