« ハイセイコー食堂@栃木県日光市 | トップページ | 青島食堂 秋葉原店@東京都千代田区 »

2011年11月27日 (日)

ラーメン二郎 上野毛店@東京都世田谷区

環状八号からちょっと入った、閑静な住宅街にひっそりと佇む。
間口一間の小さな店舗。

Dsc01220
到着は開店20分くらい前。6番目にジョイントした。

Dsc01201
しかし開店が近づくに従って一人、又一人と行列に加わる・・・
開店時間は11時。しかし5分前にシャッターが開く。開店待ちは15人位。
ぞろぞろっと、店内になだれ込む。

Dsc01204
ちょっと探してしまった「小ラーメン」のボタン。
700円の価格は直系では高いほうに属する。
こちら独自の「ふりふりカレー」のトッピングがある。

Dsc01203
おなじみの二郎からのお願い。
何分にも行列店。回転を早くするために、二郎ファンなら協力して欲しい。

初めてのお客様へ・・・
「小ラーメン」と書いてあると、間違って大盛りを頼んで食いきれない人が多いための注意書き。
以前確認したら麺量は「小ラーメン」270gとの事。普通のラーメンの2杯分の量である。

カウンターに着席、青い食券(プラ製)をカウンター上段にパチリと置く。

Dsc01205
メルマガ。
登録しておくと、臨時休業や、二郎Day(26日は二郎の日)のサービスが通知される。登録必須であろう。

Dsc01208
スタッフは年輩の方と若い人の男性二人。
じっくりと麺茹で、スープ具合を見る店主とは対照的に、食券や客のリクエスト、「ぶた」の切り分け、ヤサイ茹でなど、忙しく動き回る助手。
二郎は「助手あっての店」だと思う。

やたら事前の「麺カタ」コールが多い。中には「バリカタ」コールも・・・
と、言うことは、こちらデフォでは柔らかめという事か?

丼にレードルからカエシを一杯。グルを小さじひとつ・・・半。
大きなアブラの塊が浮く寸胴。それをよけて茶濁したダシを投入。
背脂ゴリゴリ、浮いた液体油を注意深く投入・・・
先に「麺カタ」のお客に助手が「ニンニクは・・・」とコール、各人、好みを伝える。

面白いのは、あまりヤサイコールが無かった事。逆に「アブラ」「アブラマシマシ」が多かった事である。そのマシマシのアブラは見事の一言。

5分後、自分のロットの「麺カタ」にコールタイム。そろそろと身構えた。
助手の目がこちらを見て「ニンニクは?」と問いかけた。
「ニンニク・アブラでお願いします」と・・・11時15分、着丼である。

Dsc01210
小ラーメン(ニンニク・アブラ) 700円

大きな塊のアブラがどさっと載る。そして・・・スープが熱い!

Dsc01212
液体アブラが1センチの皮膜を作る。その下に澄んだ琥珀色の二重構造のスープ・・・
数ある中の、二郎の、ひとつのスタイルでもある。
ヤサイのモヤシ・キャベツ比率は8:2位か?茹で具合は頃合。

Dsc01213
「カネシが立ったスープか?」と、思いきや・・・
きっとカエシの仕上がりがいいのであろう。ほんのり甘め。おとなし目・・・
甘辛のバランスの取れたスープは見事である。

アブラ・ダシ・カエシが三位一体のうまさを奏でる・・・

Dsc01215
硬め指定が多かったが・・・
極太平打ちの「二郎麺」に無いプルプルシコシコ感は、デフォでも悪くない。
かん水の使用割合の違いか?とも思う。
確かにラーメンの食感だ。自分はデフォで好感。

Dsc01216
「ぶた」は、多くの二郎でもそうであろう。いいダシが出るスネやモモ、腕あたり。ダシを取る為に投入されたそれらをカエシにぼちゃんと投入・・・
直径7cm、厚さ7mm(推定)の物が二枚入る。
表面にカエシを纏い、噛めば滲み出る肉のうまみと食感を残していてうまい。

なぜか、二郎に来ると「周りは皆敵」と思ってしまう。
「群馬のジロリアン」の名にかけて、ロット乱しは恥に思う。
デフォの麺の茹で具合、さらに写真撮影による時間のロスを取り戻すように麺、ヤサイ、ぶたを掻っ込んだ・・・
何とか、ロット最速で丼とコップを高台に上げて「ご馳走様」。
しかし、決して味がどうでもいい早食いではない。十分味を堪能する余裕があった。

Dsc01223
しかしながら、このラーメンが与えてくれるエネルギーは凄まじい。
午後参加した、日本を壊滅させるTPP反対デモでの活力になった事は言うまでもない。

こちら、あまり二郎として話題に上らないが、それは「丁度いいバランスのラーメン」だからだと思う。
「アンバランスが二郎」と言うなかれ。ダークホース的な存在。自分もお気に入りである。
「二郎が食べたいけど、怖い」と言う人に、大いにおすすめしたいお店である。

Dsc01198
隣にコインパーキングあり。

Dsc01199
ラーメン二郎 上野毛店

東京都世田谷区上野毛1-26-16(地図)

TEL 不明

営業時間 11:00~14:00 18:00~22:00 土11:00~14:30(麺切れ終了)

定休日 日曜日 祝日

席数 カウンター11席

レンゲ あり

喫煙 不可(店前に灰皿あり)

駐車場 なし(隣にコインパーキングあり)

交通アクセス 環状8号を練馬から世田谷方面に南下。「上野毛駅入口」信号左折、一つ目の「上野毛交番裏」信号を左折した左手三軒目。
大井町線「上野毛」駅下車。駅を背に右手に進み「上野毛交番裏」信号を左折、3軒目左手。

« ハイセイコー食堂@栃木県日光市 | トップページ | 青島食堂 秋葉原店@東京都千代田区 »

ラーメン二郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/53347783

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン二郎 上野毛店@東京都世田谷区:

« ハイセイコー食堂@栃木県日光市 | トップページ | 青島食堂 秋葉原店@東京都千代田区 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ