« らーめんこじろう526 日暮里店@東京都荒川区 | トップページ | 麺処 めの娘 高崎店 2@群馬県高崎市 »

2011年6月28日 (火)

スワンナプーム@群馬県高崎市

街を歩いていてもついつい「麺」「ラーメン」の文字に目が行ってしまう自分である。こちらのラーメンの文字に「うおっ!」・・・

Cimg7838
タイラーメン、トムヤムクンラーメンとある。タイ料理は一度しか食べたことはないが・・・ラーメンとあれば試してみよう。

Cimg7839
メニュー。
お値段はお手ごろである。早速入店・・・

Cimg7840
中では健康的なママさんが迎えてくれた。
正午前なので先客なし。さっぱりした店内である。

Cimg7846
Cimg7848
タイ料理は自分流の味付けするのが当たり前。ゆえに卓上には調味料が標準装備。砂糖はコーヒー用かと思ったら料理にも掛けるらしい。

最近猛暑が続く。35℃オーバーも珍しくない。そんな中、暑い国・タイの食事はうってつけかもしれない。夏バテ対策である。それには辛さが一番。
世界三大スープと言われるトムヤムクンのラーメンをお願いする。

Cimg7843
壁にはタイの国王陛下の肖像画が掛けられている。以前に行った店もそうであった。ちなみにタイもわが国も同じ「王国」である。ゆえに親交が深い。

ママさんに「前に行った店にも王様の写真がありました」と言うと「タイでは家にも飾ってあります」と・・・いかに国民に慕われているかわかる。

逆に「日本はなぜ王様の写真を飾らないのですか?」と言われた。
敗戦後の民主主義教育で愛国心を持つことや皇室を敬う事は「悪」とされた日本・・・恥ずかしい限りであった。

ちなみに自分の部屋には昭和帝と皇后陛下の御成婚時の写真が飾ってある。

天皇陛下万歳 大日本帝国万歳

Cimg7845
アロワナに睨まれる事10分・・・ご対麺である。

Cimg7850
トムヤムクンラーメン 700円

一見、辛シメジラーメンのように見える。黒い丼に赤いスープ、白いシメジ、緑のアサツキの配色。

Cimg7851
しかし朝鮮のカルビラーメンのようにギラギラ油は浮かない。

Cimg7852
ほのかな辛味とほのかな酸味のスープ。
まったりしたコクはココナッツミルクであろう。

「トム (ต้ม)」は煮る、「ヤム (ยำ)」は混ぜる、「クン (กุ้ง)」は海老のことらしい。
和訳すれば「海老入りスープ」であろうか?海鮮、鶏あたりのベースにナンプラー(東南アジアで多く使われる魚醤)。

Cimg7855
日本では一般に「ビーフン」と呼ばれるがタイでは「センミー」と呼ばれる米粉を使った細麺。タイは世界的な米の産地、麺は小麦粉ではなく米粉を使う。
唇で噛むとハルサメのようなプツプツした食感が小気味いい。

Cimg7857
Cimg7853
その名のとおり、海老やタコの海鮮が入る。

Cimg7856
酸味の正体はレモングラスの茎であろうか?イネ科の植物だが名のとおりレモンのような香りと酸味をもたらす。

おおよそ日本にはない「甘酸っぱ辛うまい」であった。
4種類のうまみのスープに舌鼓を打つ。サバサバと麺を掻っ込んでむさぼり食う・・・心なしか胃が火照って活発に活動しているように感じた。
適度な辛さにうっすら汗が出る。血液の循環もよくなったようで爽快感を感じた。体が軽くなったような気がした。

日本人は体の冷えによる疲れや生活習慣病の方が多いらしい。
しかしその多くは体を温め、血行を促し新陳代謝を促進する事で多くの症状が改善されると言う。

タイ料理を食べて猛暑を乗り切るべし!大いにお勧めである。

Cimg7863
Cimg7864
スワンナプーム

群馬県高崎市八千代町1-17-8 八千代ビル1F(地図)

TEL 027-325-6653

営業時間 11:00~15:00 18:00~23:00

定休日 水曜日

席数 カウンター3席 テーブル5卓

喫煙 可

駐車場 あり(店前)

交通アクセス 国道17号を熊谷から前橋方面走行。「和田橋」信号左折、烏川を渡って二つ目の「消防署南」信号右折。約400m先右手。   

« らーめんこじろう526 日暮里店@東京都荒川区 | トップページ | 麺処 めの娘 高崎店 2@群馬県高崎市 »

群馬のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

さすがに詳しいですね~~sign01
センミーを知ってるとは驚きです。
あちらではお馴染みの4種の調味料。
砂糖は辛さを増すために唐辛子を大量に入れて、砂糖をスプーン2~3杯入れます。
あちらで一般的なのはセンレック、こちらで言えば通常の麺と広い解釈になりますが。
さらに幅広麺のセンヤイがあります。
そして、自分が嵌ったのがこちらで言うチャーハン、「カオパット」です。
タイの料理は皆旨いですよgood

>>Z3さん

タイ通の貴殿に閲覧していただきうれしいやらはずかしいやら・・・
タイ料理には無知、いろいろ調べました。本来は本場食材としてコブミカンやフクロ茸など入ると思われます。伊勢崎のタイ料理店の、同じ名称のラーメンには入ってました(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/52067739

この記事へのトラックバック一覧です: スワンナプーム@群馬県高崎市:

« らーめんこじろう526 日暮里店@東京都荒川区 | トップページ | 麺処 めの娘 高崎店 2@群馬県高崎市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ