« すみれ食堂@群馬県高崎市 | トップページ | みみずく@埼玉県久喜市 »

2011年4月 3日 (日)

山猫軒@埼玉県朝霞市

今朝、久々にラー友より「今日はどちらですか?」のメールあり。
ラー友はこのたびの東北関東大震災で自身のブログ更新を自粛していたが・・・

こちら「ラーメンマップ埼玉12」の表紙にもなったお店である。

Dsc05015
11時40分頃、近くのコインパに車を止めて店に向かう。
待ち人なし、やった!と思ったが・・・

Dsc04993 
いきなり満員御礼・・・Orz
外にある席に座って空くのを待つ。その間に店外に貼られたメニューを見てオーダーを決める。

Dsc04991
ファーストロット?がぱらぱら退店。10分ほどしてママさんの声がけで入店。
誠実そうなママさん萌え・・・

Dsc04996
Dsc05002
ふんわりとした和風な香りが漂う店内。ラー友に言わせれば「うどん屋の香り」だという。
日本人のほっとする香りである。

店主は夭折したみちのくの語りべ・宮沢賢治の大ファン、店名も作品にちなんだ物と聞く。
おそらく東北を愛すると思われる店主。今回の大震災も人ごとではあるまい。
心を傷めていると思われる。

Dsc05001
こんな貼り紙があった。
しかしこれは玉子の入手困難よりも「貴重な玉子を被災地に譲った」と思うのは考え過ぎであろうか?
自分は職業柄、東北の商材を多く扱うが東北ナンバーの車が来ると「大変だったでしょう」と頭を下げる。
ラー友共々ママさんにオーダーを告げる。10分後着丼である。

Dsc05005_2   
中華そば(細麺) 650円

以前一度頂いたことがある。
以前は濃厚醤油と魚介ダシと思ったが・・・

Dsc05006   

細かな魚粉が見える。甘い香りが立ち昇る・・・

Dsc05007
表面を熱いラードが覆う。かなり熱いので注意されたし。
自分の経験ではもちもちの木のスープを彷彿させる。ラー友は永福大勝軒の味とも言う。

Dsc05008
この主張の強いスープに負けないように「太麺」を選んだが正解。
力強い噛み応えのあるもっちりな食感は「硬い」のとは違う。
魚粉が麺に付着してマッチする。
わかりやすい鶏、豚、魚介のバランスのいい味わいながらもくどさや押し付けがましさは一切ない。このあたりは作り手のセンスか?

Dsc05010
チャーシューはバラロール。ダシに煮られて旨みを取られた後、カエシに漬けられた物であろう。さらにそれを一炙り・・・
本来は廃物利用だがやりかたによっては見事な一品になるいい見本。

Dsc05011
十分手間をかけたと思われるメンマ。おそらく乾燥戻しと推測。
味付けはカエシによるものだと思われる一体感がある。それでいてメンマの味を感じさせるチューニング・・・素材の一つ一つにこだわりを感じる。

以前より醤油の濃厚さが控えめになり魚介が前に出てきた感じであった。
しかし決して甘クド過ぎずわずかに控えめ、そのためスープ完飲してしまった・・・

Dsc05012

お勘定のときママさんに「一年前に食べた時よりおいしくなってますね」と声をかけてしまった。日々精進しているとのことであった。

二軒隣には超ビッグネームの店がある。
しかしこちらはそれに1歩も引けを取らない人気を誇る店であろうと思う。

Dsc04989_4_2

Dsc04988
Dsc04986
Dsc04992
山猫軒

埼玉県朝霞市三原3-1-34(地図)

TEL 048-465-6852

営業時間 11:30~15:30(スープ切れ終了)

定休日 月曜日

席数 カウンター6席 テーブル4卓

喫煙 不可

駐車場 なし(近くにコインパーキングあり)

交通アクセス 県道112号線を志木より朝霞方面へ走行。「宮戸防犯パトロールステーション」信号右折。東武東上線の陸橋を渡り、歩道橋を超えたすぐ右手。

« すみれ食堂@群馬県高崎市 | トップページ | みみずく@埼玉県久喜市 »

埼玉のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/51293843

この記事へのトラックバック一覧です: 山猫軒@埼玉県朝霞市:

« すみれ食堂@群馬県高崎市 | トップページ | みみずく@埼玉県久喜市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ