« らーめん飛雄馬 堤町店@新潟県長岡市 | トップページ | うっちゃんラーメン@新潟県長岡市 »

2011年9月12日 (月)

ますや食堂@新潟県長岡市

古くから栄える町の路地にひっそり佇むこちら・・・

Dsc00199
実は別の店が目的であったが・・・出前カブあり雰囲気よさげ。
駐車場にはバイク軍団が・・・隠れ名店かもしれない。
予定変更は予定通り?2時頃入店する。

Dsc00233
うおっ、満員御礼・・・空いていた小上がりに相席させていただく。

Dsc00205
壁に貼られた献立。「中華そば」の文字や「チャシュウメン」の表記がいい。

Dsc00208
こちらは卓上のメニュー。
麺類はラーメン、そば、うどん。丼物、ご飯物など多彩。典型的な食堂メニューである。
出てきたママさんにチャーシューメンをお願いした。

Dsc00211
こんな、自分を誘惑するような貼紙があった。
厨房に赴き「背脂は有料ですか?」と、聞くと「無料です」とのうれしいお応え。
「では脂多めで」とお願いし直した。待つこと6分。着丼である。

Dsc00218
チャーシューメン(脂多め) 700円

ご当地「長岡ラーメン」のイメージとは違い、醤油色浅め。

Dsc00220
結構脂の層が厚い。

Dsc00223
ちゃっちゃではない。綿のような背脂がふわふわ浮かぶ。
液体油がスープの味わいをスポイル、味がわからない。

もしかして脂(背脂)多めを「(液体)油多め」と受け取ったのか?
「初めての店はデフォ」の教訓を守らなかった自分の失敗。
表面に浮かぶ油をレンゲで掬い取って飲み干し、改めてスープを頂いてみる。

Dsc00222 
醤油感ほんのり、薄口醤油か?と、思わせる上品な味わい。
ダシは動物性と魚介系がバランスを取りながら控えめな感じ。
昆布や椎茸などの和風も感じる。油多めを後悔した。
何度も言う。「初めての店はデフォで・・・(二郎系・ラーショは除く)」

Dsc00225
表の看板に「自家製手もみ麺」とあった。
中太の玉子麺。多加水と思われる麺はモッチリシコシコ。ほのかにかん水臭香る、喜多方ラーメンの麺を彷彿させる。雑味、エグ味なし。縮れにスープが絡む。

Dsc00226
チャーシューは中華屋・食堂の定番の、「ダシが良く出る」肩やモモなどの赤身多い部分。
自分はバラが好きだったが最近こんな赤身のチャーシューが出てくるとうれしくなった。噛み締めて出てくる肉の味が楽しみ・・・

Dsc00228
メンマは細め。全体の雰囲気を壊さないやさしい味付け。
ふんわりとした竹の甘みと風味。カリッとした歯応え。

Dsc00227
彩りを添えるほうれん草。

Dsc00230
そしてなると。

Dsc00229
さらにカマボコ・・・ゴージャス。

Dsc00231
さらにさらに・・・デザートも付く。食堂ならでは。

昔ながらの食堂のよさをを大いに堪能した気分である。
最近のラーメン屋は「ラー本で勉強してから来い」の雰囲気ぷんぷん。
敷居が高い店ばかり。知らないで頼むととんでもないラーメンが出てくるが・・・
こちら、安心して入れるお店である。

バイク軍団が停まっていたのもわかる。いいお店は誰でも秘密にしたい。
ゆえに、おいそれとラー本には載らないのかも知れない。

Dsc00200_2
ラーメン=出前という図式はいつから無くなったのであろうか?

Dsc00234_4
Dsc00201_2
ますや食堂

新潟県長岡市新町1-4-2(地図)

TEL 0258-32-2036

営業時間 不明(昼の部・夜の部と思われる)

定休日 火曜日

席数 カウンター3席 テーブル3卓 小上がり2卓

喫煙 可

駐車場 あり(10台位)

交通アクセス 国道8号を長岡から柏崎方面走行。「新町一丁目」信号右折。一つ目の信号右折すぐ左手。 

« らーめん飛雄馬 堤町店@新潟県長岡市 | トップページ | うっちゃんラーメン@新潟県長岡市 »

新潟のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/52712303

この記事へのトラックバック一覧です: ますや食堂@新潟県長岡市:

« らーめん飛雄馬 堤町店@新潟県長岡市 | トップページ | うっちゃんラーメン@新潟県長岡市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ