« 住田屋食堂@埼玉県飯能市 | トップページ | ラーメンショップ 練間@神奈川県相模原市 »

2010年12月26日 (日)

ラーメン二郎 中山駅前店@神奈川県横浜市

36番目のラーメン二郎が12月12日に開店した。

Dsc03548_2
ここ数年に総本山であるラーメン二郎三田本店に行った事のある人なら覚えているであろう。あの「ヒゲの助手」がついに独立・開店した。

YOUTUBEより・・・
http://www.youtube.com/watch?v=mapzuphzgz4&feature=related

実は自分が初二郎の日、何も知らない自分に「ニンニク入れますか?」と言ってくれた人。
その時は何もわからずコール、あまりのくそまずさに半分残してしまったが・・・Orz

しかしあまりの悔しさに全店を回った。そして三田本店はその後3回訪店・・・
わがままな「味薄め」のお願いに対して嫌な顔ひとつせず了承、「薄味の方、ニンニク入れますか?」と対応してくれた人である。その人が開業、行かないわけはにいかない。

11時半頃、近くの有料駐車場(1時間100円)に車を停めてこちらへ向かう。

Dsc03545
店外20人の並びにジョイント。しかし店内には10人ほどの待ち客がいることも忘れてはいけない。

Dsc03553
お決まりの黒烏龍茶が並ぶ自販機。当然持ち込み可だと思う。

そんな中で気になったのがこちら・・・行列途中のブロック塀に放置された空き缶。
心無い客の仕業であろうか?近所はマンション&アパート・・・
ちょっと前にあまりの近所迷惑に閉店を余儀なくされた行列店がある。
君が二郎を好きならこんなことは絶対に出来ないはず・・・

Dsc03546  
列の進みは早い。作法をわきまえるジロリアン、さっさと食べて出てゆく。
30分ほどで店内待ちに・・・

Dsc03558
二郎の例に漏れず食券制。支障がなければ積極的に買っておこう。待ってる時に食券提示(麺量確認)を求められる事もある。
三田にはない「小ラーメン」のボタンを押す。650円は普通か?

Dsc03559
プラ券の色は統一されていないようだ。
なるべく店員にプラ券が見えるように並んでいる間も配慮する。

Dsc03561
Dsc03563
うず高く積まれる麺の材料「日清オーション」 と「カネシ醤油」の数に驚く。
おそらくオーション1袋で出来るのは150杯とすればかなりの食数であろうことが予測される。そしてカネシにはこんな文句が・・・

Dsc03565
「ラーメン二郎専用醤油」・・・直系のみに供給されると思われるパープルラベル・・・直系店の誇りであろう・・・

Dsc03560
威勢よくさばく三人の店員。真ん中が店主である。
「食券見せてくださ~い」の声でみな食券提示・・・自分が「味薄めって言っといた方がいい?」と聞くと「薄味で?」と店主。さらに隣の人から「麺カタで・・・」のリクエストがあった。
リクエストがあれば先に言っておこう。

ランダムに席が空く。助手の「どうぞ」の声に促されて着席、店主が麺上げするのが間近に見える・・・
スタッフ、あるいは見知りの客との会話でリラックスの店主。しかしその手は休まない。
かなり長い間、総帥の仕事を目の当たりにした店主、くるくるっと平ザルを手首のスナップで扱う様は総帥にそっくりな手さばき・・・

総帥の手さばき・・・YOU TUBEより・・・

http://www.youtube.com/watch?v=MPhleYTogyc

「先に麺固め行きます」・・・スタッフ、あるいは客の了解を得るように・・・
そして少・薄味の方・・・「ニンニク・アブラでお願いします」と・・・

提供がこちらであった。

Dsc03569
比較的普通に見えたのは最近群馬に出来た自家製ラーメン大者で頂いてるせいであろうか?

Dsc03568
同じ三田出身のらーめん いごっそうに似た鮮やかな感じ。表面にラード層。乳化・白濁しないスープは琥珀色のカネシのインパクトが期待できる。
そしてこの時期にうれしい熱いスープは並んでる間に冷えた心と体をほっとさせる・・・

ヤサイはモヤシとキャベツは7:3位。茹で具合はちょっとしっかり感がありパリパリ。
甘みいっぱい。青みが目に映える。

Dsc03572
掟どおりの平打ちのオーション麺。
しかし茹で具合は各店共に千差万別、こちらはデフォで柔わでなくしなやか。
キレのあるこちらのスープとあいまってメリハリを見せる。

Dsc03571
ぶたは部位はロース、その芯と思われる赤身部分。
脂は丁寧に掃除されている。個人的には脂部分は欲しかったが・・・おそらくスープのダシガラだろうがしっとりした食感で柔らか。ニンニクが鮮烈に効く・・・

アブラが見えなかった。スルーされたのか?

おおよそ麺量は270gくらいであろうか?二郎とすれば少なめで一般的なラーメンの大盛り+α。普通の人には「大いに食べた」の分量くらいであろうか?
おおよそ二郎の持つイメージの濃厚、重厚な感じは少なく軽快でストレートな味わい。若々しさあふれる味である。活力みなぎるラーメンに仕上がっていると思う。

食べ終わって丼を高台に置きしな、「開店おめでとうございます」と声をかけると店主、ちょっと肩をすくめ微笑んだ。

外に出る。温まった心と体に、師走の冷たい澄んだ空気が心地よく感じられた・・・

Dsc03555

Dsc03573

ラーメン二郎 中山駅前店

神奈川県横浜市緑区台村町309-1(地図)

TEL 不明

営業時間 11:00~14:00 18:00~21:30(麺切れ終了)

定休日 木曜日

席数 カウンター12席

レンゲ なし

喫煙 不可 

駐車場 なし

メルマガ 00586085s@merumo.ne.jp

交通アクセス JR横浜線「中山駅」下車。南口ロータリー右手に進みラーメン花月とロンドンの間の路地を入り・・・

Dsc03575
こんな感じの住宅街を進んでゆくと・・・

Dsc03574
大通りに出る手前の右手に店があります。

« 住田屋食堂@埼玉県飯能市 | トップページ | ラーメンショップ 練間@神奈川県相模原市 »

ラーメン二郎」カテゴリの記事

コメント

近くまで来られたのですね。
まだ行っていません。
来年の楽しみにとってあります。

>>KMさん

良くも悪くも基本に忠実な「くそまじめ(くそまずいではない)な二郎」と思いました。おおよそ二郎の持ち味であるある種の「クセ」は感じられませんでいた。ジロリアンの中にはちょっと物足りないと思った方も多いはず・・・
しかし客層にあわて変幻自在な二郎、こちら立地は駅からちょっと離れたアパート、マンションの多い住宅街・・・
今後、どんな風に変化するか?楽しみであります(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/50404280

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン二郎 中山駅前店@神奈川県横浜市:

« 住田屋食堂@埼玉県飯能市 | トップページ | ラーメンショップ 練間@神奈川県相模原市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ