« 男気らーめんアカギ 群馬桐生総本店@群馬県桐生市 | トップページ | 中村屋@山梨県山梨市 »

2011年11月 6日 (日)

きさく@山梨県都留市

すっかり色を変えた山の木々が美しい・・・国道139号線の傍らに佇む。

Dsc00740
丁度12時頃到着。休日のせいか?先客なし。店前の出前カブと、穏やかな感じの店主が出迎えてくれた。

Dsc00745
Dsc00744
壁に掲げられた献立。
典型的な中華屋メニュー。チャーハンや中華丼、野菜炒めや餃子。定食もある。
「お子様ラーメン」に、店のやさしさを感じた。
ネットで見た名物?のニララーメンをお願いした。

Dsc00742_2
カウンター&小上がりのシンプルかつクリーンな店内はピカピカ。掃除が行き届いている。店主もきちんと白衣・着帽である。
オペは、まずニラを刻み、バラ肉他の食材と中華鍋で火を通す。
調味料を投入、二度ほど小皿で味見・・・
頃合を見計らって、いろいろな物が浮いている寸胴からダシを丼に投入・・・麺を投入・・・最後に中華鍋の物を投入・・・8分後、着丼であった。

Dsc00746
ニララーメン 600円

もうもうと上がる湯気がうれしいではないか!
この時期、熱さもご馳走だと思う。

Dsc00747
スープ色は若干浅めの琥珀色。緑のニラとのコントラスト最高。

Dsc00750
立ち昇る湯気のためレンズが曇り、撮影に苦労する。
浅めな醤油色どおり、カエシの尖りよりダシのうまみが勝る。
ほんのり甘めは煮干などの魚介と推測。

Dsc00754
Dsc00753
トッピングの主役のニラ。そしてニンジンや筍、バラ肉は片栗粉によるあんかけうま煮風。
ゴマ油の香ばしい風味がたまらない。中華の醍醐味。

Dsc00756
麺は、中華そば定番であろう細縮れの玉子麺。
あんかけも絡んで楽しい食感。マイルドなスープにふさわしい麺。
麺量は150g位であろうか?丼の底まで味わい尽くす。

手持ち無沙汰なのであろうか?店主が話しかけてくる。
自分が、水汲みのために群馬から訪れた事を話すと・・・

Dsc00757
「じゃあ、これ食べてみて」と店主。えぐ味ないさわやかな味。
この界隈では湧き水が豊富。その湧き水を利用して水菜の栽培が盛んだという。
「富士の地下水が60年経って湧いてくるんだって」と・・・
店名の「きさく」は店主の「気さく」じゃないかと思う。

後客がパラパラ。地元ナンバー、常連であろう。

紅葉シーズン。特にバイク乗りにおすすめしたい。
必ずや冷めた指先と、心をを温めてくれると思う。

Dsc00760
隣は旧店舗?食堂マニアなら感涙物であろう。

P1010014
P1010018
すぐ近くの堰。
「水あるところに人住み人和して・・・」の言葉に納得。

Dsc00758
Dsc00761
きさく

山梨県都留市田原4-1-16(地図)

TEL 0554-43-5678

営業時間 11:30~14:00 18:00~23:00

定休日 火曜日

席数 カウンター12席 小上がり2卓

喫煙 可

駐車場 あり(10台位)

交通アクセス 国道139号線を大月から富士吉田方面走行。「都留文大入口」信号先、約250m先右手(緩いカーブ途中なので出入りに気をつけてください)。 

« 男気らーめんアカギ 群馬桐生総本店@群馬県桐生市 | トップページ | 中村屋@山梨県山梨市 »

山梨のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/53179720

この記事へのトラックバック一覧です: きさく@山梨県都留市:

« 男気らーめんアカギ 群馬桐生総本店@群馬県桐生市 | トップページ | 中村屋@山梨県山梨市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ