« ほうとく 春日山本店@新潟県上越市 | トップページ | らぁめん廣 3@群馬県太田市 »

2012年5月22日 (火)

食事処 赤ちょうちん@長野県飯山市

新潟県上越から長野に向かう傍らの、鄙びた町並みにひっそりと佇む。

Dsc09192
JR飯山線「飯山駅」のすぐ近く。列車に乗る人、降りた人のオアシスでもあろう。
1時半頃到着する。

Dsc09202
カウンター&テーブルの、典型的な食堂である。
先客はカウンターにお一人、テーブルに3人。
休日午後を楽しむ人。仕事中?のスーツ、作業着の人といろいろな客層であった。
テーブルに着席する。「いらっしゃいませ」とエプロン・スカーフ姿のママさんにお冷を頂く。

Dsc09197
Dsc09196_2
メニュー
「食事処」の肩書きの通り、ラーメン、ご飯物、丼物、定食、一品物豊富。焼鳥もあり。
ラーメンと一品物のコラボ「とんかつラーメン」は食堂ならでは。
今では死語となった「ラーメンライス」の文字が見える。生ニンニクが単独でメニューに載る。
ママさんに、デフォであろうラーメンをお願いした。時間は掛からない。5分程で着丼。

Dsc09203_2
ラーメン 500円

Dsc09205
おおよそ日本人がイメージする「ラーメン」の姿である。
最近の、何が出てくるかわからないラーメン屋と違い安心できる。
醤油色浅めなスープに、ラードの粒が光る。

Dsc09207
レンゲで掬ってみれば、スープの黄金色と澄み加減が一層はっきりする。
ほのかな鶏ガラ感、そして煮干のうまみと甘みの融合がいい。軽快な味。
色どおり醤油はそれほど尖らない。熱めのスープは寒冷な地なればこそだと思う。

Dsc09211
麺は中華そば定番であろう細縮れ麺。茹で具合は絶妙でツルツルモチモチ。
不特定多数の駅前にあって、年配者のために若干柔目か?しかししっかり腰もあり。

Dsc09212
チャーシューはロース芯みたいな感じ。
昔ながらの中華屋の技法。ダシを取った後の煮豚のリサイクル。
パサ豚ながら、かみ締めると豚のうまみがにじむ・・・時代の味がする。

Dsc09216
ほのかな甘みを感じるメンマ。オーソドックスな感じで特筆はない・・・が
無ければなんとなく物悲しい。その位自然にラーメンに寄り添う。

Dsc09217
無論、自分が感じる信州ラーメンの定石通り、食べきった時点でわずかに物足りない味付け。
次回への欲求を掻き立てるチューニングである。スープまで完飲。

こちら創業50年以上。その味作りのコンセプトが間違っていない事が証明されている。
素朴な一杯。ラヲタでない、本当のラーメン好きの方に大いにお勧めする。

Dsc09194
寺の街、飯山駅前ゆえ、こんな看板がいい。

Dsc09220
Dsc09195
食事処 赤ちょうちん

長野県飯山市南町16-12(地図)

TEL 0269‐62-2660

営業時間 11:30~14:00 17:00~21:00

定休日 日曜日

席数 カウンター8席 テーブル6卓

駐車場 あり

喫煙 可

ホームページ http://homepage1.nifty.com/akatyoutin/index.html

交通アクセス JR飯山線「飯山駅」を背にして一つ目の信号を左折。約50m先右手。

« ほうとく 春日山本店@新潟県上越市 | トップページ | らぁめん廣 3@群馬県太田市 »

長野のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

焼鳥で一杯やって、このラーメンでしめたいですね^^

久々に近所のラーメン居酒屋行ってみます。

>>ランディさん

次は焼き鳥ラーメンお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/54775184

この記事へのトラックバック一覧です: 食事処 赤ちょうちん@長野県飯山市:

« ほうとく 春日山本店@新潟県上越市 | トップページ | らぁめん廣 3@群馬県太田市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ