« らーめん屋 いとう@埼玉県秩父市 | トップページ | 油濱 春日部店@埼玉県春日部市 »

2011年2月12日 (土)

ラーメン二郎 大宮店@埼玉県さいたま市

最近の町村合併や新しい市町村名はややこしい・・・
かつては大宮市と呼ばれたこの界隈は埼玉の一大都市である。

JR大宮駅近くの南銀座、「南銀」と呼ばれる繁華街にその店は佇む。

Dsc04365
当日は小雪が降っていたがカネシ中毒患者にはそんな物はお構いなし。

Dsc04369
11時40分頃到着。当然満席、待ちは10人ほど・・・ジョイントする。

Dsc04375   
食券は積極的に買っておこう。
中の店員から外待ち5人くらいの人に「食券見せて下さ~い」と提示を求められる。
食券を買ってから行列にジョイントする人も多い。

Dsc04377_2
「ラーメン」の食券購入。プラ製がうれしい。カウンターに置いたときの音が違う。
大方の二郎では「少なめ」にしても値段は一緒だがミニラーメンが安い価格で提供されるのはいいことだと思う。
普通のラーメンも600円台に抑えられているのがうれしい。

Dsc04372
15分ほど待って入店。狭い!

Dsc04379
食べている人の後ろを通って席に着くにも難儀する。二郎の中で一番狭いんじゃないだろうか?しかし客は気にしない。

Dsc04380
店員は男性二人。以前は女性店員を見たこともあった。
客は若い人が多いが自分位のおっさんもちらほら・・・
そして女に縁のないジロリアンが嫉妬するアベックも・・・

オペは5~6杯が1ロット。手際のよさや客の食べ方を見切る術はこちら大したもの。
以前来た時は着席前に自分のラーメンを作っていたようで「おいおい、まだ席に着いてないのに大丈夫かよ」と思ったが・・・提供直前に席が空いた。この見切りはすごい。
平ザルで麺上げ、そして丼に投入。その上からスープをかけ足していた。

Dsc04374
一応無料トッピングが貼られているが・・・
多くの客はそんなもの見なくても心得ているであろう。
しかしコールは店によって違う。丁寧に決まり文句「ニンニク入れますか?」と言ってくれる店は少ないのだ。
自分の前客に注意。その人への店員の動きに注意すること。そして・・・
店員の視線に注意。自分の方を見て「ラーメンの方・・・」これがコールである。

ニンニク・アブラでお願いする。
あらかじめベースの麺・ヤサイ・ぶたを作っておきコールで足してゆく・・・
着丼がこちらである。

Dsc04381
二郎としては異形であろう不透明な乳化スープである。青いキャベツはインスパイアには見られない鮮やかさ。
モヤシとキャベツの比率は8:2くらいであろうか?結構パリッとした固めの茹で具合。
もちろんバラツキはあると思う。

Dsc04382
乳化した油が細かい粒子となってカスミのごとくたなびく。油層は見えない。
粘度も低いコラーゲン少な目のライトスープ。加えてカネシは尖らず第一印象は「薄い」であった。今回は味薄め指定なしの自分でもそう思ったくらいマイルドな味である。

Dsc04384
麺は二郎標準のオーション使用の極太平打ち自家製麺。揉みが加えられウェーブがかかる。
しかし箸で持ち上げてダランと垂れ下がらない所がこの麺の茹で具合を示している。
固めで力強くしっかりした存在感がある。
低加水のガサガサした噛み応え。メッシュの粗いオーションならではのワイルドな舌触りはおおよそラーメンの常識からかけ離れた食感。鼻から息を抜くと固くて麦の粉っぽい香ばしさいっぱい。
加えて満腹感も持続しそう。まさに「ワシワシ食べる」感じである。

Dsc04385
ぶたはダシに煮られてうまみを出したダシガラ。直径6cm、厚みは7mmといったところか?
それが2枚。意外にしょっぱくなくて噛み締めるとぶたもうまみが滲み出す。

食べ進んでかき回しているうちにだんだん味が濃くなってくる。スープの醤油色が濃くなってくる・・・何の事はない、ダシとカエシが混ざり合っていなかったのだ。乳化スープではよくある事である。自分には丁度よかった・・・という事は世間標準では味薄め。某サイトで「カラメ推奨」の意味がわかった。

麺量はおおよそ250gくらいで二郎標準より2割がた少なめであろう。
自分のホームでは「もう一がんばり」というところで食べ終えた。
丼を持ってスープを一口飲む。家系のスープを思い出した。

おおよそ大人しめな二郎である。不特定多数の客が多い駅前という立地柄、二郎のクセを抑えたものであろうが賢明である。CPが高くて万人向き、そして「ちょっとだけ」癖になるラーメン・・・
そして意外にグルは少ないようですっきりした味であった。

Dsc04386_3
店内は一方通行、出口はこちら・・・

Dsc04370
Dsc04373
Dsc04367
ラーメン二郎 大宮店

埼玉県さいたま市大宮区下町1-25(地図)

TEL 不明

営業時間 11:00~14:00 17:00~22:00 日曜日11:00~15:00 17:00~22:00

定休日 火曜日 祝日

席数 カウンター11席

喫煙 不可

レンゲ なし

駐車場 なし(近くにコインパーキングたくさんあり)

メルマガ 00536538s@merumo.ne.jp

交通アクセス JR大宮駅東口下車。駅を背にして右手方面「南銀座」の繁華街の道を歩くと・・・

Dsc04363

こんな感じで看板と行列が見えます(^^)

« らーめん屋 いとう@埼玉県秩父市 | トップページ | 油濱 春日部店@埼玉県春日部市 »

ラーメン二郎」カテゴリの記事

コメント

こちらの二郎は開店の日に行ったきりですが
相変わらずの乳化ぶりですね。
トウガラシはトッピングからなくなったのでしょうか?

>>くいしん坊さん

最初は「麺少なめ」で頼んで少し残し、次に後に出来た?ミニをやっとこ完食の自分でした。
「デフォなんてとても食べきれない」と思っておりました。
しかし最近「自家製ラーメン大者」で頂いてるせいか?「あれ?こんなもんだったの?」の感想・・・
慣れって怖いですね。
唐辛子は現在トッピングから外された模様。しかしカウンターには唐辛子の容器が置かれています(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/50852725

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン二郎 大宮店@埼玉県さいたま市:

« らーめん屋 いとう@埼玉県秩父市 | トップページ | 油濱 春日部店@埼玉県春日部市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ