« 中華 永楽@長野県長野市 | トップページ | ラーメン二郎 松戸駅前店 2@千葉県松戸市 »

2012年3月21日 (水)

中華そば 正田食堂@長野県千曲市

せっかく心の故郷・信州に来たのだからと・・・もう一杯。
国道18号からちょっと入った所に佇む。

Dsc08042
こちら、開店1年目の新店。
時間は1時半くらいだが・・・まだ前食がおなかに残っていた。
近くのスーパーに車を停めておなかを休め、2時頃お店に向かった。

Dsc08068
うおっ、目当ての中華そばが650円→590円に・・・
うれしいサプライズ。嬉々として入店。

Dsc08050
「いらっしゃい!」と、元気のいい若い声に迎えられた。
時間外れと言うことで先客はカウンターに二人、小上がりに年配のアベックであった。
高台の上の「鮭おにぎり」は100円とリーズナブル。
ラーメンスープとの相性は良いのではないか?と推測。

Dsc08045
Dsc08051
メニュー
角度を変えても、自分のハゲメガネが映り込んでしまうので撮影に苦労した。
「昔ながらの中華そば」と、「えび塩そば」。それぞれのつけめんの三本立て。
平日限定メニューも見えた。
注文を取りにきた店員は自分の撮影終了を待つようなそぶり。
ラー本にあった「中華そば」をお願いした。
なかなか手際のいい店主。細麺というのも影響しているであろう。
ラーメンの出来上がり時間=麺の茹で時間と言っても過言ではあるまい。
5分ほどで着丼であった。

Dsc08053
中華そば 650円→590円
ちょっと丼が大きく、バランスがイマイチな感じもするが・・・

Dsc08056
目が覚めるような黄金スープがいいじゃないか!
白と青を刻み分けた薬味のネギ。作り手のこだわりが感じられた。

Dsc08058
ふんわり甘い鶏ガラが香るスープ。口当たり優しく滑らか。
余分な物は入らない感じですっきりな味わい。
色どおり、醤油が尖らずダシをアシストするのは信州ラーメンの定石どおり。
そして、寒冷なこの界隈でのご馳走の熱いスープ。
わずかに油多い感じ。

Dsc08060_2
麺は正方形断面の細めストレート。半透明な感じは多加水と推測。
それゆえ結構シコシコ硬めな食感。

Dsc08062
チャーシューは巻きバラ。しっかりダシを取られた物。
ホロトロばらける。熱いスープで脂部分が融けてうまみ活性化。これが二枚。

Dsc08063
さりげない感じの味付けのメンマ。いいサポート役。
切り揃えられた幅が店の心遣いを感じさせる。

Dsc08065
いつも思う。なるとは中華そばのベンツマークと・・・

正直、1時間インターバルの連食はきついと思った。
麺量的には二郎一杯分だが、残してもいい二郎と違い、後に食べたラーメン店に申し訳ない。しかし出来がいいのであろう。丼の底まで堪能した。

Dsc08067
信州は全国的にもラーメンブームの盛り上がりを見せる地域。
革新的なラーメンが、かつての戦国時代の如く群雄割拠。
しかし店主は、昔ながらの中華そばを追求したと言う。
その出来は前食の老舗と比較しても遜色ない「昔ながらのラーメン」であった。
ほんの少し多めな油、硬めな麺が「今風」を主張か?
それは昔の中華そば好きに新鮮に思わせ、ラヲタを懐古的にさせる演出。
店主のコンセプト&技量がうかがい知れる。「えび塩」も期待できる。

信州人の奥ゆかしさが伝わる一杯。大いにお勧めである。

Dsc08070
Dsc08069
中華そば 正田食堂

長野県千曲市桜堂273-3(地図)

TEL 026-272-1629

営業時間 11:00~15:00 17:30~21:00 (金・土・祝前日は23時まで)

定休日 水曜日

席数 カウンター7席、小上がり2

喫煙 不可

駐車場 あり(パーラーバビデ駐車場共用)

交通アクセス 国道18号を上田市から長野方面走行、「埴生」信号左折、約100m先左手。

« 中華 永楽@長野県長野市 | トップページ | ラーメン二郎 松戸駅前店 2@千葉県松戸市 »

長野のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/54276119

この記事へのトラックバック一覧です: 中華そば 正田食堂@長野県千曲市:

« 中華 永楽@長野県長野市 | トップページ | ラーメン二郎 松戸駅前店 2@千葉県松戸市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ