« 油そば専門店 Ra(ラー)@埼玉県飯能市 | トップページ | 住田屋食堂@埼玉県飯能市 »

2010年12月19日 (日)

自家製ラーメン 大者 4@群馬県高崎市

「二郎なし県のジロリアン」を自負する自分。今週末は新店・ラーメン二郎中山駅前店の予定であったが・・・先週からひている風邪が治らず・・・体力をつける為にこちらへ・・・1時20分、時間を外したつもりだが・・・甘かった。

Dsc03468
店内3人、店外6人の待ち人にジョイントする。
列の進みが遅いと思うのはジロリアン(=二郎豚)の自分ゆえであろうか?
中をのぞくと仲良く談話しながら食べてる人もいる・・・
東京の、せわしくラーメンをかっ込んでさっさと出てゆく「ラーメン二郎」とは違った雰囲気である。

Dsc03475
若い人はもとより、アベックや親子連れも珍しくないこちら。将来のジロリアンの姿も見える。
そして人気に驕ることなく腰の低い店主。退店する客への「ありゃ~す」のカン高い声・・・
助手の女性もなかなか慣れて来た感じである。

あらかじめ「チャーシュー一個・味薄め」のオーダー、そして7分後「ニンニクダブル・アブラ」のコール・・・着丼はこちら。

Dsc03481
ラーメン(ニンニクダブル・アブラ) 700円

ヤサイノーコールでも小食の自分には「マシ」の姿。

Dsc03484
乳化スープは多摩方面、特に野猿二郎あたりに似る。
クリーミーかつマイルド。グルは大匙に半分位か?旨みいっぱい。そして熱い!
上州名物「空っ風」吹く寒い群馬にあっては熱さも味のうち。

Dsc03487
そして地元・群馬の日清製粉(群馬県館林市発祥)の小麦粉「オーション」を使った二郎麺。
二郎では定番の「カネシ醤油」の黄色いボトルは見えなかったが奥にブリキの一斗缶が見えた。未確認だがこれが地元群馬の正田醤油(群馬県館林市)ならうれしい。

どちらも皇后・正田美智子様のご実家筋である。皇后陛下万歳。

キャベツは全国的に有名な群馬県産「嬬恋キャベツ」ではなかったが・・・かつて三田本店で嬬恋キャベツの箱を見たことがあった。さらに多くの二郎では「分福茶釜」で狸の恩返しの話で全国的に有名な群馬県館林付近の「分福もやし」が使われている。

Dsc03488    
「ぶた」も畜産盛んな群馬産の豚であろうか?「上州もちぶた」は全国的に評価が高い。

Dsc03486
アブラーメン王国の群馬、特に西毛ではアブラコールでこれ位のアブラっぽさは当然&うれしい。
東京のラーメンと言いながら、意外に二郎は群馬との接点は多い。
そしてこちらにあっては「地産・地消」であるとも思う。

隣のアベックを見る。食べきれないで困惑する彼女を気遣って残りを食べてやる彼氏・・・
「かかあ天下」・・・女性を大切にする上州気質は今も健在である。

食べ終わって出て行く人はこの寒い時期にみな額に汗・・・しかし疲労感と共に満足感の表情も浮かべていた・・・

正式には「二郎」の看板を掲げていないがこちらには「世のため人のため社会のため」の「ラーメン二郎社訓」が透けて見える。名ばかりの直系以上に二郎スピリットあふれているのだ。

大者はラーメンではない。二郎という食べ物であるかと思う・・・

Dsc03469
なぜか「日の丸」に見えるこちらの看板・・・純白の心に熱く燃える血潮であろうか?
大いにエネルギー補給、明日への活力が体にみなぎる。
開店以来5回目の訪店だがいつも思う・・・ありがとう・・・

自家製ラーメン 大者

群馬県高崎市貝沢町1282-1(地図)

TEL 不明

営業時間 11:00~14:30 18:00~23:00

定休日 不定休

席数 カウンター13席

喫煙 不可

駐車場 あり(共用60台)

交通アクセス 高崎駒形線を高崎インターチェンジより高崎市街方面へ走行。「上大類町」信号右折。一つ目の信号(五差路)を過ぎたすぐ右手。「利根書店」並び(入り辛いので気をつけてください)。

« 油そば専門店 Ra(ラー)@埼玉県飯能市 | トップページ | 住田屋食堂@埼玉県飯能市 »

ラーメン二郎インスパイア」カテゴリの記事

コメント


IPアドレス: 124.146.174.133

貼っておきますね(^^)

先ほどは無礼なコメントをして申し訳ありませんでした。
反省と謝罪いたします。

私も同じ日、もう少し早い時間帯に行きました。
平和島時代と違い、店主さんが生き生きとされているのが印象深かったですね。
豚が硬かったものの、美味しく頂きました。
この店が近くにあれば、定期的にお邪魔したいところですね。

ところで余計なお世話かもしれませんが…。
許可が無い場合、一般の方々にはモザイクなど加工を施された方が良いと考えます。
今は肖像権(中でも人格権)など、非常にうるさい世の中ですし。

>> sampler さん

遠路はるばるお疲れ様です。
こちら、かなり多くの平和島時代のファンの方が見えたようです。
多くの方が平和島時代と変わったと指摘されましたがそれは悪い印象ではないようです。

ご忠告ありがとうございます。

こんばんは

こちらのラーメンをいただきましたが、二郎よりもレンジが広くとられていると
思いました。
豚を愉しみたければ野菜少な目で、豚Wなら野菜+麺少な目で
ダイナミックにいきたければマシマシで、と各人の食べられる量と
相談して注文できるのはありがたいと思いました。


二郎の社訓

一、清く正しく美しく、散歩に読書にニコニコ貯金、週末は釣り、ゴルフ、写経

二、世のため人のため社会のため

三、Love & Peace & Togetherness

四、ごめんなさい、ひとこと言えるその勇気

五、味の乱れは心の乱れ、心の乱れは家庭の乱れ、家庭の乱れは社会の乱れ、
 社会の乱れは国の乱れ、国の乱れは宇宙の乱れ

六、ニンニク入れますか?

写経はどうだかわかりませんが、二郎のスピリッツは受け継いでいると思います。

群馬の方々に末永く親しんでいただけるといいですね (*´∇`*)

>>梅田さん

ラーメン(に限らず外食)がレジャーのひとつの群馬。お客さんは楽しんで食べているような表情でした。
二郎の殺伐とした雰囲気なし。店主の応対も柔らかです。通う人も増えるでしょう。
高崎にいいお店が出来たと喜んでおります(^^)

はじめまして!

参考に拝見させて頂いています。

さて、大きなお世話かもしれませんが、
富士食品工業株式会社の「分福もやし」は館林産ではありませんよ。
本社は板倉で、作っているのは日光です。
また、「正田醤油」は皇后陛下のご実家ではございません。
ご実家の本家筋でございます。
ご確認のうえ、訂正されたほうがよろしいかと。

こちらこそ参考になる情報ありがとうございます。
しかしながらある意味自分は閲覧する方に夢を持っていただきたい。楽しんでもらいたいと思っております。そして内容は当たらずとも遠からず・・・
メジャーではない板倉町。そこの会社が隣の館林の有名な「分福茶釜」の話を商品名にするのは当然でしょうし「日清製粉」「正田醤油」は皇后陛下に縁の会社です。
国際社会の中の日本。「赤穂の天塩」がオーストラリア産だったりします。ハーレーダビッドソンの主要部品の多くは日本製です。国産ブランドのコンパクトデジカメは台湾製です。
ちなみに二郎で有名なカネシ醤油は某大メーカーに委託しているといううわさも聞きます。
化調も「協和発酵のグルエース」と言われますがKIRINブランドの袋を見ました。
「二郎の麺はオーション」という伝説もラーメン二郎武蔵小杉店では違う銘柄の小麦粉を見ました。ブレンドしているようです。
しかしそれを公表して何になるんでしょうか?誰が得をするんでしょうか?
後には幻滅しか残りません。自分はあら捜しはきらいです。いいところしか見ません。

こちらの出身店「ラーメン二郎堀切店」は二郎直系ではないと言う人は多い。その言い分もわかります。
しかしながらこちらの店主は三田本店の山田拓美氏を神のように崇拝、その神様に少しでも近づくために努力していることは以前は外注だった麺をオーションを材料にした自家製麺にしている事でわかります。
ほかにも「二郎」たるべく力を入れている。それこそ生半可な「名ばかりの」二郎に負けない程に・・・もし店主が三田で修行していたら・・・

自分はこちらを「ラーメン二郎高崎店」と思っております。

東京から先週初めて行ってきました。マスター覚えていてくれて嬉しかった。

開店から何度も行かれてるようで本当にうらやましいです。
平和島の暖々では週イチ通っていたのが懐かしいな…。
なかなか行けないのでみなさんのレポート見て楽しんでます。

通りすがりで失礼しました

>>タロさん

コメントありがとうございます。
自分は平和島時代の店主を知りません。ラーメンも今のとは違っていたようですね。
東京から遠く群馬へ移転。それでも食べに来てくれる東京のファン・・・
店主はさぞ喜んでいらっしゃると思います(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/50343161

この記事へのトラックバック一覧です: 自家製ラーメン 大者 4@群馬県高崎市:

« 油そば専門店 Ra(ラー)@埼玉県飯能市 | トップページ | 住田屋食堂@埼玉県飯能市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ