« なんつッ亭 秦野本店@神奈川県秦野市 | トップページ | ラーメン二郎 鶴見店@神奈川県横浜市 »

2012年3月14日 (水)

厚木とんこつ まるまさ@神奈川県厚木市

国道129号線のほとりに佇む。2011年9月オープン。

Dsc07879
厚木とんこつ?大いに興味を惹かれた。
20時半頃到着。まだ認知されいないのであろうか?先客なし。

Dsc07881
入口に掲げられたメニュー。
塩と醤油のシンプルな構成。油の種類、麺の太さが選べる様だ。

Dsc07887
食券制
餃子の250円は安いではないか。
チャーシュー丼、ミニチャーシュー丼などサイドメニューもあり。
「白ラーメン・中太麺」のボタンをポチる。

Dsc07890
若い男性三人に「いらっしゃいませ」と迎えられる。
逆「己」字型のカウンター。開店間もないのできれいな店内。
店員に食券を渡す。油の種類、麺の茹で具合を尋ねられた。
鶏油・麺普通でお願いした。

Dsc07888
Dsc07889
卓上に置かれたメニューと、油、麺に関する断り書き。

Dsc07891
Dsc07892
ランチセット、そしておいしい食べ方の指南があった。
10分ほどで着丼であった。

Dsc07894
白ラーメン中太麺 700円
海苔の感じから、ヒントは横浜家系あたりと推測する。

Dsc07896
白濁スープに鶏油がとぐろを巻く。

Dsc07897
しかしながら、家系のような粗野さ、重さはない。
きめ細かい感じのさらりとしたコーンポタージュのような味わい。
コラーゲン過多ではなく、ほのかな豚のうまみと塩が軽快に感じられる。

Dsc07900
中太麺は平打ち、わずかにウェーブする。茹で普通でもシコシコ固め。
麦の風味一杯である。
表面はつるつるですすり心地よし。油のおかげでスープが付着、一体感がある。

Dsc07901
チャーシューは腕肉あたり。これが2枚載る。
冷たいのが残念。一炙り加えれば、白い脂部分が融解してうまみが活性化すると思う。

Dsc07903
柔らかめ、そしていい感じに甘めに味付けられていたメンマ。
結構多く載っていて、決して添え物ではなかった。

Dsc07902
半玉が載る。これもスープの軽やかな塩分でおいしく頂けた。
モヤシはパリッとした茹で具合で小気味いい。
海苔で最後の二箸の麺を頂いた。塩味と相まって磯の香りを堪能。

Dsc07904
油ほどほど、塩分ほどほどの癖のないラーメン。
スープまで完飲してしまった。最後までバランスの取れた味の証拠であろう。
メニューにある通り、「優しいとんこつラーメン」であった。

惜しむらくは価格が若干高めと思えた事。
この街道はラーメン激戦区。近くには24時間営業の店もある。
安さをアピールすることも重要であろう。あるいはお得なセットメニュー。
チャーシュー1枚、半玉抜いてもいいから、せめて600円と思う。
トラック運ちゃんは100円、150円を道中の缶コーヒーに充てるのだ。
100円の価格差が「入る・入らない」を決定するのだ。

とは言え、街道沿い故の、いい意味でチェーン店ライクで卒のない味は、誰が食べても不満の出ない味。
安心して入ってほしいと思う。

Dsc07893
卓上にはラーメンダレ、ラー油、酢、紅しょうが、おろしニンニク、豆板醤など。

Dsc07882
通し営業は頼りになると思う。

Dsc07886
駐車場に困るトラック運ちゃんにはうれしい計らい。

Dsc07884
Dsc07885
厚木とんこつ まるまさ

神奈川県厚木市関口407-4(地図)

TEL 不明

営業時間 月~木曜日・日曜日11:00~23:00 金・土曜日11:00~0:00 
祝日前日11:00~0:00

定休日 年中無休

席数 カウンター20席位

喫煙 可

駐車場 あり(大型大歓迎)

交通アクセス 国道129号を相模原から海老名方面へ走行。「山際」信号先約1,500m先左手。

« なんつッ亭 秦野本店@神奈川県秦野市 | トップページ | ラーメン二郎 鶴見店@神奈川県横浜市 »

神奈川のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/54221789

この記事へのトラックバック一覧です: 厚木とんこつ まるまさ@神奈川県厚木市:

« なんつッ亭 秦野本店@神奈川県秦野市 | トップページ | ラーメン二郎 鶴見店@神奈川県横浜市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ