« ラーメン二郎 松戸駅前店 2@千葉県松戸市 | トップページ | ちょうちん亭@埼玉県所沢市 »

2012年3月26日 (月)

麺屋 番@埼玉県川口市

以前から行ってみたい店の筆頭であった。
なかなかチャンスがなかったが・・・千葉の帰り沿い近くにあった為、訪店。

Dsc08112
20時頃到着。決して明るくにぎやかとは言えない道沿いに佇む。
退店するアベックと入れ替わるように入店。

Dsc08114
ふんわり漂う魚介の香り・・・先客二組。どちらもアベック。
食券制。スープは塩・醤油・辛。麺は太・細をセレクトできる。
ラー本で見て、その美しい姿に心を奪われた「ゆずそば(細)」のボタンを押し「塩で」と申告し、店員に食券を渡した。

Dsc08117
黒基調の店内はシックでおしゃれ。カフェバーと言った雰囲気。
なんとなくタイプの似た感じの店員二人。手際よく、動きもいい。
手前に見える七輪はチャーシューを炙る為の物らしい。
オペレーションは、いろいろな小細工を丼に投入。
また、丼を温めるなどおろそかさは皆無。7分後に着丼であった。

Dsc08124
ゆずそば(細・塩) 780円

渋い感じの器に、色とりどりの食材が麗しい。

Dsc08123_3
細かく刻まれたネギ、白ゴマが浮きいい香りが立ち昇る。油の玉が光る。
ゆずそばだから柚子が香るが、三つ葉の香りもうれしい。

Dsc08125
冴えた感じの金色のスープ。
魚介のはんなりした味わい。しかしともすれば線の細くなりがちなそれをアシストするようなまろみを帯びた動物ダシ・・・
そして、塩味はそれをフォローするように控えめ。

Dsc08127
麺は細めの角断面、ストレートがわずかにウェーブ。
力弱め?とんでもない。しっかりした腰と風味を主張する。
魚介・塩・麦の三重奏がたまらない。

Dsc08130
チャーシューは七輪で炙られる。
染みこんだカエシが焦げて香ばしい。赤身多い部分。噛み締めるとうまみが滲み出す。

Dsc08128
丁寧な扱いで優しい味付けのメンマ。
柔らか、そして竹の風味と甘みを存分に楽しめた。

Dsc08131
半玉は、このすばらしいスープに味付けされる。
中心の黄身は半熟とろとろ。この状態を維持する為に冷たいのは惜しまれるが・・・黄身にほんのり味付け。
温まる最後のほうに取っておきたいアイテム。

最初は癖になった、かまわず啜り込む「二郎食い」であったが・・・
ふと我に返り、あえて麺を少しづつ、スープを噛む様に頂いた。
じっくり味あわなければもったいないラーメン・・・

Dsc08132
スープをぐぐ~っとは飲み干さず、レンゲで一さじ一さじ掬い続けた。
冷めるほどにうまみは濃くなってきた。無化調特有の味わいであろう。
ラー本で見た、麗しい姿同様、見事な味わいであった。

後客来店、アベックであった。
世間の、おおよそ八割の女性は「デートでラーメン屋はアリ」だそうな・・・
しかも、こんなお店であればアナタの印象は格段にアップするだろう。
大いにお勧めである。

Dsc08113
麺屋 番

埼玉県川口市江戸袋1-11-3(地図)

TEL 048-286-5212

営業時間 11:30~14:30 17:30~21:00

定休日 火曜日

席数 カウンター8席  テーブル2卓

喫煙 不可

駐車場 あり(2台) 斜め向かいの「ひまわり歯科」隣の石塚駐車場の・・・

Dsc08111
9番と11番。

交通アクセス 国道122号を羽生から東京方面へ南下。「鳩ヶ谷歩道橋」信号を左折。県道34号へ、約1,800m先「東本郷一丁目」信号右折、約500m先左手。「新鮮市場」隣。

 

« ラーメン二郎 松戸駅前店 2@千葉県松戸市 | トップページ | ちょうちん亭@埼玉県所沢市 »

埼玉のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/54315640

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋 番@埼玉県川口市:

« ラーメン二郎 松戸駅前店 2@千葉県松戸市 | トップページ | ちょうちん亭@埼玉県所沢市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ