« 六角堂 堀之内店@東京都八王子市 | トップページ | ラーメンショップ 122号騎西店@埼玉県加須市 »

2011年1月10日 (月)

ラーメン ちとせ@東京都八王子市

意外と知られていないが八王子は「ラーメンの街」である。

同行したラー友も八王子遠征は二つ返事、大乗り気であった。
こちらは敬愛するRDBレビュワーが満点を付けるほどのお店、自分の提案にラー友は異論なしであった。

細い路地の角、そのお店はひっそり佇む。

Dsc03890
自分の大好きな中華屋・食堂の佇まいの癒し系である。

Dsc03895_2
看板の上に置かれるのは厚く削られた魚節・・・ラー友によれば高級食材だそうである。
期待に胸が膨らむ。

Dsc03900
外観同様、昔ながらのラーメン屋の店内・・・

11時~夜8時と通し営業。そのため午後3時頃の中途半端な時間でも先客あり。また後からも来店。おそらく常連だと思われた。

Dsc03899
八王子のラーメン店は11時頃から午後4時位までの変則的な営業時間をよく見る。
連食二軒目にはうれしい。

お店の方はマスターとママさんのお二人。笑顔で迎えてくれる。

Dsc03898
メニュー拝見・・・ば・か・や・す・い・・・

群馬の田舎ならともかく、ここはまがりなりにも東京である。固定資産税莫大・・・
しかし・・・デフォのラーメンが430円とは・・・
丼物や定食、一品料理も豊富。チャーハン480円、カツ丼600円は安すぎ!
お冷を出してくれたママさんにチャーシューメンをお願いする。

Dsc03897
古いお店だろうがきちんと手入れされている。7分ほどで着丼であった。

Dsc03902   
一際黒い醤油色のスープが目を引く丼面・・・
何軒か八王子ラーメンを頂いている自分・・・あれ?八王子ラーメンてこんなに黒かったっけ?

Dsc03903
油はそれほど浮かないが表面が鏡のように照る。

Dsc03905   
しょっぱいのが苦手な自分・・・あの「ガツンとくるカネシ醤油」が売りのラーメン二郎で味薄め指定であるが・・・意を決してスープを頂く。

いや、これは完全にうれしい誤算。醤油の深いコクを生かし、塩気を感じさせない見事な技。逆にスープは鶏の旨み、魚介の旨み、昆布の旨みで甘みを感じるほどである。
江戸切りそばのテイストか?
余談だが新潟にはこの手の、色は黒いがしょっぱくなく味わい深いラーメンが多い。

Dsc03909
醤油に着色された?黄色み強い麺。標準的な中華麺のサイズで細縮れ。
しかし結構硬めな茹で具合でカリポリした舌に触る食感。スープを吸わず粉っぽい甘い風味いっぱい。濃いと思われるスープの味と融合しないメリハリのある組み合わせはおもしろい。うっすらかん水の香り・・・

Dsc03911
チャーシューは巻きバラ。これもスープにダシを取られた後、味わい豊かなカエシに漬けられたものか?ほんのり残る肉の旨みに口元がほころぶ。

Dsc03906
八王子ラーメンのトレードマークである刻みタマネギ。甘みあり尖る塩気を中和する働きがある。
他店では「ネギ増し」のトッピングメニューも見る。単に添え物ではなく、八王子ラーメンには無くてはならない存在であろう。
そしてトッピングとして注目されるべきアイテムであると思う。

Dsc03913
古くから彩りを添えるための定番のさやえんどう・・・

Dsc03910
そして・・・おまけ的がうれしいウズラ・・・安いからと言っても味のために手間・ヒマ・食材は省かない。

Dsc03914
こちらの給水器にこんな事が書いてあるが・・・自然いっぱいの高尾山からほど近いこちら・・・

八王子ラーメンのうまささはダシでもなく、カエシでもなく、麺でもなく、タマネギでもない。
自分は「水のうまさ」であると思う。

素材を生かすも殺すも水しだい。この時、高尾山ふもとに水を汲みに行ったラー友(水ヲタ)が「これは秩父の名水に引けを取らない」と絶賛した。

Dsc03915
お勘定、こちらの出口から出る時「今時チャーシューメンが650円は安いですね」と言うと店主、ちょっと照れたような表情を浮かべた・・・ラー友も大いに満足したようである。

こちらを推す「ラーメンを心で味わう」RDBの人格者KM氏に大いに感謝致します。

Dsc03894 
Dsc03893
Dsc03891_2
ラーメン ちとせ

東京都八王子市南新町8(地図)

TEL 042-625-0518

営業時間 11:00~20:00

定休日 土曜日

席数 カウンター8席

喫煙 可

駐車場 なし(となりにコインパーキングあり)

交通アクセス 国道16号を八王子から横浜方面へ走行。「八幡町」を16号方面へ左折せず直進。次の信号超えた一つ目の路地を左折、二つ目の路地を左折した十字路角左手(一方通行出口のため車では入れません。次の路地を左折、ぐるっと回ってください)。

« 六角堂 堀之内店@東京都八王子市 | トップページ | ラーメンショップ 122号騎西店@埼玉県加須市 »

東京のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

KMです。
コチラに行かれましたか。
今回はコメントするのが少し恥ずかしいです(笑)。

コチラの良いところを書いていただいて、自分のことのように
うれしいですね。
本にも載らないのですが、自分がラーメンに求めるものがここには
ある気がします。
八王子では一番黒いラーメンのように思えます。
黒いラーメンはなんといっても風味がいいですね。
こちらの最大の特徴は醤油ですね。違います。
油も少なく、チャーシューメンでは減らしているようです。
そのあたりが出前をする食堂の技ではないです。

八王子にはまだまだおススメのお店が沢山あります。
8日に行った店もおススメです。豊田です。
そのうち投稿します。

今年も宜しくお願いします。
追:新潟方面の黒いラーメンも旨いでしょうね。
そういえば、昨年食べた長野のふくやは旨かったです。

ちとせさん行かれたんですね。
 
 私もKMさん(突然失礼します)のレヴューを拝見して、行ってみたかったお店です。
 サイレンスさんとご一緒した日が、土曜日だったのが・・・惜しかった。

 イメージは私の勝手に思っている八王子ラーメン?かと。
 濃いお醤油の色が、またそそられます。
 カウンターの年季、清潔そうな台ふき、
 メニューの多さ・・地元に生ける人気のお店かと・・。
 
 いいなー、食べてみたいです。

 
 

>>KMさん

こちらをレビュー頂きありがとうございました。
分厚い削り節や生醤油ではなく一煮立ちさせて醤油の角を取ったと思われる技法は日本そばの技法ではないか?と推測致しました。こだわりを感じました。
おおよそラーメンぽくないと言うか・・・不思議な味と言うのがメンバーの感想です。そして「もう一度食べてみたい」という感じの他所に無い味でした。
同じような「不思議な味」は八王子バイパス沿いにある長浜ラーメンの店です。
豚骨ではなく比内地鶏に魚介ダシの変な長浜ラーメン。首をかしげながら4回ほど行ってます。

八王子のお店はなぜかラーメンを「中華そば」と書いているお店が多いように思えました(^^)

>>こんちゃん

KMさんは「心に響くラーメン」が大好きな方です。ラーメンの味そのもののほかに店の佇まい、立っている街並の風情、道中の心のうつろいを楽しまれる方。きっと参考になると思います(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/50549005

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン ちとせ@東京都八王子市:

« 六角堂 堀之内店@東京都八王子市 | トップページ | ラーメンショップ 122号騎西店@埼玉県加須市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ