« ホープ軒 千駄ヶ谷本店@東京都渋谷区 | トップページ | 嶋田屋@埼玉県松伏町 »

2011年7月26日 (火)

中華そば 古粋@長野県東御市

中仙道の風情が残る海野宿・・・
その店はそこからほど近いところにひっそりと佇む。

Dsc06983
「中華そば」のノボリがはためく。
本来は居酒屋。しかし7月より昼はラーメン屋として営業するとの事。
12時頃到着である。

Dsc06991
店内はウッド調で民芸風。宿場町の雰囲気を壊さない素朴な感じの店内である。穏やかな感じの男性が出迎えてくれる。

Dsc06986
小さなスタンドに入ったメニュー。
シンプルな構成は本業が居酒屋ゆえであろうが・・・
却って迷わなくていい。基本であろう「古粋中華そば」をお願いする。
麺は平打ち麺と細麺がセレクト可能。細麺でオーダー。

Dsc06989
Dsc06994
Dsc06993
飲み物メニューを一部紹介する。
長野はぶどうやおいしいお米の産地でもある。しかしながら水もすばらしい。ゆえにワイン工場や酒蔵もある。地ワインや地酒も提供する。

10分後、着丼であった。

Dsc06995
古粋中華そば 630円(税込)

いかにも田舎風の中華そばである。

Dsc06996
細かい油が浮かぶチョイ濁りの醤油スープ。しかし色ほどしょっぱくはない。

Dsc06997
トリガラベースに魚介節のふんわり甘い風味と味。
控えめしとやかな柔らかい味わいは素朴な信州ラーメンの味わい通りである。

Dsc06999
麺は最近見られなくなった懐かしの細縮れ麺。
結構硬めでカリポリ感あり。すすると「ぞぞぞぞ」と音がする。
やさしい味のスープを持ち上げ口の中に入ってくる快感はしばらく昔に味わった中華そばを思い出させる。

Dsc07002
チャーシューはバラ。ダシを取ったダシガラにカエシで煮られ味付された物であろう。これも昔ながらの手法。懐かしさいっぱいである。

Dsc07004
メンマは塩漬け戻しであろう。オーソドックスな物だが定番の輝きがある。

全くもって懐かしさ、素朴感あふれる一杯であった。
正直、もっと見た目に気を配ったり麺はもっともっちりタイプがいいとかの文句はあるが・・・スープの方向性はいいと思う。
お勘定のとき「いかがでしたか?」と聞かれたので上記の感想を言っておいた。しかし「居酒屋メインだから制約もあるでしょう」とも・・・

今後に期待したいラーメンであった。

この地に観光で訪れる人は多いと思う。こちらにはそんな人に「信州の素朴さ」を味わってもらえるラーメンを出して頂きたいと思う次第であった。

Dsc06985
昼はラーメン屋、夜は居酒屋。この営業形態のお店は多い。

Dsc07007
Dsc06984
中華そば 古粋

長野県東御市本海野1694-1(地図)

TEL  0268-64-6377

営業時間 11:30~15:00(14:00LO)

定休日 月曜日

席数 テーブル、小上がり40席

喫煙 不明

駐車場 あり

ホームページ http://ray-koiki.com/modules/koiki_news/index.php?page=article&storyid=3

交通アクセス 国道18号を小諸から上田方面走行。「海野宿入口」信号左折、約30m先左手。

« ホープ軒 千駄ヶ谷本店@東京都渋谷区 | トップページ | 嶋田屋@埼玉県松伏町 »

長野のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/52315198

この記事へのトラックバック一覧です: 中華そば 古粋@長野県東御市:

« ホープ軒 千駄ヶ谷本店@東京都渋谷区 | トップページ | 嶋田屋@埼玉県松伏町 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ