« 小三郎@栃木県栃木市 | トップページ | ラーメン二郎 上野毛店@東京都世田谷区 »

2011年11月24日 (木)

ハイセイコー食堂@栃木県日光市

♪誰のために走るのか?何を求めて走るのか?

主戦騎手が自ら愛馬を歌った、さらばハイセイコー
希代の名馬の名を冠したこちら。秋深き国道121号線沿いに佇む。

Dsc01195
ハイセイコーの馬券で儲けて開いた店」という噂もあるが定かではない。
午後2時ちょっと過ぎに到着。こういう店はランダムな営業時間(客が無ければ仕舞い)だがノレンが出ていた。一安心。

Dsc01166
店前に車が数台。中に入ると一組の団体さんが小上がりでいい感じに出来上がっていた。
近所の人の集いの場でもあるようだ。テーブルに腰を下ろす。
出てきたお冷のうまい事・・・地元・日光藤原の水である。

Dsc01167
Dsc01169
Dsc01171
正面には、ハイセイコーはじめ、名馬の写真やグッズが飾られていた。
ダービーの単勝馬券は常連さんからもらった物らしい。
ウイニングチケットは的中。しかしマイシンザンやガレオン。ステージチャンプ等の「こだわり」も見える。意外にも心情馬券派か?

Dsc01177
Dsc01176
ラーメン、定食、セットメニュー多彩な典型的な食堂メニュー。
お店の方も典型的な食堂の、白衣・着帽の気の良さげな店主と白スカーフに割烹着のママさんであった。
こちらの名物であろう「カツラーメン」をお願いする。
食堂特有の「載せ物」メニューであろう。
カツを揚げたり麺を茹でたり・・・一品に二つの仕事。10分後に着丼である。

Dsc01178
カツラーメン 750円

名前どおりのラーメンである。中央にとんかつが鎮座する。

Dsc01184
適当なメニューではない。
青みがしっかり載せられ、見た目の配慮も怠りない。

Dsc01182
スープはマイルドな、煮干の甘みある田舎うどんのようなやさしい味。
お店の人の人柄が偲ばれる。尖った部分はまるでなし。
甘辛のバランスが調和。そこに、とんかつを揚げたラードが香ばしさが加わる。

Dsc01186
麺は細目縮れのオーソドックスな中華麺。ラーメンのイメージどおり。
ふっと香るかん水が心を和ませる。最近のラーメンに希薄な香り・・・

Dsc01188
Dsc01192
メインのとんかつ。
ほどほどの厚みは食べやすいサイズ。肉もしっとり柔らか。
ラーメンと共に、とんかつもこちらのイチオシメニューであろう。
衣に染みたラーメンスープで、豚肉のうまさが引き立つ・・・
こんなとんかつのうまい食べ方があろうか?
逆に、なぜ濃い味のソースや味噌ダレでとんかつ本来のうまさを台無しにするのか?
ちなみに自分のとんかつの食べ方は、レモン汁絞って塩一振りである。

Dsc01191
青みは意外。水菜の下にはモヤシやチンゲン菜が・・・
茹で具合はパリッ。きちんと考えられている。

Dsc01190
浅めな味つけのメンマ。歯応え良し。

Dsc01179
食堂ならでは。こんな突き出しが付く。

Dsc01193
何とも心温まる一杯であった。スープまで完飲。

Dsc01172
ハイセイコーは地方(公営大井競馬)でデビュー。圧倒的な強さで中央入り。
地方からの東京就職者は、自分の身になぞらえ「地方出身から天下を!」と、ハイセイコーを応援した。
皐月賞では、圧倒的な支持に応えて優勝。ダービーでも多くの期待を背負ったが3着に敗れる。
血統による距離不安がささやかれる中、長距離(3,000m)の菊花賞は、鼻差の2着と健闘する・・・
敗れてもなお、がんばる姿にファンは涙で声援する。
そして引退後、産駒のカツラノハイセイコが父の、ファンの悲願のダービーを勝つ・・・
多くのファンは「ハイセイコーがダービーに勝った」と大喜び。

そして2000年5月、類稀なる名馬の魂は31年の天寿を全うする・・・

♪ありがとう友よ。さらば、ハイセイコー。

P1010001
大間々から日光方面へ向かう風景。
すっかり色を変えた木々。日ごと厳しくなる冷気・・・

そんな凍えた体と心をあたためてくれる一杯・・・大いにおすすめである。

Dsc01164_2
Dsc01163_2
ハイセイコー食堂

栃木県日光市藤原858-2(地図)

TEL 0288-77-2445

営業時間 11:00~18:00

定休日 4~11月は木曜日 2~3月は日曜日

席数 テーブル4卓 小上がり4卓

喫煙 可

交通アクセス 国道121号を今市から会津若松方面へ走行。「大原」信号を右、鬼怒川温泉方面へ。踏切を越えて右方面へ走行。「小原」信号先、約2,400m右手に・・・

Dsc01194_2
ハイセイコーが出迎えてくれます(^^)

« 小三郎@栃木県栃木市 | トップページ | ラーメン二郎 上野毛店@東京都世田谷区 »

栃木のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

ハイセイコー食堂、さすがサイレンスさんの選ばれるお店ですね。

 メニューの筆頭は縁起を担いで、かつ(勝つ)ラーメンなんでしょうか?
 相当ボリュームがありそうなメニューですね。

>>こんちゃん

>かつ(勝つ)ラーメンなんでしょうか?

ただの載せ物だと思います。しかしそれが食堂の楽しみです。
「カレー掛け」も対応してくれそう・・・
ある方が、よそのお店でやったらかなり高いお金を払ったそうでありましたが・・・

わたしも、この店 何回も通過するも ついに 耐えきれず 入店。
生姜焼き定食 残さず食べ切り 満足。
121号線 会津街道を走るドライバーの方なら、知らない人はいないんじゃないでしょうか。

>> ぴろ さん
自分の喜多方ラーへ向かう帰り道、有料道路回避の道すがらです(早朝は無料で通過)。
いかにも「峠の食堂」という感じがいいです。
こういうお店は、何を食べてもおいしいと思います(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/53324191

この記事へのトラックバック一覧です: ハイセイコー食堂@栃木県日光市:

« 小三郎@栃木県栃木市 | トップページ | ラーメン二郎 上野毛店@東京都世田谷区 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ