« ラーメンショップ 122号騎西店@埼玉県加須市 | トップページ | ラーメン二郎 荻窪店@東京都杉並区 »

2011年1月17日 (月)

香味屋@東京都八王子市

国道20号線「甲州街道」を八王子市街から西へ・・・
真正面に高尾山が近づいてくるにつけ道が狭くなってくる・・・
そんな都会の喧騒を離れた道沿いにその店は佇む。

Dsc04035
自分はよく高尾山のふもとの湧水を汲みに行く道すがら横目で見る。
「いつも客がよく入っているな~」と関心していたお店。
終了時間を過ぎた3時10分到着。暖簾が出ているし先客の車も見えた。
だめ元でドアを開けると・・・「いいですよ」とママさん。

さっぱりした外観同様、店内もシンプルそのもの。鄙びた感じでほっと一息つける感じの店内。

Dsc04021
カウンターに腰掛ける。奥は店員さんのようだ。

Dsc04015
メニューはこんな感じで札に書かれている。雰囲気最高。

Dsc04013
デフォの「らぁめん」500円は大いに安いと思う。最近のラーメンは高くなったと思う。最近はグルメの対象といわれるラーメン・・・しかし本当の姿は庶民の食べ物なのだ。デフォをお願いする。約6分ほどで着丼であった。
ママさんに撮影許可を求めると「写真撮るんだって・・・」と店主に報告に・・・

Dsc04022
いやはや、なんともシンプルな潔い姿ではないか!
典型的な八王子ラーメンの姿は好感。

Dsc04023
自分は「ラーメンはスープと麺だけのカケラーメンで食べたときに真価がわかる」と思っている。
最近の「ニンニク・アブラ・カラメ」のラーメンやラードや魚粉大量ぶち込みやトッピング満載のラーメンなどは客の目や舌を麻痺させて土台のくそまずさをごまかしているに過ぎないと思っている。

Dsc04024
細かな油粒が宝石のように輝く琥珀色のスープは濁りなし。
しかし色から思わせる醤油の尖りは皆無である。やさしく柔らかな甘みは鰹節や煮干によるものだと思う。あるいは日本そばの技法か?
日本そばはかなりカエシに手間・ヒマかける。節のほかにも昆布、しいたけ、そして酒、みりんなど・・・火加減も微妙に調整して煮えすぎに注意。それを土に埋めた素焼きの壷で寝かすと聞く・・・
さらにこちらの油は香ばしい甘い香りがする。香味油も工夫されているのか?そして何よりも、高尾山から湧いてくる自然の恵み豊かな水のうまさも忘れてはいけない。

Dsc04026
麺はオーソドックスな細めの中華麺。ほぼストレートに見える。
大好きな「ラーショ麺」にも・・・
加水率は低め。茹で具合も若干硬めで粉っぽい風味が鼻腔に広がる。
このスープにしてこの麺のマッチングは絶妙。
ダシ感はあくまで控えめ・・・

Dsc04028
ホロホロのチャーシューは巻きバラ。
おそらくダシを取ったあとでこの秀逸なカエシに煮られた物であろうが・・・
それゆえラーメンと一体感がある。

Dsc04027
八王子ラーメンのトレードマーク「刻みタマネギ」・・・
スープでしょっぱくなった舌をリフレッシュする絶好のアイテムだと思う。
海苔は青海苔で海の風味いっぱい。最後の一口の麺を巻いて頂く・・・

Dsc04031_2
完食、完飲・・・かなり完成度の高い一杯、大いに満足してお店を出た。

後で調べたら・・・こちらはかつて人気絶大だったお店が移転したものだった。うまいのも当然、大いに納得した次第である。

Dsc04036
ちょっと長めの昼営業がうれしい。八王子ラーメンのいいところ。

Dsc04037_3
誇らしげに掲げられた「醤油らぁめん」の看板・・・潔い一本勝負。

Dsc04034
香味屋

東京都八王子市高尾町1626(地図)

TEL 不明

営業時間 11:00~15:00

定休日 月曜日(祝日の場合は営業。翌日休み) 第三火曜日

席数 カウンター8席 テーブル2卓

喫煙 不可

駐車場 あり(5台位)

交通アクセス 国道20号線を八王子市街より高尾山方面へ走行。「高尾駅」を過ぎた「高尾駅前第二」信号先、約100m先右手。

« ラーメンショップ 122号騎西店@埼玉県加須市 | トップページ | ラーメン二郎 荻窪店@東京都杉並区 »

東京のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

KMです。
行かれましたね。
いくつもりで時間ばかり経ってしまいます。

この付近の道は自分にとって大変懐かしいところです。
一時期毎週通っていました。
やまもとは駅の反対側でした。

コチラの前には赤尾飯店があっただけで、そこでビールと
昼食をとっていました。
その先には肉屋があり、そこの弁当が安くてボリュームが
あって愛用してました。

凄く寒いところですが、ラーメンを食べに行ってみます。

>>KMさん

この道沿い、まさにラーメン街道ですね。
今回は「大分ラーメン」のお店目当てでしたが準備中。RDBの・さん高評価の「吾衛門」は外待ちお二人、さればこちらと・・・
ただ醤油ラーメンに刻みタマネギを乗せ、八王子で出しているから「八王子ラーメン」という図式は成り立たないと思います。自分は「ちとせ」の他に「えびす丸」「しょうしょう」「でうら」で頂いただけなんですが、どちらも素材の味を感じさせる清々しい味でした。方向性は同じ。二郎のようなルール(カネシ醤油とかオーションとか)があるのでしょうか?掟があるように思います。

しかしなんと言っても、秘密はやはり高尾山からの恵み、おいしい水だと思います(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/50613810

この記事へのトラックバック一覧です: 香味屋@東京都八王子市:

« ラーメンショップ 122号騎西店@埼玉県加須市 | トップページ | ラーメン二郎 荻窪店@東京都杉並区 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ