« 中華蕎麦 瑞山@埼玉県朝霞市 | トップページ | 麺処 ぼたん@栃木県栃木市 »

2010年11月 3日 (水)

中華そば 阿波家@栃木県野木町

当日は「文化の日」。
大いにラーメン文化にいそしんでみよう・・・

こちら、地鶏ラーメン研究会総本山と聞くお店である。

Dsc02729
店前には地鶏研のトレードマーク、群馬県館林の銘木店謹製の看板が置かれる。

Dscf0004
入店は開店時間のちょっと過ぎ。カウンターに先客1名様。
中央のカウンターテーブルに着席する。

店内にも銘木をふんだんに使っている。

Dsc02740

Dsc02737
エプロン姿の女性店員さん萌え・・・店員はほかに男性一人・・・総帥であろうか?

メニューはこんな感じ。

Dsc02732
右から順番に、全部食べてみたくなるほどの魅力あふれるメニューである。

ほかにもサイドメニューやセットメニュー豊富で楽しめる。
そしてこんなメニューも・・・

Dsc02736
ラー友絶賛の裏メニュー。自分は初訪店だが・・・
しかし地鶏研の米屋伊達屋土佐ジローはりまやめんじゃらけでラーメンを食べた自分、許してもらえるだろう。
裏メニューの「鶏骨塩ラーメン」をお願いする。

Dsc02741_2_2
こだわりを示す貼り紙があちこちに・・・
素材にこだわる姿勢はすばらしい。「研究会」の看板は伊達ではないと思う。

アルカリイオン水はセルフ。そして「ご自由にお召し上がりください」の大根キムチ・・・

Dsc02742
まったりとした甘みととろみがあり美味。辛味はほんのり・・・
Dsc02743
待つこと10分、着丼である。
Dsc02745
丼の意匠は「はりまや」と同じ感じ。
うっすら濁り気味のスープに定番の細めのストレート麺が組み合わされる。違いと言えば大きなチャーシューの代りに鶏コマが乗るくらい。

Dsc02746_3
し・か・し・・・

Dsc02750
ビンビンと香るのは魚介風味。今流行りの鶏塩魚介である。魚介の甘みが強い。
お上品ぶった味ではなく半端ではない主張、問答無用の味である。

Dsc02751
特にリクエストしなかったが茹で具合はプリッとした腰のある食感。
地鶏研のラーメンはスープと麺のメリハリがいいのが特徴。

表面に浮かんだ熱い鶏油でスープは熱々に保たれる。これからの時期、熱さも大事な「味」であろう。

Dsc02753
味玉が半分・・・これもこだわりの卵であろうか?特に味付けはない半熟の黄身。
スープと一緒に食べると美味である。

Dsc02755
スープとバランスを取った、若干甘めの味付けのメンマ。柔らかないい部分を使っていると思う。表面に鶏油がまとわりマイルドな味わい・・・

Dsc02754_2
鶏がダシガラであった。

大いに鶏と魚介と小麦のハーモニーを堪能する。
天然素材がふんだんに使われていると言うことは退店後もしばらくそのうまみと風味が口の中に残っていた事でもうかがい知れる。本物感のあるラーメンであった。12時近くになると続々とお客が入ってくる・・・

こんなのも・・・

Dsc02744
ラーメンスープはラー友の絶賛品。
そして自分は「チャーシューの切り落とし」・・・

Dscf0009
てっきり作り置きしてある物と思って会計時にお願いしたら「少々お待ちください」と・・・
奥で慌てて作っている姿が見えた。

先にお願いしておいた方がいいようである。掻き入れ時に申し訳なかったと思った。
ちょっとしょっぱめ、二郎で言う「ほぐし豚」のそれはタレのゴマ風味と相まって格別な味わいであった。
「さぞや熱いご飯にかけたらうまいだろう。明日の朝飯に・・・」と思ったが・・・

今晩の酒のつまみに全部消えてしまった事は言うまでもない・・・Orz

Dsc02735
Dscf0003
中華そば 阿波家

栃木県下都賀郡野木町友沼5905-16(地図)

TEL 0280-57-9318

営業時間 月・火、木・金11:30~14:00 土・日・祝11:30~15:00

定休日 水曜日(祝日は営業、翌日休み)

席数 カウンター3席 テーブルカウンター8席 小上がり4卓

喫煙 可

駐車場 あり

交通アクセス 国道4号線を小山より古河方面へ走行。「松原」信号のひとつ先の信号を左折。一つ目の信号(左手にENEOS)過ぎて約150m先左手。 

« 中華蕎麦 瑞山@埼玉県朝霞市 | トップページ | 麺処 ぼたん@栃木県栃木市 »

栃木のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。最初に聞いていいですか?

カメラ変えました?(爆)

綺麗に撮れていますね。私の「現場用」カメラはブレまくりボケまくりで、いまひとつもふたつも・・・Orz

今度は表メニュー、あれば大ロースを食べてみたいと思っています。

>>のりぞむさん

こんばんは
カメラはしょっちゅう変えております。
RDB時代は携帯(N902i、今も愛用)でしたがブログの初期はコンパクトさ優先でペンタックスOptioS(320万画素)でしたがいかんせんピントが合うのに時間がかかる。その後、キャノンL2(500万画素)やルミックスFX30(600万画素)、今はソニーサイバーショットT10(720万画素)です。
しかし自分は低画素の、多少暗くても手ブレしない程の感度のよさが大好きです。

おもしろいのはRDBの画像はデジカメより携帯の方が鮮明になること。不思議です(^^)

阿波家さん。
 
 ここのところ続けて三回伺いましたが、二度目三度目の魚介が効いているスープは、
 一番先の一杯とは、二度とも違うものでした。
 もしや、店主さん改良・・されたのかも知れません。
 私は一番先のスープが大好きなんですが、
 もうあの鶏強いスープは作られないのかな・・?
 お好みの問題なのかも知れませんがね。
 

>>こんちゃん

おはようございます
え?そうだったんですか?知りませんでしたが・・・
しかし表は鶏スープ、それと差別化を図ろうとしたのかも知れませんね。
自分は裏から入って、表メニューが楽しみになりました(^^)

こちらのラーメン屋さん、
私は塩ラーメンが好きで頼みます。
前の方が言っている通りスープの味は毎回と言って良いほど
違います、
息子たちと笑いながら食しています、
それも良いでしょう。人間が自然の物相手に作るんだから、

>>近所の親爺さん

いらっしゃい
よく「プロなんだから味がブレないように作るべき」という人もいますが、自分は食べる方の体調のブレもあると思います。
工業製品でさえ、作る人の体調や機嫌で出来が違うと聞きますから(月曜と金曜の出来は悪いらしい)・・・
「味のブレ」「出来の違い」を楽しめる余裕がほしいですね(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/49928729

この記事へのトラックバック一覧です: 中華そば 阿波家@栃木県野木町:

« 中華蕎麦 瑞山@埼玉県朝霞市 | トップページ | 麺処 ぼたん@栃木県栃木市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ