« 山屋@群馬県館林市 | トップページ | ハイセイコー食堂@栃木県日光市 »

2011年11月23日 (水)

小三郎@栃木県栃木市

栃木県佐野から小山方面に向かう道の傍らに佇む。

Dsc01123
ご当地ラーメンの雄・佐野ラーメンの名店おぐら屋出身。
開店時間丁度に到着・・・しかし、すでに数台の車が見えた。

Dsc01126
何と!いきなり10人ほどの先客。なかなかの人気店、甘かった・・・
家族連れ、アベックが多い。客層は老若男女、幅広い。

明るい感じの女性店員が「お一人様ですか?カウンターへどうぞ」と促された。

Dsc01127
Dsc01128
メニュー。
こちらは何と言っても名物の「しょうがラーメン」である。
それと、久々に食べたい佐野の「ぎょうざ」を、店員さんにお願いした。

Dsc01133
各界の有名人も多数訪れたようだ。誇らしげにサインが飾られる。
仕事が早いのも修行先譲り。まずぎょうざ、続いてラーメン登場。

Dsc01140
しょうがラーメン 682円

Dsc01147
まさに「端麗」という他はない。
分類では醤油ラーメンなのだろうが「塩」であろう。あるいは「白醤油」使用か?
これほど澄んだスープは滅多にお目に掛かれない。

Dsc01144
ほのかなガラ感。そして生姜風味ほんのり・・・「崇高」といった表現がぴったり来る。
化調もアシストか?適度に浮く油・・・
最近の、豚骨醤油に魚粉ブチコミラーメンに麻痺した人には絶対に理解できないであろう味である。

Dsc01151
これぞ佐野ラーメンの真髄。
中太平打ちのヒラヒラヤワヤワな、心がとろける食感・・・
このやさしい食感の味をスポイルしない為のスープの味具合だと思う。
心が洗われるラーメンとはこの事か?啜るほどに気持ちが新鮮になる。

Dsc01152
チャーシューは巻きバラが2枚。
ダシガラであろう。しかしカエシに漬けられた感はない。
ともすれば不足しがちなこのラーメンに、動物感とコッテリ感を与える。

Dsc01154
メンマは塩戻しであろうか?
浅めに塩味を残す。カリッと歯応えを感じた。

Dsc01153
入店まで「繊細なラーメンを壊すのでは?」と躊躇したしょうが。
何の何の・・・ことさら細く刻まれ、ほのかに味付けされているしょうがは、ラーメンを壊すどころか、新たな一味を加えている。
昨今の寒さ、あるいは風邪防止、そしてドロドロ血液防止にも有効なしょうが。体が温まる。
額から汗・・・卓上にティッシュがないのが残念。

Dsc01155
ワンポイントと共に、しょっぱくなった舌を休めるのに重要なアイテムのなると。

Dsc01136
ぎょうざ 399円

5個。具でパンパンに膨らんで大きめ。

Dsc01137
野菜が多い。そしてこちらもしょうがが効く。
皮は厚いが気泡が入り、パフッとした食感。自分流に酢だけで頂く。

麺量も200g近くあるのではないか?
ぎょうざと共に頂くと大いに満腹感があった。

Dsc01130
修行先の認定証が誇らしく飾られる。

味もそうだが、おぐら屋直伝の接客のよさも特筆物であった。

11時20分には早くも満員。待ちができる。
まさか、これほどの評判店とは・・・

佐野ラーメンが時代遅れとは誰が言った?
時代を超えて通用する味。ぎょうざ共々、大いにおすすめである。

Dsc01122
店裏にある麺打ち場。

Dsc01158
通し営業は、安心して訪店できる。

Dsc01124
Dsc01157
Dsc01125
小三郎

栃木県栃木市大平町西水代2865-1(地図)

TEL 0282-43-0414

営業時間 11:00~19:30

定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)

席数 カウンター5席 テーブル3卓 小上がり5卓

喫煙 不可

駐車場 あり(35台)

交通アクセス 県道67号を佐野から小山方面へ走行。「静和」信号を左手、小山方面へ。「栃木市」に入り、約300m先左手。

« 山屋@群馬県館林市 | トップページ | ハイセイコー食堂@栃木県日光市 »

栃木のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/53316885

この記事へのトラックバック一覧です: 小三郎@栃木県栃木市:

« 山屋@群馬県館林市 | トップページ | ハイセイコー食堂@栃木県日光市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ