« 赤兎@長野県下諏訪町 | トップページ | 見晴亭 藤岡店@群馬県藤岡市 »

2012年5月 1日 (火)

ラーメンショップ 長和店@長野県長和町

中仙道が、信州松本方面に向かう国道254号と袂を分かち、諏訪へ向かう142号沿いに佇む。

Dsc08845
比較的新しいラーショ。「椿」の文字が誇らしい。訪店は14時と中途半端な時間であった。

Dsc08827
食券制。こちら2回目である。
トッピング、サイドメニュー豊富で楽しめるのがラーショのいいとこ。ギョーザもあり。
セロリラーメンも常備。しかし、デフォのラーメンのボタンを押す。

Dsc08828
日曜日、中途半端な時間でも先客4名は、いかにラーメンがおやつな存在かわかる。
店員は、夫婦と思われる若いハンサムな男性&美人ママさん。
食券提示、「コッテリで」を付け加えた。

オペレーションを観察。
まず丼にカエシ&寸胴に浮いてる液体油を投入。次に背脂をザルに乗せ、鍋のお尻でコリコリコリ・・・続いて白濁したダシを注いでいた。この後に麺投入、トッピング・・・
自分の丼では、白濁したダシ投入後。再び背脂を鍋のお尻でギュッと押して脂を搾り出す。
ママさんが出来上がりを待っているようにトッピング。8分後の着丼であった。

Dsc08835
ラーメン(脂多め) 600円

Dsc08837
茶濁したスープに、細かい背脂が浮かぶ・・・ラーショの典型的なビジュアルであろう。

Dsc08838
粘度少なくシャバ系スープ。定番の甘辛ショッパ~な味わい。
マイルドではなくキレがある。

Dsc08840
かつてはクタ麺と感じたラーショ麺だが、最近はもっちりシコシコ麺に感じる。
脂っぽいショッパスープが絡んで口の中に踊りこむ。
このショッパ目のラーメンをおかずに、飯を食う人は多い。

Dsc08841_2
ダシ用と思われるチャーシューは赤身多い部分。2枚載る。
決して食わせるチャーシューではないが、噛むと染み出す味が好きなマニアには堪えられない。
筋の繊維に沿ってさっくり裂ける。筋の部分は噛むほどにうまみが出る。

Dsc08842
トラック運転主御用達のラーショ。偏りがちの運ちゃんの栄養を考えているのは全店共通。
ヨード、ミネラル、ビタミン豊富な昆布が載る。見た目にも映える。

Dsc08839
そそり立つ二枚の海苔。最後の二箸は、これで麺をくるんで・・・ウマー

Dsc08830
定番の卓上調味料のオロシニンニクと豆板醤。
ほんの少し、ニンニクを投入。香りが豊かになる。大いに堪能、レンゲで丼をかき回す。

東西を結ぶ主要な街道が通る信州。
しかしその「オアシス」と言えるラーショが少ないと思うのは自分だけであろうか?

大型、トレーラーも大丈夫な駐車場。信州を経由する運ちゃんにとって心強いのでは?
無論、普通車ドライバーにも、大いにお勧めである。

Dsc08833
お店からのお願い。ジロリアンな自分、勝手に手が動いてしまったが・・・

Dsc08844
14時間営業お疲れ様です。

Dsc08848
Dsc08849_2
これはどう解釈すればいいのか?ラーメン食べれば仮眠OKなのか?
最近、居眠り運転による無残な事故が多発している。
あくまでラーショは、運ちゃんの味方であって欲しい自分である。

Dsc08826
Dsc08846
ラーメンショップ 長和店

長野県小県郡長和町和田青原227-1(地図)

TEL 0268-88-3322

営業時間 平日9:00~11:00 土曜日10:00~15:30 日祝11:00~20:00 

定休日 なし

席数 カウンター10卓 テーブル3卓 小上がり3卓

喫煙 可

駐車場 あり(大型大歓迎)

交通アクセス 国道142号を佐久より諏訪方面へ走行「大和橋」信号を岡谷方面へ。約100m左手。コンビニ隣。

« 赤兎@長野県下諏訪町 | トップページ | 見晴亭 藤岡店@群馬県藤岡市 »

ラーメンショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/54606832

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメンショップ 長和店@長野県長和町:

« 赤兎@長野県下諏訪町 | トップページ | 見晴亭 藤岡店@群馬県藤岡市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ