« らーめん一平 喜多方本店@福島県喜多方市 | トップページ | もてぎ食堂@栃木県足利市 »

2011年6月19日 (日)

会津めん 大阪屋@福島県郡山市

猪苗代湖の南側は田園風景のどかな場所。元はかやぶき屋根だった面影が偲ばれる家が建ち並ぶ・・・そんな農村にその店は佇む。

Dsc06265
ちょうど11時頃到着。まだノレンも出ていない・・・が、車が止まっており先客の姿も見えた。入店する。

Dsc06274

Dsc06269_2
店内は歴史を刻まれた感じの調度品が並ぶ。テーブルのほか小上がりもある。

Dsc06267

メニューを拝見する。
この界隈には「ラヲタ」と呼ばれるキモい生物は皆無と思われオーソドックスなメニューが並ぶ。ご飯物、丼物、定食や餃子もある。お冷を頂いた福島美人にラーメンをお願いした。

Dsc06272
スタッフは男性1名、女性2名。右手の男性が店主であろうか?
しかし女性が率先して湯切りなど行っている。女性がテキパキしている群馬の様である。
まだ鍋に火が入っていなかったのか?若干待たされたが着丼。

Dsc06275
チャーシューメン 850円

大き目の丼。若干暗めな店内で、この琥珀色は奥ゆかしく思える。

Dsc06276
表面に油が適度に浮く。スタンダード、かつ最近少なくなった姿。

Dsc06279
まずスープ一すすり・・・口中にもうもうとしたガラ感が広がる。
醤油の尖りは皆無。味醂か?煮干か?化調か?甘み一杯のスープである。

Dsc06280_2
太いのが特徴の「会津めん」はもっちりした食感。わずかにウェーブ。
近くのご当地ラーメンの雄・喜多方ラーメンより太い分、小麦のうまみ、風味がいっぱい。
客層が年配者が多いせいか?柔目な茹で具合。

Dsc06282
チャーシューは腕肉であろうか?
運動する赤身はうまみいっぱいで最高にダシがでる。そのダシガラ。
しかしか嚙みしめるとうまみがにじみ出てくる。

Dsc06281
メンマは塩漬けを丁寧に戻し、再度味付けしたものであろう。
これとナルトをを噛むとほっとした気分になるから不思議だ。

Dsc06283
むさぼり完食してしまった事は言うまでもない。

食べている間に後客殺到。近所の方と見えて客同士で挨拶している・・・
年配のご夫婦が多い。みんなラーメン好きなのであろう。

自分を含め40代、50代、60代の方がイメージするラーメンの姿と味である。
最近のラーメンについていけない方へ。郡山まで行く価値は十分あると思う。

Dsc06284
自分のラーメンが出た後にノレンが掛けられた。

Dsc06266
会津めん 大阪屋

福島県郡山市湖南町福良中町76(地図)

TEL 024-983-2515 

営業時間 11:00~19:00(材料なくなり次第終)

定休日 火曜日 

席数 カウンター3席 テーブル5卓 小上がり3卓

喫煙 不可

駐車場 あり(店前4台。他あり)

交通アクセス 国道49号を会津若松市より猪苗代湖方面へ走行。「石山」信号を右折、国道294号をしばらく走行。県道236号と交わるT字路(信号なし)の先「福良郵便局」先約50m先右手。 

« らーめん一平 喜多方本店@福島県喜多方市 | トップページ | もてぎ食堂@栃木県足利市 »

福島のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/51987205

この記事へのトラックバック一覧です: 会津めん 大阪屋@福島県郡山市:

« らーめん一平 喜多方本店@福島県喜多方市 | トップページ | もてぎ食堂@栃木県足利市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ