« 煮干し鰮らーめん 圓@東京都八王子市 | トップページ | 大海軒 毛呂山店@埼玉県毛呂山町 »

2011年7月20日 (水)

八作@東京都八王子市

アナタは大分ラーメンを知っているだろうか?
九州ラーメンと言えば博多・長浜が代表的。自分は初めてである。
国道20号沿いにその店は佇む。

Dsc06781_2
以前この界隈をふらついた折に見かけた。残念にも営業時間外であったが・・・
本日はこちらがターゲットだった。14時頃入店する。先客一名さま。

Dsc06787
カウンターのみの店内は「味で勝負」と言わんばかりの変な演出のないシンプルな感じで好感。

Dsc06786
メニュー。
ママさんに写真撮影を申し出ると快諾された。
塩とんこつだけの直球勝負。九州男児の潔さであろうか?「並」をお願いした。

Dsc06802
店の歴史が書かれている。なんと50年以上の歴史を持つ。
店主は三代目だと言う。

Dsc06791
お店の方はご夫婦と思われる男女。
寡黙にラーメンを作る店主とは対照的に笑顔のつつましい感じのママさん。
ラーメン屋は味ももちろんだが店の人柄も重点を占めると思う。

7分後、ママさんから丼を頂く。

Dsc06793
塩とんこつラーメン(並) 600円

九州ラーメンだからてっきり白濁スープと思っていたが・・・

Dsc06794
なかなか丁寧な仕事ぶりを裏付ける透明感高いスープ。

Dsc06795
一口目に感じる豚臭さは九州豚骨特有のインパクト。
しかしそれがサッと消えてすっきりしたうまみが舌の上に広がる。
低温でじっくりダシを取った感じの奥深い味である。塩がキレを与えてくれる。油が多く浮く。

Dsc06797
初代の修行先の久留米ラーメンの麺に似たストレートの低加水麺。
博多麺を太くした感じでモチボソの食感。麦の風味と甘み一杯。
あまり重くないスープと相まってサバサバいける。

Dsc06798
大分ラーメンのアイデンテティーか?モヤシが載る。茹で具合はシャキ。

Dsc06800
チャーシューはバラが二枚載る。
ダシを取るために使われた物だが浅めの味が期待できるピンクになった赤身。色どおりのほんのり豚のうまみが残る。

Dsc06799
味ばかりでなく彩りも備える半玉子。固まる寸前の究極の茹で具合がいい。

九州ラーメンは博多が有名なせいか白濁豚骨ラーメンのイメージであろうが実際の九州では鹿児島などのようにクセを押さえる所ももある。大分もその傾向であろうか?あっさり濃厚。なかなか出会えない味である。時を越えて尚、現代に通用する味・・・

正直、ネタのつもりで入ったが大当たりであった。大いにお勧めである。

Dsc06785
Dsc06784
Dsc06783

八作

東京都八王子市並木町14-19(地図)

TEL 不明

営業時間 11:00~15:00 18:00~23:00

定休日 木曜日

席数 カウンター15席

喫煙 不可

駐車場 あり(店裏3台)

交通アクセス 国道20号を八王子市街より高尾方面走行。「並木町」信号を過ぎて約250m先左手。トヨタ西東京カローラ向かい。

« 煮干し鰮らーめん 圓@東京都八王子市 | トップページ | 大海軒 毛呂山店@埼玉県毛呂山町 »

東京のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/52244176

この記事へのトラックバック一覧です: 八作@東京都八王子市:

« 煮干し鰮らーめん 圓@東京都八王子市 | トップページ | 大海軒 毛呂山店@埼玉県毛呂山町 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ