« 土佐屋@新潟県魚沼市 | トップページ | 男気らーめんアカギ 群馬桐生総本店@群馬県桐生市 »

2011年11月 3日 (木)

あらたに@群馬県藤岡市

古きよき風情を残す藤岡市街。ちょっと入った路地脇にひっそりと佇む。

Dsc00543
11時頃到着。先客なし。
妙齢のつつましい感じの美人ママさん(ホントだぞ!)が出迎えてくれた。

Dsc00544
Dsc00545
メニュー拝見。
ラーメン、ご飯物等あり。典型的な食堂である。
チャーシューメンが割安に見えた。お茶を持ってきて頂いたママさんにお願いする。

Dsc00546
Dsc00561
古い感じのテーブル&カウンターの小さなお店。でもそれがいい。
しばし雰囲気に浸る・・・10分ほどで着丼であった。

Dsc00549
チャーシューメン 630円

オーソドックス。しかし、最近見られなくなった姿である。立ち昇る湯気・・・

Dsc00550
油控えめ、アッサリ醤油のスープ。深い琥珀色が美しい。

Dsc00551
ほのかなガラ感。煮干のまろやかさと野菜の甘みが絡み合う。
醤油は尖らず素材がバランスする。
ママさんの作るラーメンは、やさしい味がすると思うのは自分だけだろうか?

Dsc00554
「中華そば」「支那そば」定番の 細縮れの黄色みを帯びた玉子麺。
啜ると、軽めのスープを引っ掛けて、ちゅるちゅると口の中に飛び込んでくる。
糊化した表面が滑らか。鼻腔に広がるかん水の香りはラーメン好きには堪らないであろう。

Dsc00557
チャーシューはスープにうまみを放出したダシガラ。赤身多い部分。
しっとりした食感。噛むとにじみ出るうまみ。襟を正したい気分になる。
何とか材料を無駄にしないでリサイクル・・・これが6枚入る。

Dsc00556
昔ながらの中華そばに定番のほうれん草。
彩りと共に、舌休めになる。いつから丼上から姿を消したのであろうか?

Dsc00560
ラヲタではない、ラーメン好きに取っては感涙物であろう。
気がつくとスープまで完飲・・・

最近の素材豊富なラーメンから見れば笑われようが・・・
敗戦で貧しかった昭和30~40年代の日本。ラーメンはご馳走であった。
「昔ながらの中華そばはおそろしくマズイ」とは誰が言った?
やはり、日本人のDNAに刷り込まれたラーメンのイメージはこれだと思う。

最近、自分の周りで「昔ながらの中華そばが食べたい」という声を多く聞く。
藤岡にはこんな素朴なお店がたくさんある。
こちら、大いにおすすめである。

Dsc00548_2
オカモチが見えた。出前も可能であろうか?

Dsc00562
テントに貼られた電話番号は、微妙に違っているようだ。

Dsc00563_2 
あらたに

群馬県藤岡市藤岡64(地図)

TEL 0274-22-0714

営業時間 未確認(おそらく昼の部、夜の部)

定休日 日曜日(祝祭日は未確認)

席数 カウンター3席 テーブル2卓

喫煙 不明(卓上に灰皿はありませんでしたが禁煙の貼紙もなし)

駐車場 なし

交通アクセス 国道254号を富岡から藤岡方面へ走行。「七丁目」信号先約250m先の路地を右折、公民館方面へ。約150m先左手。

« 土佐屋@新潟県魚沼市 | トップページ | 男気らーめんアカギ 群馬桐生総本店@群馬県桐生市 »

群馬のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/53152809

この記事へのトラックバック一覧です: あらたに@群馬県藤岡市:

« 土佐屋@新潟県魚沼市 | トップページ | 男気らーめんアカギ 群馬桐生総本店@群馬県桐生市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ