« ラーメン二郎 目黒店@東京都目黒区 | トップページ | 小柴屋@長野県安曇野市 »

2012年4月14日 (土)

支那そば ゑびすや@長野県安曇野市

昭和35年創業の老舗。国道19号沿いに佇む。

Dsc08330
そぼ降る雨の中、12時ちょっと過ぎに到着。駐車場に車を止めて入店する。
地元(松本)ナンバーが多いが、中には長野ナンバーも見られた。

Dsc08340
Dsc08341
待ちはない物の、店内は満員。家族連れ、年配のご夫婦連れが多い。
少しだけ待って、カウンターに通された。

Dsc08344_2
Dsc08333
Dsc08335
メニュー。
基本はしょうゆとみそ。ラーメンとつけ麺がある。セットメニューやサイドメニューも豊富。
麺は細麺、太麺がそれぞれの味や形態によって組み合わされる。しかし組み合わせは選べる模様。
長野ラーメンとすれば安いと思う。女性店員に「しょうゆラーメン」をお願いした。

スタッフは男女二人づつの4人体制。
フロアの男性の柔らかな対応に好感。かなりアットホーム的な雰囲気。
最近流行のラーメン屋の殺伐とした雰囲気は皆無である。10分ほどで着丼であった。

Dsc08352
しょうゆ 並 500円

白に赤いストライプがかわいらしい丼。オーソドックスな構成の姿である。

Dsc08354
淡い醤油色。作り手の優しさが伝わるようだ。ふんわりした香りが立ち昇る。

Dsc08357
ガラ感は主張せず控えめに香る。そして野菜などの甘みが程よくバランスする。
色どおり、醤油は主張せず、信州ラーメンの味わいどおりのサポート役に徹している。
細かい油が浮き、わずかにコッテリ感を演出。

Dsc08359
自家製麺。しょうゆでは細麺が組み合わされる。
角断面の縮れ。ふわりと香るかん水臭が、鼻につくことなく「支那そば」を主張。
加水はそこそこ高めでモチモチツルツルな食感。スープとのバランスがいい。
すするのが楽しい。

Dsc08360
かなり大きめなバラチャーシューが1枚載る。
わずかにカエシで味がつくものの、残った肉のうまみがにじみ出る。
スープの熱でとろとろになったアブラもうまい。
なお、デフォでバラが載るが、好みで肩ロースに変更も可能。
チャーシューメンはバラ2枚、肩2枚とのこと。

Dsc08361
メンマは、かなり丁寧に処理されており、本来のほのかな甘みを残す。
歯応えがいい。

Dsc08363
ワンポイントのかわいいナルト。舌休めにもなる。
こういうシンプルなラーメンでは、薬味のねぎの役割は大きい。さわやかさを演出。

Dsc08364
麺量は140g。軽くてサバサバいけた。

最近のラーメンのようなインパクトはないものの、バランスが取れた完成度の高い作品。
誰にでも愛される、食べ手を選ばないラーメンあろう。そして毎日でも食べられる・・・

最近のラーメン屋の新陳代謝は激しい。数年、いや数ヶ月で閉店する店は多い。
そんな多くの店はかなりのこだわりや「濃厚」の文字が見られた。
それは逆に、飽きられやすい味ではないかとも思う。

こちらのラーメンは、気兼ねのない、自然体な味わいである。
街道沿い故か?誰にでも抵抗なく受け入れられる味・・・

これが商売の秘訣であろう。昔ながら支那そば好きの方に、大いにお勧めする。

Dsc08347
チャーシューの販売も可。

Dsc08336_2
Dsc08365_2
駐車場完備。営業時間は11時~14時までと短め。

Dsc08331
Dsc08332
Dsc08337
支那そば ゑびすや

長野県安曇野市明科東川手464(地図)

TEL 0263-62-2345

営業時間 11:00~14:00

定休日 月曜日 第一日曜日

席数 カウンター8席 テーブル1卓 小上がり2卓

喫煙 不可

駐車場 あり(10台)

交通アクセス 国道19号を松本から長野方面走行。「東栄町」信号先約300m右手。

« ラーメン二郎 目黒店@東京都目黒区 | トップページ | 小柴屋@長野県安曇野市 »

長野のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/54472194

この記事へのトラックバック一覧です: 支那そば ゑびすや@長野県安曇野市:

« ラーメン二郎 目黒店@東京都目黒区 | トップページ | 小柴屋@長野県安曇野市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ