« うから家から@福島県福島市 | トップページ | しんちゃんラーメン@栃木県佐野市 »

2011年5月23日 (月)

正月屋分店 石川屋@福島県福島市

災害見舞いのついでのラーメン2軒目。こちら同県郡山の名店正月屋の分店である。
阿武隈川程近くにその店は佇む。

Dsc05823
14時頃到着。土曜ゆえ、客はまばらなれどランダムに来店する。

Dsc05827
さっぱりとした店内は清潔感一杯。木のぬくもりを最大限に生かしている。
若い男子二人、女性二人で切り盛りする。

Dsc05828
元来、シンプルな塩ラーメンが好きな自分。加えて塩ラーメンこそ作り手の腕が一番わかる。お冷を持って来てくれた福島美人に「塩そば」をお願いする。

Dsc05830
向こうに見えた製麺機。自家製麺の様であった。店の意気込みが見える。
店員の動きは無駄がない。7分ほどで着丼である。

Dsc05834
塩そば 650円

トレンディーな塩ラーメンのビジュアルである。貝割れの緑がワンポイント。

Dsc05836
透明なスープの向こうに縮れ細麺が見える。焦がしネギが香ばしい。

Dsc05837
黄金色のスープ。立ち昇る風味は甲殻類。香味油はエビ油と思う。しかし控えめ。
奥ゆかしい鶏と魚介の絶妙なバランス。それをアシストする塩味・・・

そして熱いスープ・・・寒い地方にとっては何よりのご馳走。

Dsc05839
麺は細縮れ麺。加水率は低めで小麦の甘みと香り、そしてすすった時の「ぞぞぞぞ」という音がラーメンを食べている事を実感させる。

Dsc05841_2
全体的に軽快感一杯のこのラーメン。メンマも浅めの味付けで食感シャッキリ。

Dsc05843_2
どこかで見たような大きなチャーシューは外側に醤油のカエシ、赤肉は豚の旨み一杯。見事なバランスを保つ。こちら伊達地鶏使用。心なしか地鶏研と関係があるのでは?と思ってしまう。

シンプルなスープと麺の組み合わせ。それをアシストしているトッピング。
食べ進むごとに新しい味わいを感じ飽きない。バランスがいい事の証明であろう。

Dsc05844_2
気がつけば完食、完飲・・・至福を堪能した。

決してインパクトのある味ではないが、誰もが自然に完食するであろううまさである。
ラー友は「福島ラーメンならではの奥ゆかしさ」と賞賛していた。

奥州人の人情の厚さを具現化していると思う・・・

Dsc05825
Dsc05824

Dsc05845

正月屋分店 石川屋

福島県福島市南町449(地図)

TEL 024-539-7794

営業時間 11:00~15:00、17:00~20:30

定休日 火曜日

席数 カウンター8席 テーブル4卓

駐車場 あり(共同20台)

喫煙 不明

交通アクセス 国道4号線を二本松から福島市方面へ走行。「鳥谷野」信号左折、一つ目の信号を右折、約300m先右手。

« うから家から@福島県福島市 | トップページ | しんちゃんラーメン@栃木県佐野市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/51750145

この記事へのトラックバック一覧です: 正月屋分店 石川屋@福島県福島市:

« うから家から@福島県福島市 | トップページ | しんちゃんラーメン@栃木県佐野市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ