« いその@群馬県渋川市 | トップページ | ラーメン二郎 茨城守谷店@茨城県守谷市 »

2010年9月25日 (土)

ラーメンショップ 小諸店@長野県小諸市

あれほど暑かった日々がウソのようだ・・・
秋の信州は美しい。澄んだ空気に山々が映える・・・

浅間サンライン沿いにその店は佇む。

Dsc02014
街道沿いに赤いテントが目立つ。
こちら通し営業。時間を気にしなくてもいいのがうれしい。午後5時頃入店。

Dsc01998
ちなみに平日は深夜12時まで営業。早寝の長野県にあってこの措置は心強い。

Dsc01999
食券制。メニュー、サイドメニューはふんだんにあり飽きない。
一部のマニアに人気のセロリラーメンを食べてみよう・・・

先客さん2名、後客1名・・・おなかが空いてくる時間。

Dsc02003_2

Dsc02002
手入れの行き届いた店内。厨房には○あの麺箱が見える。
店員は男女2人。男性店員に食券を渡しがてら「脂多め」と付け加える。

寸胴には白濁したダシが煮えている。上のほうから脂をすくって丼の上からザルでちゃっちゃっちゃ・・・

ダシを入れ麺を投入、最後に女性がセロリを投入。着丼は6分後であった。

Dsc02004
セロリのにおいは大いに好き嫌いがあるであろうが・・・

Dsc02005
脂多めでもそれほどではない背脂の浮き具合・・・安心して頼んでほしい。
細かな赤唐辛子が浮くのはよそに見られない光景だ。

Dsc02006
それほど豚臭くなくライトな仕上がりのスープは長野ラーメンに多くありがちな塩分控えめなもの。カエシは甘めの「ラーショの味」である。

Dsc02007
説明無用の○あの麺。中細の角断面のそれは各店によって千差万別・・・
しかし茹で具合は好みに応じてくれる。

かつてはクタクタに感じた麺も最近はデフォでツルシコ、文句なし。材料が変わったか?

Dsc02010
デフォのラーメンは食べた事がないのでわからないがネギラーメンだとこんな感じの刻みチャーシューが多い。セロリラーメンもこれ。

正直、もっとボリュームが欲しかった。

Dsc02009
反対に見た目以上にボリュームあったセロリ。
噛むとシャクシャクの食感と香りにに新鮮さを感じる。それにビタミンも豊富である。
ラーショにはセロリラーメンを置いている店も多い。

しかしいったい誰がラーメンにセロリなんて考えたのだろうか?
きっと外食で野菜が不足しがちなトラック運ちゃんのことを思ってのことであろう。
食べる人の健康を気遣ってくれるありがたい措置に感謝である。
世間では無意味にブドウジュースを入れる「やりやがったなコノヤロー」なラーメン店もあるがはるかにありがたい。

単に「うまい・まずい」にとどまらず、体調まで考えてくれるラーショ・・・
トラック運ちゃんのかけがえのないパートナーだと思う。

Dsc02015
もちろん大型大歓迎。安心して入れる。
しかし一杯やって運転したら飯の食い上げ。安全運転で・・・

Dsc02011

Dsc02012
ラーメンショップ 小諸店

長野県小諸市滋野甲2468-1(地図)

TEL 0267-25-0305

営業時間 平日9:00~24:00 土・日11:00~20:00

定休日 年中無休 

席数 カウンター18席 小上がり3卓

喫煙 可

駐車場 あり(大型大歓迎)

交通アクセス 県道79号「浅間サンライン」を上田より小諸方面へ走行。小諸市に入り約100m先左手。

« いその@群馬県渋川市 | トップページ | ラーメン二郎 茨城守谷店@茨城県守谷市 »

ラーメンショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/49559711

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメンショップ 小諸店@長野県小諸市:

« いその@群馬県渋川市 | トップページ | ラーメン二郎 茨城守谷店@茨城県守谷市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ