« 喜楽@山梨県大月市 | トップページ | ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店@東京都西東京市 »

2010年9月15日 (水)

アルプス食堂@山梨県韮崎市

秋の足音を聞きながら、おっさん4人を乗せた古いベンツ600リムジンは甲州街道から清里方面へ・・・国道141号線のほとりにそのお店は佇む。
こちらも町田のラー友さん一押しのお店である。

Dsc01510
時間的には午後2時頃・・・しかし日曜ゆえか?時間が外れても10台ほどの車が・・・なかなか人気が高いようである。

Dsc01519

Dsc01515
近所の人が連れ立って、あるいはファミリーで小上がりは一杯であった。
ラヲタでなくこんなお客が多い店はおいしいに決まっている。大いに期待。

Dsc01520

Dsc01518
メニュー拝見。典型的な食堂メニュー。食堂は何でも作れる器用な人だと思う。

甲州美人さんにデフォと思われるアルプスラーメンをお願いする。
この時間からも来客は多い。約10分程で着丼である。

Dsc01521

アルプスラーメン 550円

すっきり白い丼に透明感ある琥珀色のスープ・・・ねぎの青い部分と白い部分のコントラストがいい。

Dsc01524
結構ラードが多い「コッテリ」なスープである。

Dsc01525
すするとガラの柔らかな甘みを感じる。カエシは尖らずスープをアシスト。ほのかに煮干、野菜、昆布の旨み・・・豊かな味である。

Dsc01527
ラーメン好き(ラヲタではない)にはたまらないビジュアルの典型的な細縮れの中華麺。
低加水で、噛むと口中に小麦の香りとかん水の香りが広がる。
すすりこむ時の「ぞぞぞぞ・・・」という音が「ラーメンを食べている」事を実感させる。

Dsc01529

Dsc01530
チャーシューは2枚載る。
一枚は脂一杯は自分がアブラーマンと言う事を見抜かれていたのか?

茹で豚は結構弾力と適度な豚の旨みを感じる。決して味つけは塩辛くないので次はチャーシューメンと思う。値段もそれほど高くないし・・・

Dsc01531_2
おそらく塩漬け戻しのメンマは太さがそろったもの。あっさりとした味つけはこのラーメンのバランスを崩さない。

薬味のねぎは一本筋を通すように鮮烈に効く。マイルドなラーメンを引き締める。日本人のDNAに刷り込まれたラーメン。やはりラーメンはこの姿に尽きると思う。
某ラーメン評論家はこんなラーメンを「昔ながらの中華そばは今食うと恐ろしくまずい」と貶し、「スープオフ」や「焦がし醤油ラーメン」「〆ライス」を流行らそうとしているが、本当のラーメン好きはそんなゲテモノは受付けないのだ。
ラーメンは店と客がいればいい。評論家なんて要らない。あなたがラーメン好きならきっと気に入ると思う。

Dsc01533
擦り切れたノレンが来客の多さを物語る。勲章であろう。

※首を吊らないように注意してください。

Dsc01512

Dsc01535

Dsc01534
アルプス食堂

山梨県韮崎市中田町中條1027-1(地図)

TEL 0551-25-5955

営業時間 月~金11:30~14:30 17:00~ 土日祝11:30~14:30 16:00~

定休日 木曜日

席数 カウンター4席 テーブル4人掛け2卓 小上がり4人掛け3卓  

喫煙 可

駐車場 あり(15台)

交通アクセス 国道141号を韮崎市街から北杜方面走行。JAグリーンりほく手前のY字路を左に入りすぐ左手。Y字路にコイン精米所あり。

« 喜楽@山梨県大月市 | トップページ | ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店@東京都西東京市 »

山梨のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

KMです。
こちらも行かれたのですか。
アルプスという名前が好きです。
若い頃からお世話になった店です。

こういうラーメンがいいですね。
近くにみどりや食堂という店もあります。
大きい店ですが、そちらも食堂ですね。
今度行ってください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/49458457

この記事へのトラックバック一覧です: アルプス食堂@山梨県韮崎市:

« 喜楽@山梨県大月市 | トップページ | ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店@東京都西東京市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ