« 大海軒 毛呂山店@埼玉県毛呂山町 | トップページ | ラーメン二郎 小岩店@東京都江戸川区 »

2011年7月22日 (金)

麺屋 加藤 3@埼玉県熊谷市

今年の夏の暑さは異常・・・特にこの界隈は日本有数の猛暑地帯である。
こちら近くのラー友の話では、限定で冷たいラーメンがあるという。

Dsc06865
昼の部のこちらは初めてである。店の前には県外ナンバーのバイクが・・・
暑い中、わざわざ遠くから来たのであろうか?

Dsc06856
ガテン系の先客さん。二つ空いたカウンターに着席。あたりを見回すも・・・限定の貼紙は見えない。しかしこんな事が書いてあった。

まぜそばにトマトかけ?

店主に聞いたところ生トマトが乗ってるとの事である。
こちらは魚介系、それにトマトを乗せてうまいのかよ・・・と思ったが・・・
とりあえずオーダーする。

先客さんの配膳を見る。何気にまぜそばが人気である。暑いせいもありラーメンは見られない。トマトが乗ったまぜも見える。

Dsc06859
後客ぞろぞろ・・・
一人で切り盛り、しかも丁寧なオペなので時間が掛かるのは仕方がない。
しかし決して手抜きしない店主である。10分後ご対麺である。

Dsc06860
まぜそば 650円+トマトかけ 100円

いや、なかなかカラフルではないか。

Dsc06861
生トマト、それにトマトソースが掛かる。自家製か?は不明。
埼玉県北にはトマトラーメンを出す店も珍しくない。トマトはうまみ成分のアミノ酸を多く含む。

Dsc06862
麺は三河屋製麺製。極太のもっちりした歯応えなれど最後に抵抗、腰がある。いつ食べても茹で具合は見事だと思う。

全体をよく混ぜる。意外や意外、魚介の甘みとトマトの甘みがよく融合、マッチする。元々調味料は少なめ、素材のうまみで食わせる設定であるから喧嘩しない。不思議なハーモニーを奏でている。
ほのかに酸味がさわやか、生野菜ということで新鮮さ、涼しさも感じられた。

保守的と思ったが、こちらなかなかチャレンジ精神旺盛のようだ。

正直、隠れ家にしておきたかったが・・・今年のラー本に載るそうである。
注目されそうな感じであるが、この仕事ぶりなら当然であると言えよう。

Dsc06857
どのメニューも尖った押し付けがましさはない。安心して頂けるやさしい味である。

Dsc06855

麺屋 加藤

埼玉県熊谷市三本1607-1(地図)

TEL 不明

営業時間 11:30~15:00 18:00~21:00

定休日 火曜日

席数 カウンター8席

喫煙 不可

駐車場 あり(4台)

交通アクセス 国道140号「武体西」信号から県道47号線を南下、「押切橋」信号角左手。

« 大海軒 毛呂山店@埼玉県毛呂山町 | トップページ | ラーメン二郎 小岩店@東京都江戸川区 »

埼玉のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/52269579

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋 加藤 3@埼玉県熊谷市:

« 大海軒 毛呂山店@埼玉県毛呂山町 | トップページ | ラーメン二郎 小岩店@東京都江戸川区 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ