« みよし飯店@新潟県十日町市 | トップページ | そばよし@新潟県柏崎市 »

2012年6月30日 (土)

気むずかし家 2@長野県長野市

前回の新潟釣行の際、寄ろうしたら店が消えていた。まさか閉店?
よく調べたら・・・移転であった。

Dsc09629
以前は国道18号沿いであったが、市街地にちょっと寄った所に佇む。
夜10時頃到着。休み前なので大学生らしいお客さんが多かった。

Dsc09609
メニュー。
今では当たり前の様だが、こちらは信州では鶏白湯のパイオニア。
自分が初めて頂いたとき、下手な豚骨スープよりこちらの方が濃厚に思えファンになった。
深夜まで営業のこちら。居酒屋としての役割も果たす。その為のメニューも豊富である。

長野県人の二郎崇拝は異常・・・
「二郎」の文字が見える。茹で野菜を盛り上げたメニューを用意する。
信州美人の店員さんに「きむ二郎」をお願い。にんにくは指定できる模様。「普通」とお願いした。

Dsc09625
県内はおろか、県外にも進出する勢いのこちら。
総帥・塚田兼司氏の社員教育の賜物であろう。挨拶や動きがしっかりしている。
お客の問いかけにはきちんと対応するが、店員同士の私語はない。
10分後、「お待たせいたしました」の声とともに着丼であった。

Dsc09615
きむ二郎(にんにく普通) 750円

丼は普通のラーメンサイズ。本物二郎ほどの圧倒感はない。
あくまで遊び心。「なんちゃって」である。

Dsc09618
二郎が富士山なら、こちらは浅間山であろうか?
にんにくが頂上に乗る。モヤシ/キャベツ比は9:1くらい。
茹で具合はシャキシャキ。

Dsc09617_2
Dsc09619
粘度高め、乳化度高めの濃厚スープ。しかしカエシの醤油はそれをリードして余りある。
プラス魚介の甘みも強め。
信州ラーメンの「ダシ6:カエシ4」の味わいではない。インパクト強烈!

Dsc09624
しかし、麺を食べて納得。中太だが、かなりしっかりしたプラスチッキーな麺。
腰とか芯とかでなく、全体が硬いのだ。ゆえにスープと馴染まず、メリハリある味わい。
スープがしょっぱい理由がわかる。

Dsc09622
炙りが入り香ばしいチャーシュー。
味付けは強くなく、豚のうまみが楽しめる。黒コショーが見えるが気にならない。
これが2枚載る。

Dsc09621
アブラはカエシで味付けされたミンチ脂の様である。

麺量は200g位で、野菜も載りおなかいっぱいになる。硬めの麺は腹持ちもいいだろう。
自分は二郎というよりも、某インスパイアのふじ麺に似ていると思った。

遊び心いっぱい・・・
楽しい「二郎」である。こんな楽しさを味あわせてくれる塚田氏に大いに感謝である。

Dsc09607
まだまだ夜は長い。自分の退店と入れ替わるように入店する方もいた。

Dsc09603
気むずかし家

長野県長野市栗田854-1(地図)

TEL 026-225-5060

営業時間 11:00~16:00 17:00~27:00

定休日 火曜日

席数 カウンター3席 テーブル3卓 小上がり3卓

喫煙 不明

駐車場 あり(店前9台)

ホームページ http://bond-of-hearts.jp/main.html 

交通アクセス 国道18号を上田から上越方面走行。「母袋」信号を左折。「南部小学校北」信号を左折、約300m先左手。

« みよし飯店@新潟県十日町市 | トップページ | そばよし@新潟県柏崎市 »

長野のラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558948/55088663

この記事へのトラックバック一覧です: 気むずかし家 2@長野県長野市:

« みよし飯店@新潟県十日町市 | トップページ | そばよし@新潟県柏崎市 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ