« 清華軒@群馬県高崎市 | トップページ | 覆麺 智2@東京都千代田区 »

2011年10月16日 (日)

ラーメン二郎 高田馬場店@東京都豊島区

通称「ババジ」。

Rimg0036
そぼ降る雨の中こちらを目指す。10時10分頃到着。

Rimg0001
雨にもかかわらずこの待ち。きっと熱烈なファンなのであろう。
ジョイント、6番目であった。

Rimg0002
こちら、10時半からと結構早めの開店時間である。

Rimg0008
歩道を歩く歩行者の妨げにならないように気遣ったプラチェーン。
お店の気遣いを無にしないようマナーはきっちり守ろう。

Rimg0013
時間になると引き戸が重ねられシャッターが上げられる。開店。
3人という店員さんも今日は一人であった。

Rimg0017
あわてて券売機に飛びつく事もない。歩道を塞がないように券売機前には2名を守ろう。
基本であろう「ラーメン」のボタンをポチる。650円は二郎標準価格であろう。

Rimg0020
結構椅子が高め。カウンターの高台が高め。パチリと食券を置く
そして後ろのスペース、隣とのスペースも狭い。窮屈。
配膳時は上に見える皿に載せられる模様。

水はセルフ。カウンターにあるステンレスのコップを持って給水機で汲むわけだが・・・
「軽く押してください」の力加減がわからず強めだったらしい。
コップを放しても水が止まらず出っ放し・・・近くにいた人をびっくりさせてしまった・・・Orz

おなじみの「二郎の掟」が貼られている。

Rimg0019
無料トッピングによそでは見られない「とうがらし」があった。結構頼んでる人がいた。
その1「無料トッピングは、聞かれてからはっきり大きな声で!」は、店の前を通る車の音と換気扇の音がうるさいからだと思う。無論その2は言わずもがなであろう。

先に麺カタリクエストの客にコール。結構マシコールが多い。続いてデフォの硬さの客にもコール。自分にも・・・
「ニンニク・アブラで」とコール。しかし一度聞き返された。結構大声で言う必要があるだろう。再度コール。高台の上にラーメンが置かれた。

ちょっと狭い&高いため丼を下ろすのに慎重を要する。隣の方も肘がぶつからないよう協力しよう。でないと丼が落下、自分のところまで被害を蒙りそうだから・・・

慎重に丼を下ろして・・・10時45分ご対麺であった。

Rimg0021
ラーメン(ニンニク・アブラ) 650円

丼は一般的な中華屋・食堂で使われるのと同じサイズであろう。
深くはない。ヤサイはモヤシ/キャベツ比で8:2位であろう。茹で具合は頃合い。

Rimg0024
ラード層が厚い。二重構造の、ちょっとぼんやりしたスープ

Rimg0027
ふんわり香る豚のうまみ。二郎専用の甘めのカネシがガツンと効く。

Rimg0029
平打ちながら、結構厚みのある麺。
二郎の中では1,2を争うような太麺。柔目モチモチ感あり。小麦の風味と甘みいっぱい。
かなり地粉うどんライク。上州名物煮込みうどんのようであった。尖るカエシとよくマッチしている。

Rimg0030
ババジ名物・ほぐし豚。
コンビーフ状のそれが大量に載る。カエシを身にまとい結構甘辛。
ヤサイや麺とよく混ざると言うメリットがある反面、肉感に乏しいと賛否ある。
自分はラーメンには普通の豚がいいと思う。しかし汁なしだったらほぐしの方がいいと思う。

Rimg0033
「アブラ」は大粒の欠片がごろごろする。ニンニクの効きは強め。

麺量は、二郎とすれば少なめの250g位であろうか?
普通のラーメンの大盛り程度ですんなり感食。味が強めで最後は飽きた。
ロット3番目位で店を出た。

ボリュームの割には650円の値段は、二郎とすればCPは低いと思う。
しかしながら、カネシのキレを味わいたいならお勧めである。

Rimg0066
そしてこの一杯が、午後に参加した「売国フジテレビと反日朝鮮人・キムテヒに抗議するデモ」の活力になった事は言うまでもない。

Rimg0009

Rimg0004_2

Rimg0003

Rimg0037_2

ラーメン二郎 高田馬場店

東京都豊島区高田3-17-8(地図)

TEL 不明

営業時間 10:30~数量限定(13時位?)

定休日 木曜日 日曜日 祝日

席数 カウンター12席

喫煙 不可

レンゲ あり

駐車場 なし

交通アクセス JR山手線「高田馬場駅」早稲田口下車。駅を背に右手に進み、一つ目の信号を左折、坂を下りたところの信号を右折。約100m先右手。

« 清華軒@群馬県高崎市 | トップページ | 覆麺 智2@東京都千代田区 »

ラーメン二郎」カテゴリの記事

コメント

毎度~

恥ずかしながら、サイレンスさんがブログをやってることを知りまへんでした~

ばばばば~w

二郎詣でお疲れ様です。
「無料トッピングは、聞かれてからはっきり大きな声で!」
コレ大事ですね。
最近ではどの二郎でも若いお客さんに元気が無いのが気になります。
自分の食いたいものくらいしっかり主張できないとね。

>>篠原涼子の鼻さん

はじめまして~ 毎度~ どっちやねん?

不人気ブロガーゆえ誰も知らないと思います。
非ジロリアンから見た二郎も面白いと思います。

ばばばば~w これですか?

http://www.youtube.com/watch?v=o2_bwRe71Ts&feature=related

>>スーパーくいしん坊さん

飽食の時代。食べ物に対する執着が薄れているのかも知れません。
空きっ腹にドカ盛りをワシワシ掻っ込んで押し込む快感を忘れているのかも?

仙台店行きますか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/53000296

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン二郎 高田馬場店@東京都豊島区:

« 清華軒@群馬県高崎市 | トップページ | 覆麺 智2@東京都千代田区 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ