« 山岡家 高崎西店@群馬県安中市 | トップページ | 六角堂 堀之内店@東京都八王子市 »

2011年1月 8日 (土)

ラーメン二郎 立川店@東京都立川市

初二郎・・・2008年開店。二郎としては比較的新しいお店である。

Dsc03837
ちょっと離れた1時間200円(延長30分ごとに100円)のコインパーキングに車を停める。
到着は開店5分前、25人ほどの行列にジョイントする。

Dsc03802_2
しかしながら開店と同時に半数以上が店に飲み込まれ、一瞬、列は一気に半分になる・・・が・・・後客が続々連結、すぐ元通りの長さに・・・

Dsc03806
中を伺う・・・本やゲームで待ち時間を潰す人も多い。大忙しの店員二名、かいがいしく動いている。
しかしながらオペ具合を眺めるのも二郎の楽しみの一つであろう。

やがてラーメンが配膳されるのが見える。かなりの大山なヤサイ。後ろの二人の学生さん「あれはヤサイマシ?それともマシマシ?」と不安げに相談しているのが聞こえる。それを聞いていたほかの人が「あれはマシでしょう」と・・・きっと常連さんであろう。不安があったら並んでいる人(ジロリアン)に聞いてみるのも手だ。店の特徴、コールのコツ、ラーメンのボリューム・・・
しかしジロリアンの「ここは普通だよ」の言葉に注意。「二郎の普通」は一般の常識を外れたものだからだ。
ちなみに麺量。二郎の「普通」は一般店のおおよそ2倍である。それはジロリアンの常識であるが世間の常識ではない。

Dsc03811_2
こちらは親切に麺の量、ぶた(チャーシュー)の量(イメージ)が書かれている。
普通のラーメンでもぶたが二つ乗るのが二郎のスタイル。

Dsc03816_2
Dsc03817
驚くべきは「小」より少なめの「少」のメニューにもぶた増し、ぶたダブルのボタンがあることだ。
値段は同じだが・・・こちら口頭で「麺少な目」コールは不要のようだ。

小ラーメンの食券購入。

Dsc03821
やがて店員から「食券見せて下さ~い」のコールが掛かる。
あらかじめ麺茹での準備である。自分は「味薄め」を申告 。

Dsc03813
券売機の上には商売繁盛のお札と、二郎人気をささえてくれる「ぶた」が祀られる。
BGMはFMラジオである。

Dsc03823
寒い季節でも半袖でいられるほど二郎の仕事は忙しい。
右は店主、左は助手であろうが「相棒」と言ったコンビぶりは二郎に珍しくない風景。
店主は平ザルを小気味よく返す・・・

前客が立ち退くのと同時に入れ替わりで着席する。数分後「味薄めの方・・・」とトッピングを促される。
正直、ほかの人の配膳を見た時、ヤサイノーコールでかなりな盛りだった。
一瞬、ヤサイ少な目と思ったが・・・覚悟を決めてデフォ、いつもどおりの「ニンニク・アブラ」を申告、ロットでは一番に配膳。

Dsc03826
ネット情報にある「立川は少ない」とは誰が言った?かなり勇ましい盛りである。
ヤサイはモヤシが目立つ。比率はモヤシ8:キャベツ2くらいか?
そこそこ張りを持つ茹で具合。

Dsc03827
乳化傾向にあるスープ。多摩方面の二郎の特徴だ。しかし味薄めとはいえカネシの色も強い。
まったりした中にパンチを感じた。

全体をぐるっとかき回す。一瞬湯気が立ち上る。熱いスープは寒い時期に又とないご馳走だ。

Dsc03832
ストレート気味、わずかにウェーブの平打ちオーション麺はしなやか。
「ヤサイの多い二郎は麺にたどり着くまでに時間が掛かる」と固め指定の方もいるが自分はこれで丁度いい。二郎とすれば若干細めか? それゆえ軽快、ヤサイと一緒に頂く。

Dsc03834
Dsc03836
「ぶた」は直系5cm、厚さ1cmの腿あたりか?ちょっとパサ目ショッパ目。
しかしスープに沈めておくと適度に塩気が抜け、スープが染み込んでうまくなる。

かつては二郎のぶたに驚いた自分・・・
しかし最近、高崎の自家製ラーメン大者で頂いているせいもあって最近二郎のぶたに驚かなくなった。

Dsc03828
アブラはプルプルのコラーゲンたっぷり。女性客は少なかったがお肌の美容にお勧め。

大粒に刻まれたニンニクは鮮烈に効く。辛い!
隣の方は以前頼んで胃にきたと言っていたが・・・自分はニンニクの入らない二郎など想像できない。

ドカ盛りの丼を目の前にドンと置かれた瞬間「早く食べきらなければ・・・」の思いで夢中にラーメンを掻っ込む。それこそよく噛まないで無理やり・・・
いくら食べても減らない丼の中身。食べきれるかどうか不安なラーメン。
いつも思う事、早く食べきって外に出たい・・・

おそらく麺量は二郎標準の300gはあると思う。しかし丼の底が見えてくると、逆に余裕が出来、じっくり味わい始める。
固形物を片付け、両手で丼を持ってスープをふたすすり・・・意外に二郎のスープはヤサイの甘みがありマイルドで優しい感じがある事を思い知る。そんな事を感じる余裕がうれしい。

二郎はほかのラーメンにない「達成感」という味を持っている。自分にとって二郎は食事と言うより「格闘」である。スポーツの後の清々しさを感じるラーメンである。

Dsc03808
土曜日は昼のみ営業。

Dsc03805
Dsc03803
Dsc03810
ラーメン二郎 立川店

東京都立川市柴崎町2-10-1(地図)

TEL 不明

営業時間 月~金曜日11:30~14:30 18:00~21:00 土曜日11:30~14:30

定休日 日曜日 祝日

席数 カウンター12席

喫煙 不可

レンゲ なし

駐車場 なし(隣ににコインパーキングあり)

交通アクセス JR中央本線「立川駅」南口下車。モノレール「立川南」方面へ。「柴崎町三丁目」信号を右手に進み「公証役場前」の信号の次の信号手前左手。

« 山岡家 高崎西店@群馬県安中市 | トップページ | 六角堂 堀之内店@東京都八王子市 »

ラーメン二郎」カテゴリの記事

コメント

KMです。
>意外に二郎のスープはヤサイの甘みがありマイルドで優しい感じがある事を思い知る。

これですよね。豚出汁が余計雰囲気を出しますね。

二郎は格闘技ですか。
最近格闘を避けてます。
歳なのでしょうか。

再びKMです。
コメントを入れたのですが、すぐに反映しないのですか?
消えてしまいました。
少で豚ダブルという情報にびっくりしました。

店ができた時に何回も行っているのですが、やはり
変化がありますね。
野菜はもともと多かったきがしますが。

>>KMさん

麺量、ヤサイ量、ぶたの量・・・いろいろな組み合わせが楽しめるのが二郎のいいところだと思います。
隣の方は「少ぶたダブルヤサイマシマシ」だったようです。麺を減らしてヤサイを増やす・・・
こんな組み合わせもありみたいです。

コメントの件失礼いたしました。
心無いコメントも多く、閲覧者様に不快感を与えるためコメントは承認制とさせていただいております。
ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/50530266

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン二郎 立川店@東京都立川市:

« 山岡家 高崎西店@群馬県安中市 | トップページ | 六角堂 堀之内店@東京都八王子市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ