« ラーメンショップやまなか@埼玉県川越市 | トップページ | 小政食堂@新潟県上越市 »

2011年7月 8日 (金)

横浜ラーメン 一家@群馬県伊勢崎市

今年の夏の暑さは異常・・・

知り合いにタウンジャーナルを頂く。夏のラーメンの大特集といった感じで
各店の力作でページが賑わっている。
そんな中、こちらのラーメンに惹かれた。

Dsc06464
県道2号線沿いにその店は佇む。
以前は高崎で「横浜ラーメン高崎家」として営業。その後「一家」と名前を変えて伊勢崎、埼玉県上里で営業。そして再び伊勢崎に戻ってきた。

Dsc06491
かつて高崎家で頂いた「和風冷しつけめん」が忘れられなかった。
つけめんといえば濃厚豚骨魚介ばかりだった。その中であっさりした冷たい汁で頂くそれは夏の暑さを吹き飛ばしてくれた。
店がなくなりもう味わえないのかと落胆していたが、こちらで「冷し麺」として復活したらしい。

Dsc06467
食券制。
しかし「冷し麺」のボタンには「売切」が・・・Orz
店員に聞くと「お昼で終わったのをそのままにしてました」と機械操作。
赤い文字は消えた。なかなか人気の様である。

Dsc06475
食券とクーポン券(トッピング1品or小ライスサービス)を渡して着席する。
トッピングは味玉をオーダー。

Dsc06469
Dsc06473
店内はいささか殺風景。カウンターとテーブルのみとシンプル。
かなりゆとりがある。

Dsc06470
カウンターに置かれた調味料。猫が手招きする。

店員は男性二人。10分ほどで着丼であった。

Dsc06481 
和風冷し麺(クーポンで味玉) 500円。

清涼感あるガラスの丼。見ているだけで涼しくなるではないか。

Dsc06482
シンプルな構成が好感。
この時期あれこれトッピングの乗ったラーメンは熱苦しいだけだ。

Dsc06489
ちょっとだけ控えめの潔い塩味。ふんわり鰹風味や昆布のほのかな甘みが伝わる。ダシの素も使われているかも知れないが鼻につかない。
ちょこっと浮かぶラー油が風味と味にアクセントを付ける。

Dsc06485
麺はラーメン用よりは細い中細ストレートの平打ち。
しっかりした麺は冷水に〆られてなおさらしっかり、こりこりした食感。刻み海苔が風味よし。
表面のツヤどおり滑らかなすすり心地である。すすり心地のよさも夏のラーメンに大事であると思う。

Dsc06488
糖度が高く甘み一杯のほうれん草。
昨今の放射能騒ぎもあるがそんな事を言ったら食べる物が無くなって餓死すると思う。風評に惑わされないようにしたい。

Dsc06484
半熟の黄身がこのラーメンで唯一まったりした味を提供。
正直このラーメンにお勧めしたいトッピング。

Dsc06490
麺量はラーメンの1.5倍。220~230g位であろうか?
しかしさっぱり軽めでするする食べられた。しかし胃は満足。
スープまで完飲。ごちそうさまでした。

これが500円で食べられればそば、うどん屋で「もり」を頼むより腹持ちがいい分お得であろう。おおいにお勧めである。

Dsc06494
道端にも値段を書いた看板を置いてアピール。そしてそれは売り切れが発生している事で成功している。

Dsc06466
Dsc06493
Dsc06492
Dsc06465
横浜ラーメン 一家

群馬県伊勢崎市連取町3036-17(地図)

TEL 0270-25-4334

営業時間 11:00~14:30 18:00~22:00

定休日 月曜日

席数 カウンター5席 テーブル5卓

喫煙 可

駐車場 あり

交通アクセス 県道2号「前橋古河線」を前橋から伊勢崎方面へ走行。「連取町」信号超えて約250m先左手。向かいにアイオーしんきん、カメラのキタムラ。

« ラーメンショップやまなか@埼玉県川越市 | トップページ | 小政食堂@新潟県上越市 »

群馬のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/52154065

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜ラーメン 一家@群馬県伊勢崎市:

« ラーメンショップやまなか@埼玉県川越市 | トップページ | 小政食堂@新潟県上越市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ