« 春風に誘われて | トップページ | 麺 たなか@埼玉県坂戸市 »

2012年4月 3日 (火)

でうら@東京都八王子市

マイブームの八王子ラーメンである。

Dsc08238
市街地から少し離れた、実践高校近くに佇む。
営業時間終了間際の14時50分頃・・・自分の前に、足早に駆け込む方がいた。
スープ切れを懸念したが・・・セーフ。

Dsc08242
終了間際のこの時間では、先ほどの先客さんのみ。
「いらっしゃい」という明るい声に迎えられた。
いなせな感じの店主らしい男性。そして八王子美人お二人の体制である。
八王子ラーメンの店は、美人店員が多いと思うのは自分だけであろうか?

Dsc08241
メニュー
基本の「らあめん」一本で行く。
それにチャーシュー4枚増のチャーシューメン。トッピングは、従来載る物の増量である。
ベースの「並」は500円と安い。大盛、特大、そして超特まである麺量。
「並」をお願いした。手際よく提供が早い。4分程で着丼であった。

Dsc08244
らあめん(並) 500円

おおよそ奇をてらわない、中華そば、あるいは八王子ラーメンの基本どおりの姿である。
薬味も定番の刻みタマネギ。

Dsc08245
琥珀色のスープに細かい油玉が輝く。しっかり昔ながらの中華そば。
レンゲは付かない。丼の縁からスープを頂く。
(調べたら子供客には付くらしい。お願いすれば出してもらえるかも?)
淡いガラ感、淡い魚節のコントラストに心が落ち着く。
車を長時間運転、そして時間に間に合うか?と高揚した気持ちが落ち着く。
醤油は尖らず、ダシをうまくアシスト。和風、浅めのソバつゆライク。
当日は雨だったが、熱いスープはご馳走。

Dsc08246
細め丸断面。加水少なめの卵麺。わずかにウェーブする。
若干固めの茹で具合はモチボソ。麦の風味が香る。
表面の澱粉質が熱で糊化、スープと融合して見事なすすり心地・・・

Dsc08247
チャーシューは肩あたりの、ダシの出る赤身部分。
さっくりと繊維に沿って割ける。噛むとうまみが滲み出る。ほんのりカエシに味付けされる。

Dsc08250
メンマは薄く細く仕込まれる。
年配のお客さんが多いのかも知れない。やわらか、ほんのり甘め。
最後の一口を海苔で巻いて頂いた。香ばしさが鼻腔をくすぐる・・・

Dsc08251
最近流行のラーメンのように、食べ手にインパクトを与えない「普段着的」な味である。
最後まで飽きる事のない味、無心に啜りこむ。丼の底まで堪能した次第であった。

「普段着的な味」・・・これは重要な事であろう。それは「安心感」に他ならない。
自分は何軒も八王子ラーメンを頂いている。
看板に「八王子ラーメン」とあれば、安心して店に入れる。そして、落胆した事は一度もない。

佐野ラーメンと同じく、毎日食べても飽きない八王子ラーメン。大いにお勧めである。

Dsc08239
ラヲタにとって、日曜定休が惜しい・・・

Dsc08240
Dsc08252
Dsc08253_2
でうら

東京都八王子市台町1-6-12(地図)

TEL 不明

営業時間 11:00~15:00(スープ切れ終了)

定休日 日曜日 火曜日 祝日の月曜日

席数 カウンター10席位 テーブル1卓

喫煙 不可

駐車場 あり(普通車2台 軽自動車1台) 

交通アクセス 国道16号を川越より相模原方面走行。国道20号と交わる「八幡町」信号直進。踏み切りを超え、標識を「国道16号」方面へ左カーブ。「実践高校」信号過ぎてすぐ右手。

« 春風に誘われて | トップページ | 麺 たなか@埼玉県坂戸市 »

東京のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

KMです。
懐かしい店です。
淡い味がよかったな。

またいきたいです。

>>KMさん

奇をてらわないシンプルなスタイル。加えてワンコインな価格で気兼ねなくいただける八王子ラーメン。
作り手ではなく、食べる人の欲するものが、見事に具現化されていると思います。
このラーメンを食べると、最近流行のラーメンが押し付けがましく感じます。
八王子には、まだまだいいお店がありそうです(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/54365261

この記事へのトラックバック一覧です: でうら@東京都八王子市:

« 春風に誘われて | トップページ | 麺 たなか@埼玉県坂戸市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ