« 小柴屋@長野県安曇野市 | トップページ | 永井商店@群馬県高崎市 »

2012年4月16日 (月)

拉麺厨房 牛若丸 宗賀店@長野県塩尻市

国道19号、木曽街道(中仙道)の傍らに佇む。

Dsc08429
木曽街道は東西の重要な物流経路である。
午後4時過ぎに到着。大きな駐車場に大型トラック、トレーラーも見える。

Dsc08434_2   
「いらっしゃいませ」という、明るい女性店員の声に迎えられた。
カウンターに着席する。先客は4人ほど。後客2名。
「12時=ランチタイム」ではなくて、「食べたい時=ランチタイム」のトラック運ちゃん。
通し営業は、一般の人にも安心感あり。

Dsc08431
Dsc08432
メニュー
基本のラーメンは600円と安め。
サイドメニューやトッピング豊富。餃子も300円とお安い。
女性店員に「ここ、前はラーショだったよね。脂多めってできる?」と聞く。
「はい、できますよ」と快諾された。ラーメンに「脂多め」でお願いした。

Dsc08440
手際よく闊達な手さばきの男性店員。ご夫婦か?
寸胴からすくったダシ(脂?)をザルで漉して丼に投入。きっと自分のラーメンと思う。
麺投入。手早いトッピング。6分後、まさにその丼が目の前に置かれた。

Dsc08441
ラーメン(脂多め) 600円

渋い丼、木製のお玉のせいで高級感あり。

Dsc08442
細かい背脂が浮く。しかし嫌な臭みはない。処理の丁寧さが偲ばれる。

Dsc08443
臭みはないものの、しっかりした豚のうまみを感じる。そしてカエシの濃厚な醤油のうまみ。
しかしクドさはない。ラーショのような、シャバで「甘辛ショッパクドー」感は皆無。
深く豊かな味わいのスープ。

Dsc08444
ピントが後ろに抜けてしまって申し訳ない・・・Orz
細め、わずかにウェーブする正方形断面。モチモチツルツルないい食感。
脂のおかげもあるのかも知れないが、スープがいい感じに絡んで融合する。

Dsc08445
チャーシューは、うまみの出る赤み多い部分。
オペの時、見た目はちょっと干し肉っぽく映ったがさにあらず。
軽くカエシに味付けられ、しっとりした食感。噛むとうまみが滲み出す。

Dsc08446
とろとろの昆布が野菜不足を補う。ヨード豊富。

Dsc08448
みんなが大好きな豚骨醤油ラーメンを、丁寧に、万人向きに作りこんだ感じである。
信州ラーメン特有の、控えめな味わいはスープまで完飲させる。

以前は「ラーメンショップ 宗賀店」であったこちら。しかし数年前、塩尻峠のラーショ、国道254沿いのラーショと共に、そろって「牛若丸」の看板を挙げた。
謎の多いラーショ。経営母体に何か変化があったのであろうか?
しかし、単に名前がかわっただけではなく、いっそうの味の進化が見られた。

Dsc08433
Dsc08438
さらに・・・

Dsc08449_2
モーニングサービスやランチサービス。さらに休憩所やシャワー設置など・・・
普段お世話になっている運ちゃんへの感謝を忘れない。
店名は変わっても、ラーショスピリットは変わらない・・・

無論、運ちゃんのみならず、一般の方にも大いにお勧めである。

Dsc08430
平日は朝9時から営業。「朝ラー」したい運ちゃんにありがたい。

Dsc08428
巨大な駐車場。大型車、トレーラーが小さく見える。

Dsc08450
Dsc08451
拉麺厨房 牛若丸 宗賀店

長野県塩尻市宗賀床尾1774(地図)

TEL 0263-53-7044

営業時間 月~金曜日9:00~24:00 土日祝11:00~20:30

定休日 不定休

席数 カウンター18席 小上がり2卓

喫煙 可(灰皿がありました)

駐車場 あり(大型大歓迎)

交通アクセス 国道20号を諏訪から塩尻、松本方面へ走行。「高出」信号を直進、木曽方面へ約4,200m先左手。

« 小柴屋@長野県安曇野市 | トップページ | 永井商店@群馬県高崎市 »

長野のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/54487090

この記事へのトラックバック一覧です: 拉麺厨房 牛若丸 宗賀店@長野県塩尻市:

« 小柴屋@長野県安曇野市 | トップページ | 永井商店@群馬県高崎市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ