« ラーメン二郎 荻窪店@東京都杉並区 | トップページ | 堀越軒@群馬県藤岡市 »

2011年1月23日 (日)

らーめん いごっそう@東京都練馬区

青梅街道沿いに佇む。

Dsc04085
以前は別の場所にあったが最近こちらに移転した。
店主はラーメン二郎三田本店出身。人気者の助手だったらしい。

到着は昼の部終了時間の1分後。隣の○麺堂の行列を横目にハザードを出し入店。
「まだ大丈夫ですか?」と声をかけると「はい、いいですよ~」と店主がにこやかに了解してくれた。
駐車場を探そうと聞くと「お店の横止めていいですよ~」と・・・タイミングがよかった。

Dsc04072
こちらは二郎では定番の食券制ではなく後払い方式。
塩らーめんやマー油らーめんなど二郎では珍しいものもある。
移転する前にはみそらーめんもあった。数量限定メニュー、またご飯物も・・・

Dsc04075
サービストッピングは二郎標準。そして少なめメニューもある。
値段が安くなるのはうれしい。らーめんをオーダーする。

Dsc04073
この時間でお客は7人。やはり若い人が多い。高校生も・・・
席の後ろは通るのに難儀した位狭かった以前の店に比べて若干広くなった店内。
しかしレイアウトは同じ感じだ。お店からのお願い。

Dsc04076
助手(確かタニグチさんとか?)にはっきりわかりやすく指図する店主。
包丁を洗い場に持っていくときも「包丁通りま~す」と声をかける。これは作業場では正解。
お互い声をかけ合うことで存在をアピール、怪我や事故が少なくなる。

会計の時、たとえ一緒の会計でも店主は「らーめん600円、ぶた入りらーめん750円」と客とお互いに確認しあうようにしっかり発声していた。助手が合計金額を暗算、客に伝えていた。

大雑把なイメージのある二郎だが実はオペは繊細。ただスープを注ぐだけではない。
浮いた油を避けてダシを投入。背脂チャッチャ、液体油を各丼にばらつきなく調整する。
そして麺投入。そして・・・「ニンニク入れますか?」の名文句。
こちらアブラは液体油なので「ニンニクお願いします」と・・・

Dsc04077
着丼。なかなか二郎しているではないか!(当然か?)
表面に油が浮いたどんよりしたスープは三田本店そのものである。

Dsc04079_2
微乳化でしっかりカエシの美しい琥珀色が垣間見える。
しかししっかり豚の風味がある。それにニンニク臭が加わる三味一体の二郎のスープである。
ダシ感と醤油の尖り、油のバランスよくマイルド。

Dsc04080
大きめに切られた青いキャベツがうれしいヤサイ。比率はモヤシ/キャベツ7.5:2.5。
あまり二郎では感じられないヤサイの甘みを感じる。これはおそらく閉店支度を始めていた矢先の無粋な客のためにあわてて茹で始めたからだろうか?
初めてヤサイをうまいと思った。

Dsc04081
賛否あるこちらの麺。
角の取れた正方形断面の滑らかな中細麺。二郎と大きく違うところである。
半透明に見えるのはおそらく加水高め。小麦粉も二郎と違うのであろう。
かなり柔らかめでちゅるちゅるすすり心地は官能的。
しかし多い油が柔らかいと感じさせる要因でもあろう。硬めコールは多いと聞く。

Dsc04083_2_2
ぶたは小ぶりが一個。腿あたりの「ダシを取るのが目的」の部位であろう。
ダシを取った後、カエシに漬けられ味付け。筋肉繊維に沿ってさっくりほぐれる。
うまみを含む運動部分ゆえかみ締めると残った豚のうまみが滲み出る。
細かめに刻まれたニンニクが大いに効く・・・

麺量はおおよそ200gで一般の「大盛り」位であろうか?

麺を除けば三田本店のラーメンを精巧に2/3にスケールダウンした物に思えた。
似ているのはラーメンだけではない。店員と客とのコミュニケーションも・・・
客と店員の会話に心が和む。店主はおそらく客商売が好きなのであろう。

二郎の看板がないないだけで十把一絡げに「インスパイア」と分類されるこちら。
しかしこちらのように三田本店出身ながらあえて二郎の看板を掲げない店や、群馬には傍系(支店)、しかもジロリアンから一格下に見られる堀切店出身ながら並みの直系に引けを取らない二郎を出す店もある。

二郎は看板ではない。店主の精神であると思う。

看板を食って喜んでいるジロリアンは恥を知るがいい。そして名ばかりの二郎は畏れるがいい。

ここは正真正銘の「ラーメン二郎」なのだ。

Dsc04084
ラーメン二郎総帥・山田拓美氏より賜ったという看板・・・

「いごっそう」とは土佐(高知県)の方言で「一本気」「頑固者」の意味である。
店主は高知出身であろうか?

かつて総帥の片腕として働き、名物助手と人気だった酒井店主がなぜ二郎の看板を掲げなかったのか?

それは店主以外、誰にもわからない・・・

直系店でもコールはいろいろ・・・

Dsc04088
しかしこちらは基本どおり「ニンニク入れますか?」であった。
Dsc04087_2
Dsc04086
らーめん いごっそう

東京都練馬区関町南4-25-18(地図)

TEL 不明

営業時間 11:30~14:30 18:00~21:30

定休日 月曜日 火曜日 祝日

席数 カウンター10席

喫煙 不可

駐車場 あり(店横1台)

交通アクセス 都道4号線「青梅街道」を荻窪より西東京市方面へ走行。西東京市に入る200mくらい手前左手。

« ラーメン二郎 荻窪店@東京都杉並区 | トップページ | 堀越軒@群馬県藤岡市 »

ラーメン二郎インスパイア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/50664872

この記事へのトラックバック一覧です: らーめん いごっそう@東京都練馬区:

« ラーメン二郎 荻窪店@東京都杉並区 | トップページ | 堀越軒@群馬県藤岡市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ