« 八作@東京都八王子市 | トップページ | 麺屋 加藤 3@埼玉県熊谷市 »

2011年7月21日 (木)

大海軒 毛呂山店@埼玉県毛呂山町

全国的に有名な「大勝軒」は二つある。
一方はつけめんで有名な東池袋系、もう一方は煮干ダシの永福系である。

こちらは永福系のノレン分けのお店。毛呂山駅付近に佇む。

Dsc06846
同行したラー友のお気に入りのラーメンらしい。どうしても自分に食べさせたいのだとか?大張り切りで連れて来られた次第。16時頃到着である。

Dsc06831
食券制。
「中華そば」のボタンの大きさと値段にびっくり。
ちなみに総本山は1,000円を超えるという。ラー友曰く「ボリュームありますから」との事であった。中華そばのボタンをポチりお冷を持って着席する。

先客はファミリー一組。店内には煮干の甘い香りが漂う。

Dsc06832
昔ながらの外観とは裏腹に内装はシック。きっと古い店舗を改装したのであろう。ウッド調の落ち着ける雰囲気。
ちなみに隣には物置になってる旧店舗(雰囲気最高!)がある。

店員は夫婦と思われる男女であった。ママさんが麺上げをしていた。
10分後、店主と思われる男性から丼を受け取る。

Dsc06835
中華そば 800円

うお、顔が洗えるような巨大丼!
麺量を聞くと「300gです」と・・・おいおい、今日ラーメン三杯目だぞ。
「こりゃ食いきれないな」と、早々と降参宣言。

※ 小盛中華そばは150gと一般的な麺量です。

Dsc06837
表面は煮干ダシスープ特有のボンヤリした照りがある。表層はラードでコーティングされたような皮膜が見える。三角に切った海苔が永福系のトレードマーク。

Dsc06838_2
あちちちち・・・不用意に啜るとヤケドしそうな熱いラード層。
その下からガツン、しかしすっきりした煮干の甘みが顔を出す。細かい黒い粒は煮干の残骸であろう。醤油の塩気は尖らずダシをアシストする。

Dsc06840
オーソドックスな細めの中華玉子麺。加水率は低いと思われるが結構柔目の茹で具合。このボリュームではダマになっていた。
昔まがらのやさしいタイプでツルツルと啜り心地はよい。麺とスープとの味のバランスは良好。年配者にも喜ばれると思う。

Dsc06842
塩漬け戻しと思われるメンマ。丁寧に戻されあっさりな味付けになっている。カリポリした噛み応えがアクセント。

Dsc06844
チャーシューはダシに使われたと思うモモ。いいダシが出る部分で昔からのラーメンの技法を今に伝える。しっとりだがダシガラで味が抜け、部位的な事もあり硬め。食わせるチャーシューではない。しかし懐かしい味である。

Dsc06845
ナルトはかつてラーメンが「そば」であった証。
「の」の字を美しく感じる自分は古い人間なのだろうか?

かつて千葉の赤坂味一で頂いたラーメンが同じように見えた。同じ系統なのだろうか?かつそちらはお値段もうれしかった(500円)。

・・・そうこう思いをめぐらせているうちに食べきってしまった。
麺量300gは一般店の約2杯分、あのラーメン二郎と同じ麺量である。
しかも3杯目(麺量的には4杯分)である。これにはびっくり!

おそらく食べやすいラーメンなのだろう。これといってインパクトはない分嫌にならずに食べ進められる。二郎などは「早く目の前の物を胃に押し込んで店を出たい」と思うことしばしばであるがこちらは知らず知らずに完食であった。自分の空の丼を見てラー友がニヤリと笑ったように見えた。

永福系大勝軒恐るべし!おおいにお勧めである。

Dsc06847_2
フリーの客が多い駅近くという立地ゆえか?通し営業は安心。

Dsc06848_3   
Dsc06849_2
大海軒

埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷657-6(地図)

TEL 049-294-7777

営業時間 11:00~20:00

定休日 不定休

席数 カウンター5席 テーブル5卓

喫煙 不可

駐車場 あり(8台)

ホームページ http://taikaiken.jp/

交通アクセス 県道30号線を越生から飯能方面に走行。「医大前」信号を左折、毛呂山駅方面へ。駅直前の路地を右折。約150m先左手。 

« 八作@東京都八王子市 | トップページ | 麺屋 加藤 3@埼玉県熊谷市 »

埼玉のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

ここは僕もお気に入りのお店です。
永福系はすぐに分かりますよね。
ここも駐車場に車を停めて、店を目指せば、換気扇から流れる煮干しの香りが・・・。

何時も小ラーメンか、ワンタン麺で麺少な目です!

>> 鉄骨スープさん

多くの人の「大勝軒」イメージは東池系のつけめんでしょう。
でも自分はオーソドックスな永福系のほうが口に合いそうです。
もっと多くの方に永福系のおいしさを知っていただきたいと思います(^^)

こちらのお弟子さんがやられてる「大咲」には行かれたでしょうか?

それと北浦和の「金魚」も永福の誉れ高きお店ですよnoodle

>>鉄骨スープさん

ありがとうございます。なかなか永福系にお詳しいようで・・・
自分は初心者。まずは埼玉の「どんぐり」あたりで頂いてみたいと思います(^^)

永福町系では老舗ですね。八王子のも支店があります。私は永福町系が大好きで系列店は殆ど食べましたが、埼玉では一ノ割店が一番旨いと思います。

>>TOMMYさん
恥ずかしながら、東池も永福も本店で頂いた事はありませんOrz
しかし、シンプルな姿は誰もがイメージする中華そばそのものですねですね。
最近のラーメン屋はどんなラーメンが出て来るか不安ですが、こちらは安心して入れます。
ただ、盛りと値段にびっくりしますが・・・
千葉県船橋の「赤坂味一」もこちらの系統と聞きますが、盛りはそのまま、しかも値段はワンコインでした。

昔の味に戻してほしい。

作り手が変わると、こうも味が違ってしまうものかと…

昔ご夫婦でされてた時の味懐かしいな。昔、本当美味しかったお店。

味って難しいですね。
作り手の味覚と食べ手の味覚がマッチしてはじめて「うまい」となるんでしょうが・・・

う~ん、何々系というより???
正直、また来たいとは思わない。
スープは煮干の味はするが、不思議な味。
麺は細麺で普通、ワンタンは皮が薄く、くしゃくしゃ。
チャーシューも何の特徴もない。
わざわざ、遠くから食べにいく価値無し!

>>辛口大臣さん

いらっしゃい
味の好みは十人十色。
自分が「あまりのくそまずさに半分残した」ラーメン二郎も行列してますからね(^^)

創立時から行っていたお店です
海外赴任から戻り20年ぶりに行ってみたら
お店も隣に移転し マスターも代替わりしていて驚きました
残念な事に先代の味には届いていないようでガッカリした次第です

>> ko さん

いらっしゃい

20年ぶり・・・もしかしたら、貴方の舌が肥えたのかも知れません。
「昔はもっとうまかった」というのは、年齢とともに味覚も変化するせいとも思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/52253070

この記事へのトラックバック一覧です: 大海軒 毛呂山店@埼玉県毛呂山町:

« 八作@東京都八王子市 | トップページ | 麺屋 加藤 3@埼玉県熊谷市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ