« ラーメン二郎 歌舞伎町店@東京都新宿区 | トップページ | 麺処 ちゃ木@埼玉県ふじみ野市 »

2011年8月21日 (日)

町田汁場 しおらーめん進化@東京都町田市

塩ラーメン好きの間で有名。マンションの一階に間借りするこちら。

Rimg0008_2
道に面しておらず見つけるのにちょっとだけ苦労する。
13時ちょっと過ぎ頃到着。

Rimg0015
カウンターのみの店。満卓+待ち3人。後客の次々と来店。

Rimg0013
メインに塩を置くが白醤油味もあり。
以前ラー本で見た「鶏チャーシューしお」に魅せられた。
ボタンをポチる。

Rimg0016_2
Rimg0017_2
Rimg0018_2
食材に対するこだわりが貼られている。

Rimg0021
各々のラーメンの特徴が書かれてある。次回の訪店が楽しみになる。

Rimg0020
寡黙で手さばきのいい男性。相方は愛想のいい年配の女性。
親子であろうか?10分後の着丼であった。

Rimg0023
鶏チャーシューしお 950円

なんと潔い、崇高な姿であろうか?

Rimg0024
頭上のスポットライトに照らされて大き目の鶏油が輝く。

Rimg0026
うまみが凝縮、わずかな濁り。
ベースは丸鶏だろうがそれが突き出さない。魚介、昆布の味が複雑に絡み合い絶妙なバランスを見せる。しばしその見事さに酔いしれる。

Rimg0027
正方形断面のストレートな細麺。
加水率は低めで小麦の風味と甘みが一杯。表面は滑らかで啜り心地よし。
麺の甘みと塩気のバランスは秀逸。さすが「味のバランスを取るために大盛りはやってない」と大書きするだけの事はある。

※ つけめんは大盛りあり

ネギは長ネギと万能ネギを混合使用。

Rimg0028
こちらのウリであろう鶏チャーシュー。
塩、その他のスパイスに漬け込まれた感じのハムライク。
噛み応えしっかり。鶏のうまみがにじみ出る。
身の部分と皮の部分のコントラストがよく楽しい。

Rimg0030
全体的に塩気の強いこのラーメンの中で唯一甘みをもたらすメンマ。
舌休めとアクセントに最高、柔らか。
あえて甘みを強くしてバランスを取っているとさえ感じた。

麺量は150gそこそこであろう。おなかを一杯にするというより「味を楽しむ」ラーメンであろう。

食材にこだわるこちらだが、なんと言ってもこだわっているのが「塩」ではないだろうか?塩のうまみが半端でない。主張が強いくせに、全く嫌味のない塩味なのだ。ダシも麺も、塩のうまみを楽しませるための存在ではないだろうかとさえ思う。店名の「汁場」の文字がそれを示す。
名店・ひるがおの店長を勤めた、店主の実力を感じたラーメンであった。

Rimg0012
こちら、味のわかる人に食べてもらいたい。

Rimg0009 
町田汁場 しおらーめん進化

東京都町田市森野3-18-17 ウイング森野103(地図)

TEL 042-705-7122

営業時間 11:00~15:00 18:00~20:00 日曜・祝日11:00~17:00
(スープ切れ終了)

定休日 月曜日 第一・第三火曜日(祝日は営業、翌日休み)

席数 カウンター9席

喫煙 不可

駐車場 あり(2台)

交通アクセス 国道16号を八王子から横浜方面走行。「鵜野森」信号左折。しばらく行った「森野」信号左折、約200m先左手。旭銀行向かい・・・

Rimg0006
こんな看板が見えます(^^)

« ラーメン二郎 歌舞伎町店@東京都新宿区 | トップページ | 麺処 ちゃ木@埼玉県ふじみ野市 »

東京のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/52532053

この記事へのトラックバック一覧です: 町田汁場 しおらーめん進化@東京都町田市:

« ラーメン二郎 歌舞伎町店@東京都新宿区 | トップページ | 麺処 ちゃ木@埼玉県ふじみ野市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ