« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月26日 (土)

すみれ食堂@群馬県高崎市

江戸幕府直轄の重要拠点だった高崎城(和田城)・・・

Dsc04937_2
三代将軍徳川家光の弟、駿河大納言忠長公が不行跡のため高崎藩お預け、切腹したのもこの地である(近くの大信寺に墓がある)。

その店はそんな高崎城の堀近くに佇む・・・

Dsc04938_2
高崎市商業課が発行している「高崎まちなかランチマップ」という小冊子に掲載されていたこちら・・・「チャーシュー麺500円」は間違いではないか?と思ったほど・・・確かめに伺った。

Dsc04962_2
何と!デフォのラーメンは350円・・・
11時半頃入店。先客なし。つつましい感じのママさんが迎えてくれた。
こちらママさんが一人で切り盛りしているらしい。

Dsc04951_2
とにかくラーメン関係がば・か・や・す・い・・・
最も高価なチャーシューメンをお願いする。

Dsc04948_2
Dsc04947_2
昔ながらのビニールのテーブルクロスにガタガタ音のするパイプいす・・・
雰囲気最高である。

後客さんお二人・・・スーツにネクタイのビジネスマンであった。
10分ほどで着丼である。

Dsc04953_2
チャーシューメン 500円

500円は大いに安いと思われるイデタチのラーメンである。

Dsc04954_2
あっさりラーメンではない。わずかに濁り、油玉が多く浮く。

Dsc04956_2
安いからと侮るなかれ!結構ダシ感がある。加えて調理段階で出る屑野菜を利用したスープでもあろう。ほのかな甘みを感じる。

Dsc04957_2
麺は意外、中太の平打ち縮れで硬めのシコシコした茹で具合。
ダシ感あるスープにしっかりしたこの麺の組み合わせは絶妙・・・
やるねママさん。

Dsc04959_2
チャーシューはモモあたりの旨みの出る部分をダシに使ったダシガラ。しっとりしたものだがギチッと硬め。
特にカエシに味付けされておらず、噛むと最後の旨みがにじみ出る。
なぜかハムや塩着け肉のような塩辛さを感じた。

Dsc04960_2
メンマは塩漬け戻しであろう。コリコリした歯ごたえである。

こちらの向かいにはかつて市役所、消防署、郵便局などの官庁があった。
おそらくそんな人のオアシスだったのであろう。また、町行く人の「ちょっと小腹が空いてるからラーメンでも食うか・・・」の存在。
そんな人にありがたい安さ。そして価格を大きく上回る満足度であった。
大いにお勧めである。

Dsc04941_2
最近のラーメン屋は極端に好き嫌いのあるマニアックな店が話題になっているが・・・
普通であり続けることも重要ではないだろうか?

Dsc04961_2
Dsc04942_2
すみれ食堂

群馬県高崎市宮元町2(地図)

TEL 027-322-5314

営業時間 10:30~18:00

定休日 水曜日

席数 テーブル4卓 小上がり2卓

喫煙 不可

駐車場 なし

交通アクセス 国道17号を東京から前橋方面走行。「和田橋」信号右折、二つ目の「スズラン百貨店」のある信号左折、一つ目の信号右折左手。

2011年3月20日 (日)

おおぎやラーメン 高崎石原店@群馬県高崎市

群馬県民なら知らない人はいないと思われる。
群馬発祥、関東甲信越に果敢にチェーン展開しているおおぎや。
三連休は被災地の燃料不足を思い車に乗らないことに決めた。
店まで20分の道のりを歩く・・・

Dsc04901_4
おおぎやは直営店とフランチャイズの二系統あり。こちらはフランチャイズとの事である。
11時半ころであるがかなりお客は入っている。

Dsc04905_2_2
写真入りのメニューはうれしい。さらにラーメン注文の人にはライス無料サービス。
お得なセットメニューも多い。

Dsc04904_4
さらにランチメニューも・・・
ラーメンにプラス135円でサイドメニュー、ウーロン茶が付く。無論これにも無料ライスが付く。

一番人気のみそラーメンにぎょーざのAランチをお願いする。ちなみにこちらのコールは「ニンニク大丈夫ですか?」である。大丈夫ですと応える。

Dsc04914_2
店員は若い男性一人、女性3人の体制。男性は店主の息子さんだそうだ。
多種類のラーメンを手際よく作り分ける。チェーン店を侮るなかれ・・・10分程でまずぎょーざ、そしてライス。ちょっと遅れて着丼である。

Dsc04923_2

みそラーメン 615円+Aランチ(餃子ほか) 135円

結構なオロシニンニクが中央に鎮座する。

Dsc04924_2_2
明るいスープの色である。適度に油と赤い粒(唐辛子)が見える。
もやし、コーン、ねぎのトッピングの配色バランスもいい。見た目もおいしさのひとつである。

Dsc04925_2
ダシ感控えめ。柔らかな味噌味に依存のスープはほのかに甘めのやさしい味。
こだわりの味噌は北海道産味噌を自社でブレンド。ニンニクとの相性は絶品・・・

Dsc04926_2
必殺ラー油かけまわし!
辛いのが好きだけど貧しいゆえ辛みそラーメンを頼めない自分の昔からの技である。

Dsc04928_2
麺も安中工場で作られる自社製。
原料は大手製粉メーカーの中華麺の定番の銘柄。
中太、わずかにウェーブしたモチモチシコシコした濃厚な味噌スープよくバランスしたもの。ちょっと硬めの絶妙な茹で具合。おおぎやウマー・・・

Dsc04921_2
ぎょーざも沼田工場で作られる自社製。パリッとした焼き面が香ばしい。

Dsc04922_2
おそらく「安い割に結構食える」と全国で人気の群馬県産米と思われる無料ライス。若干柔目の炊き具合。一杯おかわりできます。
以前、友人と別のおおぎやで食べた時、「なんてくそまずい飯だ!」と憤慨しながら二人ともおかわりして全部食べてしまった事がある。スープを味噌汁代わりに・・・

Dsc04917_2
カウンターにはこんな物もあるのがうれしい。

おおよそラヲタからはアウトオブ眼中のチェーン店・・・それはおそらく「チェーン=業務用スープ=まずい」と思い込んでいるのではないだろうか?しかしそれは多くの客入りが間違いと指摘している。まずいラーメン屋にはたして客が来るだろうか?

Dsc04918_2_2
家族連れが多い。それはとりもなおさず「誰が食べても文句の出ない」最大公約数の味。老若男女、誰でも安心して入れる味なのだ。
しかしながら世間の嗜好の変化を踏まえつつ、そんな味を作り続ける事は相当の努力を要すると思われる。絶えず幅広い市場調査が行われているのではないだろうか?

Dsc04919_2 
Dsc04912_3
Dsc04913_2
サイドメニューの充実ぶりも大切。店のオリジナルも・・・

Dsc04915_2
ラヲタは「餃子やチャーハンを出すラーメン屋は邪道」とほざいているようであるが・・・
ラヲタでない、一般の客で今日もおおぎやは賑わっている。

1972年に安中で創業。最初は「くるまや」の一支店だったこちら・・・
それから40年以上・・・今や約60店舗を構えるに至る。
まさに「群馬の誉」であろう・・・

Dsc04902_2
Dsc04903_2
おおぎやラーメン 高崎石原店

群馬県高崎市石原町1467(地図)

TEL 027-328-8877

営業時間 11:00~(終了不明)

定休日 年中無休

席数 カウンター6席 テーブル5卓 小上がり2卓

喫煙 可

駐車場 あり(10台位)

ホームページ http://www.oogiya.com/index.html

交通アクセス 国道17号を埼玉県から前橋方面へ走行。「下之城町」信号の三つ先の「城南大橋」信号を左折、一つ目の信号右折。一つ目の信号手前右手。

2011年3月18日 (金)

東北関東大震災チャリティーイベントのお知らせ@長野県

※ブロガーのみなさまへ※
東日本大震災のチャリティーイベントをもっと多くの方に知ってもらいたいので、みなさんのブログにて紹介・告知していただければありがたいです。
本記事の内容をコピーしていただいても構いませんので、どうぞよろしくお願いします。

東日本大震災におけるチャリティーイベントのご紹介です。
よろしければ、ぜひみなさんも足を運んでみて下さい。

【寸八グループ チャリティーイベント】

Dsc08246 Dsc07822 Dsc08234

3月23日(水曜日) 11:30~14:30 寸八グループ(らあめん 寸八・上田らあめん はち・あずさ川らあめん つき)の各店においてチャリティーイベントが行われます。
当日の売り上げは全額募金され、チャリティーイベントの限定も提供されるとのことです。
なお、当日は今月の限定麺の提供はありません。

【信州生麺三銃士&麺賊 夢我夢中 チャリティーイベント】

Dsc08451

3月23日(水曜日) 11:00~20:00 小諸駅前において、チャリティーイベントが行われます。
信州生麺三銃士によるチャリティーラーメン、および麺賊 夢我夢中&移動販売 盛いちによるコラボチャリティーラーメンが提供されます。
ラーメンは両方とも一杯500円での販売となり、各100杯ずつを予定しており、売り上げの半分を義援金とします。
他にチャリティーTシャツの販売、街頭募金活動を致します。
当日、ボランティアで募金活動して頂ける方も募集しております。

【おおぼしグループ チャリティーイベント】

Dsc05747 Ooboshi_matsumoto Dsc08479

3月23日(水曜日) 17:30~22:30(あかつきは~22:00) おおぼしグループ(おおぼし 上田本店・おおぼし 松本平田店・あかつき 長野千曲店)において、チャリティーイベントが行われます。
ラーメン全品を500円で提供し、売上の全額を『日本ラーメン協会』また『信州麺友会』を通じて寄附いたします。

長野の人気ブロガーまちゃ氏の記事をそのまま転載する。
あまり報道されないが長野県北部も地震による甚大な被害を蒙った・・・
東北地方の被災者と胸中は同じであろう。

そしてそれは信州を愛する自分も同じである・・・

人気ブログランキング

2011年3月15日 (火)

東北関東大震災

本日、未曾有の国難「東北関東大震災」の義援金を納めさせていただいた。

Dsc04891
柳井正(ユニクロ会長兼社長)の21億円、ぺ・ヨンジュン(朝鮮俳優)の10億ウォン(日本円で約7,200万円)、GLAY(日本のミュージシャン)の2,000万円からみ見れば屁のような金額であるが貧しい自分、平にお許し願いたい。

Dsc04890
募金は高崎市役所窓口(日本赤十字社経由)で行なった。
他にも募金を募るところもあるが・・・

民間団体は中間マージンのピンハネも多いらしい。
日本ユニセフ(アグネス・チャン)よりただのユニセフ(黒柳徹子)のほうが搾取は少ないらしいが・・・それに募金詐欺の危険もある。その点、地方自治体は安心。

政党でも義援金を受け付けているが信用できない。自分の支持政党の日本共産党では革命資金になるおそれがある。
まして民主党ならその義援金は被災者に届くことは永遠にないであろう。民主に義援金を送ることは売国行為であると思う。

群馬に縁のある皇后陛下は日本赤十字社の名誉総裁・・・
自分は思う。皇后・美智子様は光明皇后の生まれ変わりであると・・・

Dsc04892
そして今回の災害に際し、最もうれしかったことは台湾(中華民国)からのご支援である。義援金は日本円で3億円以上・・・
日本による60年の植民地支配・・・しかしそれを恨むどころか「台湾の近代化は日本統治のおかげ」と評価してくれる。それは戦後60年以上経っても変わらない。
中国に媚びて、わが国が長い間無視してきたにもかかわらず・・・である。
何かと言うとすぐ「謝罪・賠償」と火病る朝鮮とは大違いである。

自分は有名ブロガーのように義援金を呼びかけるなどという偉そうな事できない。

しかしこの記事をご覧になった方が「何か」を感じて頂けたら幸いである。

2011年3月14日 (月)

寿楽@長野県長野市

中部のBigCity長野市・・・
長野市の中心部近くの路地にその店は佇む・・・

Dsc04819_2
古くから営業のこちら・・・
名物はあんかけ焼きそばと「裏メニュー」だという。はたして裏メニューとは?

11時半頃到着。普通の中華屋・食堂の雰囲気である。先客は若い男性であった。

Dsc04824_2
Dsc04825_2
Dsc04823_2
うわ、メニューが裏書き・・・鏡に映ったのではない。まさに「裏メニュー」である。
ラジオ丼てどんなんでしょうか?次回の宿題に・・・

Dsc04827_2
Dsc04837_2
カウンター&テーブルの典型的な中華屋、食堂の店内。
名物の焼そばが定番だろうが・・・ラヲタの自分は店の方にタンメンをお願いする。

Dsc04832_2
こちらの女性店員はご姉妹。年季の入った貫禄一杯な厨房で鍋を振るう姿はなかなか堂にいっている。
「逆文字書くの上手ですね?」と聞くと「人間何かしら取柄があるもんですね」と・・・

手際よく中華鍋を振るう店員。10分後にご対麺・・・

Dsc04844_2
タンメン 700円

結構大きめな丼に大きめに刻まれた野菜が盛り上がる。

Dsc04846_2
茶色く濁ったスープはあまりタンメンではお目にかかれない色である。

Dsc04848_2
長野ラーメンの特徴どおり、塩気控えめ、ダシ感が前に出る味わい。
しかし一味足りない感じの優しい味である。この奥ゆかしさが心を和ませる。

Dsc04849_2
メンは細めのウェーブ。
茹で具合はカリポリ固めの茹で具合。かなり麺の主張は強い。
野菜はキャベツ、モヤシ、タマネギ、にんじん等。茹で具合は結構各野菜の噛み応えと味わいを感じた。
正直、麺量は160~180gと普通のラーメン並だが結構野菜のボリュームあり。

思えば麺も野菜も焼そばと共用している感がある。物足りなさからついついコショウに手が伸びる。
一味控えめな味でスープまで完飲したくなるのが長野ラーメン・・・当然完食・完飲であった。

Dsc04841_2
こちらは基本大盛り。確かにボリュームあり。加えて他の客が食べていた焼そばやカツカレーのカツの大きさにびっくりした。

信州大学も近いこちら。お金のない食べ盛りの学生さんの常連も多いと思われる。
そんな人に安いお金でおなか一杯になってもらいたい・・・
東京の「ラーメン二郎」と同じ心意気である。

長野県人の二郎崇拝は異常。ゆえに長野に二郎を模倣した店は数多く存在するが・・・
形だけのニセモノより、こちらは二郎と同じスピリットを持っていると思う。

Dsc04821_2 
駐車場はこちら・・・

Dsc04829_2
Dsc04820_2
Dsc04851_2_2
寿楽

長野県長野市柳町1240(地図)

TEL 026-232-7711

営業時間 11:00~13:30 17:00~19:00

定休日 日曜日 祝日

席数 カウンター6席 テーブル3卓

喫煙 不可

駐車場 あり(5台)

交通アクセス JR長野駅前の「長野大通」を上越方面へ走行。権堂駅を過ぎた「田町西」信号右折。四つ目の「柳町団地」信号左折、約20m先右側。

2011年3月12日 (土)

イナリ食堂@長野県飯山市

3月11日、日本列島を史上最大の地震が襲った。東北地方太平洋沖地震・・・
その反動か?日本海側でも地震発生・・・3月12日未明、自分の「心のふるさと」である長野県北部を襲った。

いても立ってもいられない心境・・・群馬は比較的軽症だったが・・・
家族の「まだ安心できないぞ」の言葉を背中に受けて現地に赴いた。

国道117号線を北上・・・

Dsc04856
しかし・・・緊急事態のため交通規制・・・
思えばド素人の自分に何が出来ようか?心意気だけでは何も出来ぬ。足手まといになるだけ・・・泣く泣く引き返した。

Dsc04858
近くのラーメン屋で昼食を取る。店内には煮干の香りが漂う・・・

Dsc04859
昼時でほぼ満席状態だが客はテレビの報道に釘付けであった。
無理もない。長野県栄村の被害はほとんど報道されないが同じ傷を負ったのだから・・・

Dsc04875_2
Dsc04866
Dsc04878
Dsc04874
Dsc04879_2
Dsc04880
Dsc04881
Dsc04883
Dsc04884
Dsc04886
中華そばをお願いした。煮干の風味いっぱい。しかしあっさりではなく油は多め。麺はモチモチした角断面の多加水麺。スープは自分の長野ラーメンのイメージではない甘クドしょっぱいカエシが支配的なものであったと思う。
メンマは乾燥戻しでシャクシャクな食感、チャーシューは赤身多いダシを取るのが目的と思われる部分、これが2枚。どちらもカエシで味付けされた物か?
しかし正直、心乱れて味はほとんど覚えていない・・・

萌えな女店員に聞いてみると・・・橋に亀裂が入ったり陥没したりとひどい状態だと・・・

今回の地震。自分は民主党政権の売国行為に対する天の怒りであると思う。
菅によるソ連への北方領土譲渡、仙石の中共による尖閣を守る海保への攻撃容認、土肥による朝鮮への竹島譲渡。加えて・・・

蓮舫(支那人)「二百年に一度の地震に備えてお金を使う必要があるんですか?」
災害埋蔵金=(災害対策予備費 ・学校耐震化予算・地震再保険特別会計)を全て事業仕分け(廃止)、子育て手当て(在日外国人)へ。

前原(在日朝鮮人から献金受託)麻生政権で緊急対策で組まれた耐震補強工事予算を全て廃止。予算は高校(朝鮮学校)無償化へ。

どちらも日本国民の血税を在日外国人に貢ぐための政策である。
こんな売国奴に虐殺された日本国民は一千数百人、犠牲はあまりにも大きかった・・・

災害の犠牲者の冥福を祈るとともに、被災地の皆様のご無事と、一刻も早い復旧を・・・と、心より願う次第である。

Dsc04864

Dsc04860_2   
イナリ食堂

長野県飯山市飯山205-2(地図)

TEL 0269-62-2372

営業時間 11:30~20:00

定休日 木曜日(祝日は営業)

席数 長テーブル(6人掛け)1卓 テーブル(4人掛け)2卓 小上がり4卓

喫煙 可

駐車場 あり(店前7台位)

交通アクセス 国道18号を長野から新潟上越方面走行。「浅野」信号を中野、飯山方面(国道117号)方面へ。「北畑南」信号を左方面へ、一つ目の「北畑」信号を右折、県道38号の陸橋をくぐって約30m先左。

Dsc04887
117号(バイパス)を走っていると下の方にこんな感じで見えます。

2011年3月 7日 (月)

みかわ食堂@群馬県藤岡市

町村合併で藤岡市に編入された鬼石町・・・三波石や冬に咲く「寒桜」で有名な町である。
町名から、何と節分の掛け声は「鬼は内」・・・

小さな町。こちらはその本通り沿いに佇む・・・

Dsc04730
鬼石の同僚から教えられた。
何でもソースカツ丼が名物だと・・・カツ丼に興味はないが、ラーメンもあると言うことで「ラーメンついでに」カツ丼という事で行ってみた。どこにでもある近所の食堂である。

Dsc04713
店内は明るくさっぱりした佇まい。テーブルと小上がり席のくつろげる風景。
先着は年配の男性二人・・・ご近所の方であろう。

エプロン姿の女性店員が3人、店主と思われる男性一人。
「いらっしゃいませ~」とお茶とおしぼりが到着、食堂ならではである。

Dsc04707
壁に掲げられたメニュー・・・
ラーメン類、ご飯物、定食、一品料理などなかなか豊富・・・
「御寿司」「御赤飯」「御弁当」のメニューもある。これは町内の法事でこちらがよく利用されている証。事実、後客は黒服の団体さん・・・二階に上っていった。

鬼石美人にラーメンと名物のソースカツ丼をお願いする。十数分後、一緒に着丼である。

Dsc04718

ラーメン 600円

ちょっと大きめな丼。チャーシューの大きさに目を惹かれる。

Dsc04719

おおよその日本人がイメージする「中華そば」である。最近のラーメン屋でラーメンを頼むと「これのどこがラーメンだんべ~か?」と思うラーメンばかりだが・・・
ラーメン=支那そば=中華そばの姿であるべきだと思う。

Dsc04720
琥珀色のスープに刻みネギが浮かぶのがなんともはやうれしいではないか?

ガラ感控えめ、ダシ感控えめ。食堂で多く発生する屑野菜で取られたスープはラヲタには物足りないと思う。そして化調も強くなく淡い感じのスープである。
自分にとっては心和む味・・・

Dsc04721
麺は中太の正方形、わずかにウェーブ・・・色から想像できるように加水率は低そうな麺。
それゆえ悠長に撮影しているとどんどん伸びて来るタイプ。
かん水臭は感じられずモチモチ感少なめ。なんとなく地粉の風味を感じたのは錯覚か?

Dsc04723
巨大なチャーシューは高崎の某人気店に負けていない。もっとも厚さは常識的だが・・・
ダシを取るための赤み多い部分のダシガラであろう。
特にカエシで味付けのために煮られていないせいもあって自然な味。スープとの相性は抜群。

Dsc04722
Dsc04724
定番のメンマとナルト。最近のラーメンでは廃れ気味な物であろうが・・・
そして海苔。これがないとラーメン気分が出ないと言う人も多いと思う。

最近は麺とスープを別々にした魚臭くて油っぽい「もりそば」や化調大量投入で味をごまかす、盛りだけが自慢の「ニンニク入れますか?」のラーメンが人気のようだが、実は長年多くの人に愛され続けているのはこんなお店である。

商売の極意。「商いは飽きない」・・・いかに客を飽きさせないか?
こちら、毎日食べても飽きないラーメンであると思う。

そして名物のソースカツ丼・・・

Dsc04726
ソースカツ丼 800円

ソースカツ丼と言えば、ソースに漬けられて茶色いカツを想像するであろうが・・・
鮮やかな狐色のいでたちである。
フタをあけたときにふわっと立ち昇る甘い匂い・・・

Dsc04727
ソースと言うより軽め甘めのタレといった感じである。
適度に掛けられるためさっくり香ばしい歯ざわりを残している。
衣にも工夫を施しているのであろう。衣の風味に感激したのは始めてである。

Dsc04728_2
噛むと衣の香ばしさとともに肉のうまみが口中で二重奏を奏でる・・・
まことに名物。同僚が自慢するわけがわかる・・・

Dsc04725_2

こんな突き出しも付く。お新香、ほうれん草のごま汚し、デザートのみかん・・・
贅沢な気分いっぱい・・・

Dsc04729
Dsc04706
Dsc04704
みかわ食堂

群馬県藤岡市鬼石153-1(地図)

TEL 0274-52-2066

営業時間 11:30~20:00

定休日 月曜日 

席数 テーブル4卓 小上がり3卓 二階席もある模様。

駐車場 あり(10台位)

喫煙 不明

交通アクセス 国道462号を藤岡市街から神流町方面へ走行。「諏訪」信号を左、鬼石市街、長瀞方面へ。「本町」信号を超えて約500m先左手。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ