« 青島食堂 秋葉原店@東京都千代田区 | トップページ | 自家製ラーメン 大者 7@群馬県高崎市 »

2011年11月29日 (火)

関所食堂@群馬県安中市

国道18号、碓氷峠旧道沿いにその店は佇む。

Dsc01304
典型的な食堂・中華屋。自分が大好きなお店である。
近くの日帰り温泉でリフレッシュのあと、11時半くらいに到着であった。

Dsc01318
昔ながらの食堂の佇まいを色濃く残す店内。
すでに3組、10人ほどの先客。家族連れが多い。

Dsc01309
Dsc01310_2
壁に貼られたメニュー。値段は安めであろう。
「スペシャルラーメン」「関所ラーメン 」などの創作も見える。ご飯物、丼物もある。
何気に、チャーシューメンが安かったのでお願いした。

Dsc01315
スタッフは男性一人、女性二人の体制。若いスタッフだった。
二代目、三代目であろうか?中華鍋を振るう軽快な音が耳に心地よい。
10分ほどで着丼であった。

Dsc01320
チャーシューメン 600円

典型的な、昔ながらの中華そばである。

Dsc01324
深みある琥珀色。醤油色が濃い。
澄んだラード層が見える。決してアッサリではない模様。

Dsc01326
まず感じる魚節の甘み。そしてしっかりしたガラ感。けっこう濃厚なスープ。
濃い目の醤油色ながら塩気は尖らず丸みを帯びた味。
甘みは、あるいはみりん投入か?かなり秀逸なカエシ。ダシともいいバランス。

Dsc01328_2 
中細、正方形断面のストレート麺はそばライク。
しかし、ムッチリシコシコ。写真の通りのツヤツヤで滑らかな表面。
官能的な啜り心地に脳汁出まくりであった。
あまりにもいい食感なので確認したところ「自家製麺」であった。
のし棒に青竹でも使っているのか?と思うほどの滑らかさ。

Dsc01333
チャーシューは薄切りのバラロール。
ダシにうまみを放出した後、前述の、秀逸なカエシを纏った物。
しっとりした食感と、豚のうまみとカエシの融合がたまらなく美味。
これが4枚載る。

Dsc01331
細目、柔らかめなメンマ。
こちらもカエシにほんのり味付けられていた。

Dsc01335
中華そばでは定番のなると。
そして、薬味はネギの青い部分を使うなど、癒し系のラーメンであることは間違いない。

Dsc01337
普段は「ぐぐ~っ」と飲み干すスープだが、レンゲで何回もすくって頂いた。
あたかも、この一サジが永遠に続けと思わんばかりに・・・

実はこちら、知る人ぞ知る名店である。
決してラヲタの話題には出ない。しかしこちらの店の話題を持ち出すと、「あそこはうまいよ」と、賞賛の声ばかりである。

旅人の心を癒す一杯。大いにおすすめである。

Dsc01345
Dsc01351
碓氷峠の関所跡(上毛かるた)・・・かつての中仙道の面影が色濃く残る。

Dsc01306
平日は昼営業のみのようである。

Dsc01339
こんな但し書き。行列もあると思う。

Dsc01341
駐車場は、近くの廃業したガソリンスタンドを拝借。

Dsc01305
Dsc01340
関所食堂

群馬県安中市松井田町横川553-3(地図)

TEL027-359-2137

営業時間 平日11:00~15:00 土日祝11:00~15:00 17:00~19:00

定休日 火曜日

席数 カウンター4席 テーブル2卓 小上がり2卓

喫煙 可(灰皿がありました)

駐車場 あり(店から50m 10台位)

交通アクセス 国道18号を高崎から長野方面へ走行。釜飯で有名な「おぎのやドライブイン」を過ぎて、碓氷峠を「旧道」方面へ。約50m右手。
(中央分離帯があり直接入れません。過ぎた辺りを気をつけてUターンしてください)

« 青島食堂 秋葉原店@東京都千代田区 | トップページ | 自家製ラーメン 大者 7@群馬県高崎市 »

群馬のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/53364680

この記事へのトラックバック一覧です: 関所食堂@群馬県安中市:

« 青島食堂 秋葉原店@東京都千代田区 | トップページ | 自家製ラーメン 大者 7@群馬県高崎市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ