« 中華 渓竜@東京都青梅市 | トップページ | 博多屋台@群馬県館林市 »

2010年10月26日 (火)

麺処 はつがい@栃木県佐野市

本日は釣り友さんと管理釣り場へ・・・なぜかいつものラー友メンバー。
ラヲタは釣りも好むようである。栃木県佐野市、加賀フィッシングエリア・・・

Dsc02587
11時近くになると自然と「今日はどこにしますか?」の会話になる。

ご当地ラーメンの雄「佐野ラーメン」のお膝元。当然佐野ラーメンの人気店・・・
と、思われようが・・・このメンバーはそんな素人ではないのだ。セレクトされたのがこちら。

Dsc02585
あっさりスープに柔目手打ち麺の「佐野ラーメン」と正反対?の濃厚スープである。

メンバー6人中3人がブロガー、二人が某ラーメンサイトで人気のレビュワーである。
こんなメンバーに乗り込まれてお店も災難であろう。
先客数名。店内も明るく気兼ねなく入れる雰囲気である。

Dsc02566

小上がりでメニュー拝見。

Dsc02567
先頭に「つけ麺」が来るつけめん重視の店。つけめん苦手の自分だが・・・
「辛いらーめん」を見つける。当日は寒かった。午後の釣りで寒い思いをしないように「激辛」でお願いする。メニューにはないがつけ麺の「辛つけ麺」と「激辛つけ麺」の差額を払えばやってくれる模様。

メンバーはばらばらのメニュー・トッピングの注文で店の人はいい迷惑か?

こちら接客の丁寧さは特筆ものである。こんなアイテムも・・・

Dsc02569
10分後、次々に配膳される。着丼はこちら・・・

Dsc02570
流行の豚骨魚介の濃厚スープ。つけ麺メインの店の定番であろう。

Dsc02571
ラー油が浮いたスープに「豚骨魚介にこの組み合わせは???」と思ったが・・・

Dsc02572
いや、意外や意外・・・辛味が節粉の甘みとまったりマイルドな豚骨スープとうまくマッチ!
思わず「この手があったか!」と目からウロコであった。

Dsc02579
麺は中太のもっちりシコシコのうどんライク。この写真ではわかりづらいがメンバーの麺を見る限り細かい黒点が見えた。全粒粉であろうか?
力強いスープをしっかり受け止め、跳ね返し融合する麺であった。

トッピングも多岐にわたる。穂先メンマ、そしてボリュームに貢献するモヤシ・・・
パリッとした生の風味が残る茹で具合に粘度あるスープが絡む・・・

Dsc02581
バラチャーシューも味付け控えめ。この濃厚なスープで味付けして食えといわんばかりの控えめ・・・しかしスープと脂のマッチングは絶妙。

Dsc02574
押し引きを心得た味の組み立てだと思う。

「激辛」のシンボルがこちらか?デフォの「辛いラーメン」は未見だが・・・

Dsc02575
最近、辛玉は「ばくだん」とか「象さんスペシャル」とかラーメンの人気アイテムだが・・・
おそらく朝鮮産の唐辛子使用と推測。日本産とは違いビリビリ辛いだけの物とは違いしっかりした旨みを持つ。辛くは感じないものの、体はしっか反応、額に汗が滲む・・・

佐野ラーメンの真っ只中にあって異色のラーメンである。自分は県外人ゆえ、偉大なる佐野ラーメンに憧憬の念を覚えるが、逆に地元の人にとっては新鮮であろう。

身も心も大いに温まる。食べ終わっていざ、釣り場へ・・・

ちなみに釣果は・・・聞かないでほしいわけだが(木亥火暴)

Dsc02561
Dsc02562

麺処 はつがい

栃木県佐野市富岡町1528(地図)

TEL 0283-22-3070

営業時間 11:30~14:30 17:30~22:00(スープ切れ終了) 日・祝11:30~20:00

定休日 水曜日 第三木曜日

席数 カウンター5席 小上がり3卓 テーブル2卓

喫煙 ランチタイム(11:30~14:00)及び日・祝は禁煙。

駐車場 あり(店前9台)

交通アクセス 国道50号線を太田より栃木方面走行。立体交差を降り「高萩」信号左折。「浅沼町」信号右折、一つ目の信号左折。一つ目の路地を右折して直進左手。 

« 中華 渓竜@東京都青梅市 | トップページ | 博多屋台@群馬県館林市 »

栃木のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/49853472

この記事へのトラックバック一覧です: 麺処 はつがい@栃木県佐野市:

« 中華 渓竜@東京都青梅市 | トップページ | 博多屋台@群馬県館林市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ