« たち川@埼玉県上里町 | トップページ | 富士屋@神奈川県相模原市 »

2011年9月 1日 (木)

麺屋 八 2@群馬県高崎市

祝・開店、と言うことで早速訪店してみた。

Rimg0025
夜の部の営業時間がわからなかったが・・・
営業中の札が出ていた。入店は5時半頃。

スタッフは若い男性2人、女性2人の体制。
「いらっしゃいませ」の声が響く。カウンターに腰掛ける。
先客一組、後から一組来店。

Rimg0011
Rimg0005
店内はレストラン風。広々としておしゃれ。
テーブルは2人掛けや4人掛けなどあり、アベックからファミリーまでくつろげそうだ。

Rimg0003
Rimg0008
メニュー構成は醤油、塩、味噌の三つの味が基本。
それにトッピングでヴァリェーションを増やしている。
太麺or細麺のセレクト可能。
うれしい「こってり」の文字がある。聞いてみると背脂だそうな・・・
「こってりラーメン」を太麺・脂多めでオーダー。
セットメニュー、サイドメニュー、おつまみ、デザートも取り揃える。

Rimg0007
Rimg0009
ドリンクメニューも豊富。
日本酒の銘酒も取り揃えている。「飲めるラーメン屋」であろう。

Rimg0012
広々、そして清潔感ある厨房。
店主は高崎の名店清華軒創始者、林列士氏のお孫さん。
自分が勝手に「喜多方に潘欽星(喜多方ラーメン始祖)あれば高崎に林列士あり」と思っている偉人。おおいに期待する。6分後着丼である。

Rimg0014
こってりラーメン 700円

丼含め、白と琥珀色のコントラストがすばらしい。
白髭ネギがおしゃれだ。

Rimg0024
背脂の下に見えるのは、透明感高いスープ。仕事の丁寧さを裏付ける。
ほんのり香るガラ感は最近のラーメンではなかなか出会えない味。
カエシは尖らずダシのサポートに徹する。ほのかに甘めで上品。
清華軒系特有の、さっぱりした中に凛としたうまさがある。
素性の良い背脂はすっきり。

Rimg0017
平打ちの太麺は手打ちとの事。上州名物ヒモカワさながら。
しっかり圧縮されたそれは小麦の風味と甘み一杯。そしてモッチリした腰がある。
ウェーブにスープが適度に絡む。

Rimg0018
チャーシューはバラ。
煮豚に秀逸なカエシが染みこむ。繊維に沿ってホロリと分離するトロトロ。
塩気は控えめ。自分の一番好きなタイプだ。これが2枚。

Rimg0022
ほんのり甘い味付けのメンマ。箸休め、舌休めにありがたい。

Rimg0020
ちょっと乗る白髭ネギは見た目、薬味ともに秀逸。
それほど辛くなく、全体の味を壊さない。

名店の中華そばの味をそのまま継承、それに若いセンスでモデファイしているラーメンであった。よく出来ていると思う。
一見ニューウェーブ風な建物だが、こちらは年配者、そしてアベックにも「あ、おいしい」と感じさせるラーメンであろう。安心して入ることが出来ると思う。大いにお勧めである。

Rimg0027
中休みは無いとのことであった。

Rimg0001_2
Rimg0026

麺屋 八

群馬県高崎市箕郷町上芝405(地図)

TEL 不明

営業時間 11:00~21:00

定休日 不明

席数 カウンター7席 テーブル15卓

喫煙 不明

駐車場 あり(10台ほど)

交通アクセス 国道17号を埼玉から前橋方面走行。「並榎町」信号を左折、県道10号「前橋安中線」と交差する「浜川町」信号先約2,100m先右手。

« たち川@埼玉県上里町 | トップページ | 富士屋@神奈川県相模原市 »

群馬のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/52622517

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋 八 2@群馬県高崎市:

« たち川@埼玉県上里町 | トップページ | 富士屋@神奈川県相模原市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ