« 自家製ラーメン 大者 8@群馬県高崎市 | トップページ | 雷文@東京都町田市 »

2012年1月 9日 (月)

煮干そば 虎空@東京都八王子市

多摩ニュータウン通りにひっそりと佇む。

Dsc02064
2011年11月オープン。
11時50分到着。長蛇の列。なかなかの人気ぶりだ。
車を停めるためにバックしようと窓をあけると煮干の匂いが飛び込んでくる。
比較的年配者、家族連れも多い。幅広い客層である。

20分ほど並んだところで、店員に「どうぞ」と招かれた。

Dsc02046
食券制
基本であろう「煮干そば」をセレクトする。
※ つけ麺は14時からの提供なので注意。

Dsc02051
カウンターのみの店内。ブラウンの色調や、木目をそのまま見せたインテリアで素朴感あり。心が落ち着く。

Dsc02053
若いコンビが切り盛りする。
店主は調理担当。ダシが煮えてまずくならない様、スープを一杯づつ手鍋で温める手法。
ゆえに時間が掛かることを理解しよう。
助手は、さしずめフロアマネージャーと言った所か?アベックや家族連れの席作りにも配慮。

Dsc02047_2
サイドメニュー、おつまみもあり。
おしぼりや紙エプロン、女性が難儀しないよう髪留めも用意。
手荷物入れも提供してくれた。接客はいい。

8分後「熱いので気をつけてください」の声と共に着丼である。

Dsc02054
煮干そば 680円

Dsc02055
煮干のインパクトはそこそこ。上品にうっすら香る。
わずかに濁りは濾しきれない煮干の破片であろう。
煮干スープ特有の、煮干の鱗?の銀の膜が張るぼやっとした表面。

Dsc02056
いたずらに煮干に依存せず、豚ガラや鶏ガラを低温でじっくり煮出した感のあるふくよかにコク深いスープ。それに昆布や煮干が和風な甘みを加えているようだ。
しかし複雑に融合せず、交互にうまみが顔を出す二重構造。
表面を覆う香味油のおかげで熱々である。
味わいは醤油と塩の中間と言った所。わずかに塩気が尖る。
しかし・・・塩が甘い!うまい!

Dsc02057
麺は細めのストレート。加水は控えめ、麦の香りと甘みが一杯。
硬めな茹で具合でブリブリ、唇で噛み切るとバッツンな力強い食感である。
うまみ一杯のスープを十分受け止め、融合している。

Dsc02058
巨大なバラロールチャーシュー。
熱いスープゆえ、脂部分が解けて持ち上げるのも大変である。
ほんのりカエシが染み込む・・・と、言ってるにバラバラになってしまった。

Dsc02059
不ぞろいなメンマは手裂きであろうか?柔らか、ほんのり甘い味付けである。

Dsc02061
最後の方では、バラバラになったチャーシューやメンマと麺を一緒に掴んで頂く。
まぜそば好きの自分にうってつけ。
しかしこの麺は最後までへこたれない優れものであった。

Dsc02062
食べ進むほどにスープが食材と融合してうまみが増す。
レンゲで一杯づつ掬いながら堪能した。客が未練がましく長居なのがわかる。

安直に魚粉ブチコミ、インパクトだけの下品なラーメンではない。
老若男女、誰もが「ふぅ・・・ん」と、ため息をつく味であろう。大いにお勧めである。

Dsc02050
メニューには餃子(6ヶ380円)もあり。その調味料でもあろう。
もちろんラーメンにも可だが・・・味が壊れそうである。

Dsc02043
Dsc02038
Dsc02063

煮干そば 虎空

東京都八王子市堀之内3‐4‐21 修栄ハイツ1F(地図)

TEL 不明

営業時間 11:30~15:00 18:00~22:00(スープ切れ終了)

定休日 水曜日

席数 カウンター8席

喫煙 不可

駐車場 あり(店前4台)

交通アクセス 国道16号(八王子バイパス)を八王子から相模原方面へ南下。「北野町南」信号を過ぎたあたりで左側道へ。「打越」信号左折、都道160号「野猿街道」を走行、「下柚木」信号左折。「大栗川橋北」信号右折。一つ目の「大栗川橋南」信号左折。約300m先(一つ目の信号超えてすぐ左手)。

« 自家製ラーメン 大者 8@群馬県高崎市 | トップページ | 雷文@東京都町田市 »

東京のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/53697149

この記事へのトラックバック一覧です: 煮干そば 虎空@東京都八王子市:

« 自家製ラーメン 大者 8@群馬県高崎市 | トップページ | 雷文@東京都町田市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ